• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
中世へとタイムスリップ?エストニア・タリンの外せない観光スポット7選

みなさんはエストニアの「タリン」をご存知でしょうか?バルト三国の1つの国であるエストニアの首都「タリン」。日本からの観光客は少ない穴場な観光スポットです。「タリン」の街並みはまるでおとぎの国のようで魅力溢れる場所です。そんな「タリン」の観光スポット決定版7選をご紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

行く前にチェック!

エストニア「タリン」どんな場所?

エストニアはフィンランドに近かったり、かつてドイツ、ロシア、スウェーデンに支配されていたた歴史から文化が似ていたりします。タリンは昔の中世の雰囲気や建物が残っていて、他のヨーロッパの国よりもヨーロッパらしさがあると言われているそうです。みなさんがイメージをしているヨーロッパはタリンに行けば見ることができるかもしれません。

知っておくべき!

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

観光でエストニア「タリン」を訪れる場合は、90日以内の場合はビザを取る必要がありません(詳細は大使館のHPなどでご確認ください)。通過はユーロです。エストニア人は基本的には英語を話せるそうなので、少し安心ですね。みなさんはスカイプというインターネット通話サービスをご存知でしょうか?実は、エストニアで生まれたのです。バルト三国はあまりITが発達していないと思われがちですが、じつは発達していてWi-fi環境も整っているのです。

どうやって行くの?

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

日本から「タリン」への直行便は出ていません。1番のおすすめルートは成田からフィンランドの首都・ヘルシンキまで約10時間30分のフライトで行き、ヘルシンキからフェリーで約2時間で行くことができます。また、スウェーデンの首都ストックホルムまで乗り継ぎを経て12~15時間くらいのフライトで行き、ストックホルムからフェリーで約16時間程で行くこともできます。どちらの行き方でも、ヘルシンキかストックホルムの観光もセットでできますね。

1. タリン旧市街 / タリン歴史地区

最初にご紹介するのはタリン歴史地区にある「タリン旧市街」です。写真にあるヴィル門をくぐれば絵本の世界のようなタリン旧市街が広がります。こちらの旧市街は1997年にユネスコに文化遺産として登録されています。城壁に囲まれており、石畳の道が多く、パステルカラーのかわいい建物が見受けられます。
エストニアは昔から様々な国々に支配をされていて、デンマーク王がこの街を建設したそうです。1番の見どころはパステルカラーが目立つ「ラエコヤ広場」です。いつも観光客と地元の人々で賑わっています。なかでもおすすめの時期はクリスマス。クリスマスマーケットが開かれ、そこに登場する大きなツリーは見ものです。

詳細情報

  • City Center, Tallinn, Estonia
  • +372 5807 4704

2. 聖カタリーナ通り / ラエコヤ広場周辺

次にご紹介するのはラエコヤ広場周辺にある「聖カタリーナ通り」です。こちらの通りはタリンの中でも本当に中世にタイムスリップしたかと錯覚してしまうほど中世の雰囲気が味わえるスポットです。陶器やジュエリーといったおみやげを買える店も並んでいますよ。自分へのおみやげにおひつとついかが?
この通りは非常に人気で、いつも多くの人で賑わっています。写真をじっくり撮りたい場合は、朝の時間帯に訪れることをおすすめします。朝は比較的人が少ないので、写真が撮りやすいです。時間帯によって見せる表情が変わるため、色々な時間帯に訪れることもいいでしょう。

詳細情報

  • Katariina käik, 10140 Tallinn, Estonia
  • +372 640 4411

3. 聖オラフ教会と塔 / ラエコヤ広場周辺

続いてご紹介するのはラエコヤ広場周辺にある「聖オラフ教会と塔」です。こちらの教会は13世紀にできたものですが、何度か落雷の被害を受けて修復されています。何度か被害にあっていますが、外観は美しく、歴史が伝わってきます。
こちらの教会は街の中でも1番高さのある建物です。1番の見どころは上に登って見られる景色です。登るには料金がかかりますが、そこから眺める景色にはお金を払うだけの価値がありますよ! 123メートルある高さの展望台からは街だけではなく、バルト海まで見えます。ぜひ絶景を見に行ってくださいね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する