海と森に囲まれた国立公園内のリゾート。バリ好き絶賛の「ザ・ムンジャンガン」とは

バリ島の西部国立公園内にあるリゾート「ザ・ムンジャンガン」。美しい海と緑豊かなジャングルに囲まれたこのリゾートは、バリ島リピーターの憧れ。手つかずの自然が残る国立公園内では、大スケールの絶景を堪能したり、豊富なアクティビティを楽しんだりと、このリゾートに泊まりたくなる理由がたくさんあります。実際に筆者も宿泊して感じた魅力をご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!(※掲載されている情報は2018年9月に公開されたものです。事前に最新情報をご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

バリ島リピーターが虜になる「ザ・ムンジャンガン」

バリ島の西部国立公園内のシンガラジャという場所に位置する「ザ・ムンジャンガン」。382ヘクタールもの広大な敷地内にたった20室ほどの宿泊施設があり、雄大な自然の中の宿泊を堪能できます。
敷地内の緑豊かな森やマングローブ原生林には野生動物が住み、真っ青の海には美しいサンゴ礁が広がります。バードウォッチングをしたり、シーカヤックでマングローブ林を通り抜けたり、乗馬で敷地内の散策もでき、大自然を堪能するアクティビティも充実しています。

ジャングルの中のリゾート、ひと味違った宿泊体験ができる。

「ザ・ムンジャンガン」には、森の中のモンスーンロッジとオン ザ ビーチのビーチヴィラの2タイプあり今回筆者は、モンスーンロッジに泊まりました。プールには、ジャグジーもついており、夜に満点の星空を眺めながら入るのは至福のひと時でした。
部屋は清潔感があり、非常に快適です。自然保護に対する意識が高く、殺虫剤はまいていないようでした。さらに、部屋の水はペットボトルではなくビンに入っていたりと、ゴミを増やさないような工夫が至る所で見られ、自然保護を徹底している姿勢はさすが国立公園内のリゾートです。
photo by indiansummer
ビーチには、ゆったりとくつろげるビーチソファがずらりと並んでいます。心地よい海風に吹かれて、波の音を聞きながら昼寝をする時間はまさに極上のひと時。とにかくリフレッシュされる空間でした。
森だけでなくビーチにもシカやサルなどの動物たちがやってきます。ただし、獰猛なサルもいるので、写真を撮るために近づきすぎないように気を付けてくださいね。

食事は森に囲まれたレストランと海辺のレストランで。

「ザ・ムンジャンガン」には、森の中にあるタワーと、海辺にレストランがあります。メニューは、2つのレストランで多少異なりますが、インドネシア料理だけでなく、ステーキやピザなど欧米人向けのものも多かったです。
by indiansummer
筆者はどちらも利用しましたが、やはり海辺が気持ちがよかったです。実際、森も海辺も虫はいます。ですが、テーブルに虫よけスプレーも置いてあり、各自で対策ができるようになっていました。

海辺の朝ごはんがひたすらに優雅。

青く輝く海を眺めながら朝ごはん、優雅で幸せな1日の始まりです。モーニングは、ビュッフェではなく、メニューから好きなだけ注文できるスタイル。食べたいものをいくらでも注文できるので朝からお腹いっぱい食べられます。
フレッシュなフルーツやサラダ、グラノーラ、エッグベネディクトなどの卵料理、ナシゴレンなどのインドネシア料理、そしてパンケーキなど甘いスイーツまで20品ほどのお料理が選べます。何を頼んでもとっても美味しく、つい頼みすぎてしまいました。
特に美味しかったのが、「エッグベネディクト」。スモークサーモンやマッシュルームが入ったものが絶品でした。また、トースト、クロワッサン、シナモンロールなどが選べる「ホームメイドベイクドベーカリー」も驚くほど美味しかったです。

透明度抜群の海はシュノーケリング天国。

周辺の海は、上から魚が泳いでいるのが見えるほど透き通っています。桟橋から湾の外側に向かって泳いでいくと、より美しいサンゴ礁が広がっていました。魚はもちろん、運が良ければウミガメにも遭えるかもしれません!
「ザ・ムンジャンガン」からボートに乗って30分ほどの「ムンジャンガン島」に行くシュノーケル、ダイビングツアーも人気です。ムンジャンガン島は自然保護されている無人島であり、バリで最も美しいシュノーケリングスポットと称されることもあるほどです。
by indiansummer
ボートにシュノーケルグッズやランチボックスを積んでいざ出発。ムンジャンガン島周辺の複数のシュノーケリングポイントを周ります。ドロップオフになっているところが特にサンゴ礁がきれいで魚もたくさん見ることができました!

360度見渡せるタワーor海辺で朝日と夕日鑑賞。

バリ旅行で欠かせないのが、サンライズ・サンセット鑑賞。筆者も旅行中、うっとりするほど美しい朝日と夕日に毎日心が洗われ、癒されていました。
ザ・ムンジャンガンでおすすめのサンライズ・サンセットビューポイントは2つ。1つ目は、360度周りのジャングルを見渡せる“バリ・タワー”、そして2つ目は“ビーチ”です。海辺で水平線から昇る朝日を見て、ジャングルの向こうに沈む夕日を見るのがスタッフのおすすめだそうです。

大自然に囲まれたリゾート「ザ・ムンジャンガン」に泊まろう。

by indiansummer
いかがでしたか?美しい海と緑豊かな森に囲まれた国立公園内にあるリゾート「ザ・ムンジャンガン」をご紹介しました。とにかく自然が好きな方にぴったりの宿泊施設です。バリ島を訪れた際、ぜひ泊まってみてはいかがでしょうか。(※掲載されている情報は2018年9月に公開されたものです。事前に最新情報をご確認ください。)

詳細情報

agodaで見る

The Menjangan

Jl Raya Gilimanuk, Singaraja Km.17 Desa Pejarakan, Buleleng - Bali Bali Indonesia

3.23 043

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する