• はてぶ
  • あとで
せっかくだから、教えてあげる。きっとあなたも知らない“カレー”の10の真実

最近、気になる人がいるの、私。その人はなんだか影があって、ピアノが得意。そこまで深く話したことはないけど、なんだか気になって、毎日8時間くらいしか寝れてない。そんな彼と私の共通点。それはおそらく、カレーが好きなこと。彼について知る前に、まずは彼の好きなカレーについて知らないと!そう思って調べて知った、カレーの10の真実を、せっかくだからみなさんにも教えてあげるね。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

どうして私、こんなにカレーのことが好きなんだろう

朝起きて、歯を磨いて、朝食を食べる。身支度を済ませて、部屋の戸締り確認。自転車に乗って駅に向かい、電車に乗る。そうして仕事場や学校に向かう。肉体は何の変哲も無い一日を送っているのに、気づいたら、頭の中はカレーの事で一杯。
休憩時間。ちょっと一息、インスタグラムをチェック。するとどうだろう。気になる彼がストーリーに上げていた昼食は、今までにみたことのない、美味しそうなカレー。ああやっぱり、カレーのことで、頭がいっぱいだ!もっと彼のこと、カレーのことが知りたい!もう居ても立っても居られなくなっちゃった私、カレーの真実を10個、命を懸けて調べちゃいました。

一つ目の真実:インドに「カレー」という料理は存在しない

カレーといえば、インドでしょ。ベタな人でも、そうでないフリするインテリ風メガネ君も、きっとそう思ってるはず。けど実は、インドにカレーという料理は存在していないのです。聞いたことありませんか?インド旅行に行ったけど、「curry」というメニューが料理屋になくて、戸惑った友達の話とか。
インドの人々にとって、カレーは料理そのもの。彼らにとって、ひとまとめに香辛料を使う料理すべてを「カレー」と呼ぶのは、日本人にとって、醤油を使う料理をすべて「ショーユ」と呼ぶようなもの。「カレー」という名称は欧米人がつけたものと言われているけれど、私はもうちょっと、インドのカレー、一つ一つとしっかり向き合いたいと思う。チキンマサラとか、サーグチキンとか、ね。

二つ目の真実:かつて、カレーライスの肉はカエル肉だった

私、カエルって昔から少し苦手。ゲロゲロ、クワクワって、頼んでもいないのに鳴いている。そんなカエルたちが、昔は私の大好きなカレーライスに入っていたなんて!最初知った時は、信じられなかったなぁ。
自分でちょっと変わったカレーを作りたくて、今までにいろんなカレーのレシピを見てきたつもり。けど、カエル肉の入ったカレーなんて、みたことない。1872年に出版された『西洋料理指南』には、カレーの材料は「ネギ・エビ・タイ・カキ・鶏・アカガエル・小麦粉・カレー粉」と紹介されていた。まだまだ私も、浅学だわ。

三つ目の真実:クラーク博士はカレー普及の立役者の一人

「Boys, be ambitious.」とは、よく言ったものね。シンプルで覚えやすい。中学生時代からずっと英語の成績評価は2か3。英語なんて使わずに生きていく。当時そう宣誓したくなるほど英語が苦手だった私でも、意味はなんとなくわかる。
そんなクラーク博士が学生たちに普及させたのがカレー。彼は、貧弱な日本の学生たちに、積極的にカレーを食べるように勧めたそうだ。ちなみに、彼が日本で教鞭を執っていた際は、「カレーライス」ではなく「ライスカレー」と呼んでいたそう。そういえば、夏目漱石の小説「三四郎」にも「ライスカレー」が出てくるシーンがあったような気がする。けど、なんだか「ライスカレー」って響き、懐かしい気がするのは、どうしてかしら。

四つ目の真実:「カレーライス」と「ライスカレー」は違うもの

カレーライス

さっきは何食わぬ顔で、「ライスカレー」について薀蓄語ったけど、そもそも「ライスカレー」と「カレーライス」の違いってなんだろう。ちょっとカレーの歴史を調べて見ると、だんだんと答えがわかってきた。どうやら洋食屋で高級料理として「ライスカレー」というメニューが存在していたのが1960年ごろまで。それ以降、レトルトの「カレーライス」が登場してから、その呼び名は変わっていったらしい。

ライスカレー

けど、一応今でも「ライスカレー」という名詞は生きている。じゃあ、そこに違いはあるのかな、と調べてみると、簡単な区別がそこにはあった。「カレーライス」は、カレーとご飯がわかれていて、「ライスカレー」は、最初から一緒になっている。たったそれだけのことらしい。今ではどちらでも、「カレーライス」と呼んでしまっているけどね。

五つ目の真実:実は、1月22日はカレーの日

『1月22日。曇りのち雨。放課後にはるちゃんとなわとびした。雨が降ってきたから早めに帰った。給食がカレーライスで、嬉しかった。』小学生時代の日記を読み返したら、こんな文章が書かれていた。当時から私、やっぱりカレーのこと好きだったんだなあ。なんて思っていたら、実は1月22日は、カレーライスの日らしい!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

JALJAL結構似てるって言われる

このまとめ記事に関して報告する