• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
岐阜県・関市のおすすめ観光地!世代を超えて楽しめる7選をご紹介

"人口重心"って知ってますか?人口の1人1人が同じ重さと仮定して、その地域の人口が釣り合う位置のことを指すのですが、ここ日本の人口重心は、岐阜県関市。言うなれば、日本の中心。そんな関市は、”刃物の町”としても有名です。毎年秋には刃物まつりが行われ、県内外からたくさんの人が観光に訪れます。さらには森林に清流、その自然豊かな風景は、見るもよし、遊ぶもよし。ワクワクが止まらない関市の魅力、ご紹介します!(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 関鍛冶伝承館(せきかじでんしょうかん)/ 南春日町

鍛冶(かじ)とは鉄などの金属を熱して鍛錬(たんれん)し、様々な道具を作ることを意味します。関市では鎌倉時代の頃から刀工による刀剣作りが盛んで、その卓越した匠の技は今も受け継がれています。そんな関鍛冶の歴史を、ここ関鍛冶伝承館では映像や資料、日本刀をはじめとする様々な刃物を展示し、紹介しています。また、特定日には日本刀の鍛錬や、技能師の実演が行われています。
近年では、映画やアニメとコラボレーションしたイベント展示を積極的に行っており、コラボ作品のファンの間でも話題となっています。興味の入口は人それぞれ、新たな解釈で刃の魅力を感じることができまよ(※画像は2017年のイベント展示)。

詳細情報

  • 岐阜県関市南春日町9-1
  • 0575-23-3825

2. フェザーミュージアム / 日ノ出町

世界初の刃物総合博物館。そもそも刃物って、その鋭い特徴から危険なイメージが先行しがちですが、料理に包丁、紙や髪にハサミ、アウトドアにナイフ…など、日常に「切る」行為は溢れていて、どれも必要不可欠な道具ばかり。そんな日常に密接した刃物について、あっと驚く知識を提供してくれます。見学料は無料。
巨大なフェザーがエントランスでお出迎え。フェザーの歴史をはじめ、「切る」をテーマに石器時代から現代までを見つめる展示、日常ではなかなか見ることのない医療や産業用の精密刃物など、様々な刃物が展示されています。また、映像や展示物に触れることで、刃物の原理を知り、切る行為から生まれる不思議体験を楽しむことができます。

詳細情報

  • 岐阜県関市日ノ出町1-17
  • 0575221923

3. 小瀬鵜飼(おぜうかい) / 小瀬

鵜飼いとは鵜を飼い慣らし、鮎などを捕る漁法です。国内の中でも岐阜県内を流れる長良川沿いでの鵜飼いは有名で、5月~10月の漁期中は観覧船での鵜飼鑑賞ができます。野生の鵜が2~3年の訓練を経て、鵜を操る鵜匠(うじょう)と息を合わせて漁を行います。
かがり火をぶら下げた舟に鵜匠が乗り、手縄で鵜を操りながら、火に寄ってきた鮎を鵜が次々と捕っていきます。かがり火の幻想的な明かりが美しく、それに照らされて披露される鵜飼の様子にただただ感心してしまいます。伝統的な漁を間近で見られる絶好の機会、ぜひ訪れたいスポットです。なお、鵜飼の開催状況や観覧船の予約状況は、ホームページで確認することができます。

詳細情報

  • 岐阜県関市小瀬 76-3
  • 0575-22-2506

4. モネの池 / 板取

えっ絵画?と、本当に目を疑ってしまうほどの美しさ。板取にある根道神社境内にあるこの池、透明度の高い貯水によって、睡蓮と共に鯉が優雅に泳ぐ様子がよく見えるそう。それがフランスの画家クロード・モネが描いた名画「睡蓮」に似ていることから、通称「モネの池」と呼ばれるようになったそうです。
池の美しさに魅了されるだけでなく、訪れた季節を楽しませてくれる草花も多く植えられ、四季それぞれの表情を見せてくれます。はじまりは名もなき池、それが今や関市注目の観光スポットとなっている通称「モネの池」。訪れた人の口コミだからこそ、確かな評判としてぜひ足を運びたいスポットです。

詳細情報

  • 岐阜県関市板取396
  • 0581-57-9021

5. 長良川鉄道(ながらがわてつどう)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

trisaranキャンプとコーヒー、ときどき散歩。

このまとめ記事に関して報告する