• はてぶ
  • あとで
余白を楽しむ素敵な時間。東京・西馬込「yohak」で美味しい料理とスイーツを

毎日にちょっぴり疲れたら、美味しい料理をいただけるカフェでのんびりしませんか。今回は、東京・西馬込にある素敵な時間が流れるカフェ「yohak」をご紹介します。ぜひこれを参考に訪れてみてくださいね。(掲載されている情報は2018年8月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

西馬込「yohak」

今回ご紹介するのは、「yohak」(ヨハク)というお店。都営浅草線終着駅である西馬込駅が最寄駅で、住宅街の中を5分ほど歩いて訪れることができます。こちらのお店の魅力をご紹介していきます。
白を基調とした外観に木目調の扉、そして生い茂るぶどうの木が印象的。人気なお店なので、ランチの時間帯には満席になることもしばしばなんだとか。お店の外にあるメニュー表を見て待ちましょう。
店内は、とってもシンプル。だからこそセンスの良いインテリアが映えます。天井が高めで開放感があり、晴れた日には大きい窓から明るい光が差し込みます。とにかく雰囲気が素敵です。

野菜たっぷりのお料理メニュー

塩サバと季節野菜のサラダ

こちらは、「塩サバと季節野菜のサラダ」。様々な野菜をいただくことができるたっぷりのサラダに、脂ののった焼きサバが。サラダに魚という組み合わせ、ちょっと珍しく思えますが、相性抜群です。

ラタトゥイユ

夏限定の「ラタトゥイユ」もおすすめ。夏野菜をたっぷりと使用してトマトで煮込んだこちら。冷製なので、暑い日にも美味しくいただくことができます。半熟卵がのっているのも嬉しいですね。
単品での注文も可能ですが、セットでいただくのがおすすめです。上の単品メニューは、「塩サバと季節のサラダ+サンドウィッチ+ドリンク」、「ラタトゥイユ+サンドウィッチ+ドリンク」などというようにセットメニューでいただくことも可能です。
セットメニューはその他にも。「サンドウィッチ+スコーン+ケーキ+ドリンク」のAfternoon Tea Setや「デザート+ドリンク」でもいただくことができます。
こちらのお店のメニューをなるべくたくさん食べてみたい!という方には、Afternoon Tea Setがおすすめ。ワンプレートにサラダ、サンドウィッチ、スコーン、ケーキがのっていてボリューム満点ですが、美味しくってぺろっといただくことができるはず。
セットのサンドウィッチは、ハムと胡瓜、ハチミツとクリームチーズの2種類から選ぶことができます。パンは南大沢の人気ベーカリー「チクテベーカリー」のものを使用しているんだそう。
こちらは、ハムと胡瓜のサンドウィッチ。カリカリ食感のパンにハム、胡瓜が挟んであります。パン、ハム、胡瓜それぞれの食感が存分に生かされたサンドウィッチなんだとか。シンプルだからこそそれぞれの美味しさを感じることができます。

デザートメニュー

レモンケーキ

おすすめは、こちらの「レモンケーキ」です。コロンとしたフォルムがとっても可愛らしいですよね。こちらのレモンケーキは、広島県産のレモンをたっぷりと使用しているんだとか。甘酸っぱくて美味しいんです。

チャイと無花果のサンデー

こちらは、「チャイと無花果のサンデー」。ミルクのグラニテの下にコンポートされた無花果が入っています。お好みでチャイソースをかけていただきます。チャイと無花果ってなんだか珍しい組み合わせですが、とっても合うんです。
また、添えられているチャイソースはとっても濃厚なんです。最初にチャイソースなしで、そのあとにチャイソースをかけて、と一度に様々な味を楽しむことができるサンデーとなっています。

プラムとマスカルポーネのタルト

こちらは、「プラムとマスカルポーネのタルト」です。ザクザク食感のタルト生地に、旬である甘酸っぱいプラムが贅沢にのったタルトです。クリームの甘さは控えめでちょうど良いんです。

スコーン

こちらは「スコーン」です。プレーン、くるみ、チーズの3種類あり、こちらから2種類を選んでいただくことができます。サクサクしっとりの食感がたまらなく、何個でも食べたくなってしまうような美味しさです。
また、注目したいのが、コーヒーカップ。細かい模様がとてもおしゃれですよね。ホットのドリンクを頼んだ際にはぜひ眺めてみてください。店内にもいくつか飾ってあり、素敵なインテリアになっています。
お食事メニュー、デザートメニューともに、季節ごとに異なるのでご注意を。今回ご紹介したのは、2018年8月時点のものとなります。その時々で異なる美味しいお料理、スイーツをいただくことができるので、何度でも訪れたくなってしまいます。

余白を楽しむカフェ

いかがでしたか。西馬込「yohak」をご紹介しました。ぜひこれを参考に訪れてみてくださいね。(掲載されている情報は2018年8月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

詳細情報

東京都大田区西馬込2-7-2

3.62 450

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する