• はてぶ
  • あとで
人生観が変わる国“インド”!徹底的に楽しむおすすめ観光スポット7選

日本とは違う生活文化を持ったインドは、一度訪れると人生観が変わる国と言われています。そんなインドは北から南までみどころ満載の国!日本とは違う文化の中で、自分だけのインドの楽しみ方を見つけ楽しめるよう、北インドから順に、東、南、西と各位でおすすめ観光スポットをご紹介します。近年発展が進められているインドですが、古くから人々を魅了する姿も守り続けています。観光から買い物、ヨガ体験など、自分だけのインドの楽しみ方が見つけられると思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① タージ・マハル / 北インド地方・アーグラー

まずインド北部から順におすすめ観光スポットを紹介していきます。北インドの一番有名な観光スポットである「タージ・マハル」。インドといったら誰もが思い浮かべる有名な場所でもあります。この建物は、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが亡くなった妻のために建てた愛の証ともいわれている歴史の深い建物です。真っ白く大きなその姿は、一目見ただけで、建物と当時の時代に吸い込まれそうになる圧巻の景色です。
また、この有名観光地で人とは違う体験をしてみたい方におすすめなのが、「満月のタージ・マハルツアー」です。満月の日とその前後数日間のみ、事前予約をした数百名のみが観光できる限定のナイトツアーで、月明かりに照らされた青白く光る神秘的な「タージ・マハル」を楽しむことができます。

詳細情報

  • Taj Mahal, Dharmapuri, Forest Colony, Tajganj Agra, Uttar Pradesh 282001 インド
  • +91 562 222 6431

② ピンクシティ・風の宮殿 / 北インド地方・ジャイプール

次にご紹介するのが、同じく北インドのジャイプールにある「ピンクシティ」です。街全体の建物がピンク色で統一されています。この街がピンクシティと呼ばれるようになった理由は、イギリスから女王と王子がジャイプールを訪れた際に、友好の色であるピンクを町中の建物に塗ったことがきっかけといわれています。
「ピンクシティ」には建物だけでなく、色とりどりのインド雑貨や服、民芸雑貨を取り扱う店も数多くあり、ピンクの建物を目で楽しみながらもジャイプールやインドならではの買い物も楽しめるのがこの街最大の特徴です。カメラ片手にピンクシティを散策してみるのもおすすめです。

詳細情報

  • Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Kanwar Nagar, Jaipur, India
  • +91 141 261 8862

③ Lakshman Jhula / 北インド地方・リシケシ

※画像はイメージです

※画像はイメージです

次にご紹介するのが、「ヨガの聖地」と呼ばれる北インド・リシケシです。世界中から多くの著名人もこの場を訪れ、ヨガと瞑想の修行をしたといわれています。ここ「Lakshman Jhula(ラクシュマンジュラ)」ではガンジス川を目の前にヨガレッスンに参加することができます。他にもリシケシにはいくつかのヨガ道場があり、道場前にある看板のレッスン内容を見て自分にあったレベルのレッスンを受けることができます。
リシケシには聖なる川「ガンジス川」も流れています。リシケシに流れるガンジス川は上流ということもあり透明度も高く、乾季には青く透き通った水が流れます。ガンジス川を3つの大きな橋も架けられているため、ガンジス川を橋から見下ろすこともできます。ヨガと共にガンジス川を観光し、心も身体もリフレッシュしてみてはいかがですか。

詳細情報

  • Rishikesh, Rishikesh 249201, India
  • +91 72220 15635

④ クエスト・モール / 東インド地方・コルカタ

次にご紹介するのが、インド4大都市の1つで、東インドの最大の都市コルカタにある「クエスト・モール」です。近代化が進むコルカタでは、近年大型ショッピングモールもいくつか建設されており、その中でも最大といわれるのがこの「クエスト・モール」です。広く綺麗な建物の中には、有名ショップやレストラン、フードコートも数多く並び、食事や買い物を楽しむことができます。
旅行客向けに、インド土産が売っている店もモール内にあるため、冷房の効いた館内でゆっくりとウインドウショップを楽しみながら買い物やお土産選びをするのもおすすめです。

詳細情報

  • 33, Syed Amir Ali Ave, Beck Bagan Row, Kolkata, West Bengal 700017 India

⑤ インド博物館 / 東インド地方・コルカタ

次に、同じく東インドのコルカタにあるインド博物館をご紹介します。アジア最大級といわれる「インド博物館」では、歴史と文明に国インドだからこそ展示量も膨大で、しっかり見ていくと1日では足りないほどの規模です。
コルカタは近年近代化が進みモールなどの商業施設も増えてきていますが、昔からのインドの生活スタイルや寺院も未だ多く残り、「インド博物館」ではインドの歴史や文明を学ぶことができ、新しいインドと歴史あるインド、どちらも楽しむことができます。
インド博物館の近くには観光客向けのホテル街のサダル・ストリートと、コルカタのメインストリートの交差点に位置しているため観光にもアクセスにも便利な場所です。美術館の後に、メインストリート沿いで観光を楽しむこともできます。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する