• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
自然とグルメに癒されたい。週末に行きたい静岡・三島1dayプランはこれだ

旅行したいけどなかなか時間も取れず、でもちょっとした非日常は味わいたい!なんて言う時におすすめなのが近場への1dayトリップ。今回は東京から新幹線なら1時間以内で行ける静岡県の三島をご紹介します。富士山からの湧き水が豊富なことから「水の都」とも呼ばれている三島。湧き水の恩恵を受けた絶品グルメや絶景スポットなどを盛り込んだ日帰りプランで日頃の疲れを癒してみては?ぜひ参考にしてみて下さいね!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

のんびり癒しの旅にもってこいな「三島」

東京から新幹線に乗れば約50分で到着する三島。富士山からの湧き水が豊富な三島には癒しスポットや絶品スポットもたくさん。江戸時代には宿場町でもあったことから今でも街にはその名残があったり、日本一長い歩行者用吊り橋があったりと日帰りじゃもったいないくらい見所も盛りだくさんな場所なんですよ。

【8:00】三島駅に到着

理由は後述しますが、三島への日帰り旅行はちょっと早めの到着がおすすめ。出発駅で朝食やコーヒーを買い込んで新幹線に乗り込めば食べている間に着いてしまうほどの距離です。車がなくても観光しやすい三島ですが、暑い季節には熱中症対策に駅でドリンクを買っておくことを忘れずに。

詳細情報

  • 静岡県三島市一番町16-1
  • 05037723910

【9:00】「三島スカイウォーク」で絶景と絶叫を体感!

三島に着いたらまず向かいたいのが三島駅南口5番バス乗り場から約20分の「三島スカイウォーク」。秘境にあって車がないと行きずらいことが多い吊り橋が、ここでは駅からバスで行けてしまうんです。全長400mもの長さは歩行者用吊り橋としては日本一の長さ。しかも吊り橋からは富士山が間近に見える絶景が広がっているんです。午後になると富士山に雲がかかってしまうことが多いのでなるべく午前の早い時間に訪れるのがおすすめですよ。
2018年7月には新たな観光スポットとしてアスレチックゾーンやジップラインも楽しむことができるようになりました。特に大吊り橋の下をすり抜けていく往復560mのロングジップスライドは迫力満点!公式サイトから事前に予約ができるので事前に確認して行くことをおすすめします。
敷地内には地元の食材を使用した食事が楽しめるレストランやカフェも充実。ランチタイムなら「森のキッチン」でいただける三島の食材をふんだんに使用した「三島ブランドカレー」がおすすめ。カフェ「SKYWALK COFFEE」の富士山麓の生乳を使った濃厚なソフトクリームも外せませんよ。

詳細情報

  • 静岡県三島市笹原新田313 三島スカイウォーク
  • 055-972-0084
  • 静岡県三島市笹原新田313 三島スカイウォーク
  • 0559720084
  • 静岡県三島市笹原新田313
  • 0559710400

時間があったら立ち寄りたい!▷「伊豆フルーツパーク」で食べ放題!

三島スカイウォークへ向かうバスは路線バスのため、気になる場所があったら途中下車も可能。時間があったらおすすめしたいのは三島駅からバスで15分の「伊豆フルーツパーク」。いちご狩りやメロン狩り、巨峰狩りなどその時の旬のフルーツが食べ放題で思いっきり楽しめるんです。フルーツによってはお持ち帰りプランもあるのでぜひ公式サイトでチェックしてみて下さいね。

詳細情報

  • 静岡県三島市塚原新田181-1
  • 055-971-1151

【11:30】「うなぎ桜家」で三島うなぎを堪能!

バスで三島駅まで戻ったらそろそろランチの時間。三島と言えば名物のうなぎは絶対外せません!三島のうなぎが絶品と言われるその理由はうなぎを富士山からの湧き水に2,3日泳がせるため独特な臭みが抜けるから。駅周辺にはうなぎを扱うお店が多くありますが、今回おすすめしたいのは江戸時代から続く「うなぎ桜家」。
ふわふわに焼きあがったうなぎはまさに絶品!やさしいタレの味が食欲をさらにそそります。うな丼、うな重以外にもうざくなどの一品料理からコースまでメニューも豊富。11時からオープンしていますが人気店のため売り切れ次第終了してしまうことも。あらかじめ予約しておくことをおすすめします。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する