• はてぶ
  • あとで
アメリカ西海岸の美しい港町!“サンフランシスコ”の定番観光スポット7選

アメリカ西海岸で最も美しい街と言われている港町「サンフランシスコ」。海外からの観光客にも人気のサンフランシスコは、アメリカの中では比較的交通の便が良く、治安も良いため日本人にも旅行しやすい場所です。今回はそんな街「サンフランシスコ」を訪れる方にぜひ行っていただきたい定番の観光スポットをまとめました。初めて行かれる方や旅行を検討中の方は是非参考にしてみてくださいね。(なおこちらに記載されている情報は2018年10月の記事公開時点のものです。実際に行かれる方は事前に公式ホームページ等で情報をご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. Golden gate Bridge(ゴールデンゲートブリッジ)

まず最初にご紹介する定番観光地は、サンフランシスコのランドマーク「Golden Gate Bridge(ゴールデンゲートブリッジ)」です。サンフランシスコ湾にかかる約2.7kmのこちらの真っ赤な橋はアメリカにある橋の中でも特に有名なものの1つで、サンフランシスコを訪れた人の間では有名なフォトスポットです。
photo by shine99
ゴールデンゲートブリッジを撮るフォトスポットはたくさんあるのですが、筆者のオススメは橋が海の向こうに見え、赤と青のコントラストが綺麗に撮れる「Baker Beach(ベイカービーチ)」です。他にもゴールデンゲートブリッジ観光案内所付近からも素敵な写真が撮れますよ。

詳細情報

アメリカ合衆国 California, San Francisco, Golden Gate Bridge, United States

3.76 13158

1504 Pershing Dr, San Francisco, CA 94129-3306

3.03 02

2. PIER39(ピア39)

続いてご紹介するのは、サンフランシスコの港町らしさが感じられる「PIER 39(ピア39)」です。こちらは水族館、ゲームセンターにショッピングエリアやレストランなど、様々な施設が揃っており、観光客にとって非常に遊びやすいエリアとなっています。
photo by shine99
週末のみならず休日も地元の家族連れや観光客で賑わっています。アミューズメント施設としてお子さんも一緒に楽しめるのも嬉しいですよね。また、お土産屋さんもたくさんあるのでサンフランシスコのお土産を買うならここがオススメです。
そしてここに来たら必ず見ていただきたいのが、ドックスペースに集まってくるアシカの群れ!可愛らしいアシカを橋の上から見ることができるんです。ただし、6月と7月はアシカが他のエリアにいるため、ほとんど見られないそうなので注意してくださいね。
photo by shine99
実はピア39は「フィッシャーマンズワーフ」と呼ばれるサンフランシスコのベイエリアの一部なんです。港町のエリアのため、近くにはカニやエビなどの海鮮が食べられるお店が多くあります。ピア39の観光が終わったら周辺まで足を伸ばして海鮮料理を食べてみてもいいかもしれません。

詳細情報

3. Union Square(ユニオン スクエア)

続いてご紹介するのは、サンフランシスコのダウンタウンの中心地「Union Square(ユニオン スクエア)」です。ここには多くの有名ホテルやデパート、高級ブランド店などが立ち並んでおり、ショッピングがしたい方に特におすすめです。また宿泊エリアとしても人気の場所で、滞在するならぜひこのエリアに注目。
中心地のユニオンスクエアから数ブロック進むとサンフランシスコらしい街並みを見ることもできます。坂道に立つアメリカとヨーロッパのデザインが融合した建物を観ながら街を歩けば、サンフランシスコが「アメリカで一番美しい街」の一つとも言われる理由がわかるかもしれません。
ユニオンスクエアは11月になると写真のように大きなクリスマスツリーと屋外アイススケートリンクが現れます。世界各地からこのクリスマスツリーや、デパートやホテルの飾り付けを見に観光客が集まるのだそうです。ユニオンスクエアは冬が特に賑わうシーズンなので、アメリカのクリスマスを感じてみたい方は11月・12月に旅行するのもオススメですよ。

詳細情報

4. Alamo Square(アラモ スクエア)

続いてご紹介するのは、サンフランシスコで有名な公園「Alamo Square(アラモ スクエア)」です。少し高い丘になったこちらの公園は地元の人々の憩いの場で、公園近くにはおしゃれなカフェやレストランも多くあります。
この公園を訪れたら必ず見ていただきたいのがこちらの写真のような美しい住宅です。色とりどりのお家がとても可愛らしいですよね。サンフランシスコの住宅はビクトリア建築で有名で、アラモスクエアから撮れる写真はお土産屋さんに売られている絵葉書のデザインとしても人気です。

詳細情報

5. Alcatraz Island(アルカトラズ島)

続いてご紹介するのは、サンフランシスコ沖にある島「Alcatraz Island(アルカトラズ島)」です。ピア39からも遠くにその姿を見ることのできるこちらの島は、かつて脱出不可能とも言われていた監獄が現存する場所で、1960年代まで実際に使われていたこちらの刑務所を見学できるツアーは興味深く、観光客の間でもとても人気なんですよ。
島の中は賑やかな港町とは打って変わって少し重苦しい雰囲気で、まるで別世界に迷い込んだかのようです。楽しい雰囲気の観光地ではありませんが、刑務所を見学できることはとても珍しいので、気になる方はぜひ観光ツアーに参加してみてはいかがでしょうか?

詳細情報

6. Lombard Street(ロンバード ストリート)

続いてご紹介するのは、サンフランシスコで最も有名な坂道のある「Lombard Street(ロンバード ストリート)」です。写真のグネグネした坂道はロシアン・ヒル地区にあるロンバード・ストリートの一部で、「世界で一番曲がりくねった道」と言われいるので、ぜひ訪れて記念写真を撮ってみてくださいね。
他では見ることのできない変わったこちらの坂道は、短い坂道にいくつものカーブがあり運転するのがとても大変そう。30度近い急傾斜をなんとか車と人が通れないかと考えてこのデザインになったそうですが、さすがにカーブが多すぎるので面白い景観となっています。

詳細情報

7. Cable Car(ケーブル・カー)

最後にご紹介するのは、サンフランシスコに来たからには必ず乗っていただきたい「Cable Car(ケーブル・カー)」です。サンフランシスコのケーブルカーは1873年に開業してから150年ほどのの歴史があります。世界最古のケーブルカーで、坂の多い街だからこそ発達した交通機関といえます。
サンフランシスコでは3本の異なる経路を走るケーブルカーがあり、先ほどご紹介したユニオンスクエアやフィッシャーマンズワーフ周辺を通っています。一番便利な乗り場は「Powell Street(パウエルストリート)駅」というダウンタウンの中心にある駅のすぐ近くの乗り場です。乗り場にはケーブルカー目当ての観光客の行列ができ、1、2時間待ちは普通とのことなので、あまり並ばずに乗りたい方は朝早く乗るのがオススメです。

詳細情報

いかがでしたか?

photo by shine99
いかがでしたでしょうか?サンフランシスコに旅行に行くなら絶対に外せない定番の観光地をまとめましたが、この記事では伝えきれないくらいサンフランシスコには魅力がたくさん!他にも訪れる価値のあるところもいっぱいありますよ。よかったらみなさんもアメリカの美しい港町サンフランシスコへ旅行してみてくださいね。(なおこちらに記載されている情報は2018年10月の記事公開時点のものになります。実際に訪れる際は事前に公式ホームページ等で情報をご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する