• はてぶ
  • あとで
海とお花の愛知の絶景!「渥美半島」のおすすめ観光スポット7選!

今回は愛知県田原市の観光スポット、渥美半島(あつみはんとう)をご紹介します。ここは大都市圏から鉄道で行きやすく、海やお花を満喫でき、夜景を見れる展望台もあります。朝焼けや夕焼けが綺麗な恋路ヶ浜。早春を彩る菜の花ガーデン。光で四季を表現する蔵王山展望台(ざおうさんてんぼうだい)など風光明媚な渥美半島に出かけてみましょう!(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①伊良湖(いらご)菜の花ガーデン菜の花祭りで春の訪れを感じる

2017年に閉園した伊良湖フラワーパークの跡地が伊良湖菜の花ガーデンとして生まれ変わりました。春先には菜の花畑、夏になるとひまわりも咲き誇り、自然豊かな渥美半島を幸せいっぱいな気分で堪能できる田原市を代表するお花の絶景スポットです!
菜の花は2月中旬が見頃!菜の花祭りのメイン会場となるフラワーガーデンも含め、渥美半島の広範囲で見られます。田原市を代表する花でもあり、お祭り期間は週末や祭日にコンサートなどを行うほか、2月の初旬には、カップル向けに写真撮影の無料サービスを行う日があるので、大切な人との思い出に!

詳細情報

②伊良湖岬灯台(いらごみさきとうだい)で絶景デートを愉しもう!

太平洋、伊勢湾、三河湾を一望できる渥美半島屈指の灯台です。「日本の灯台50選」にも選ばれており、三河や衣浦の港に出入りする船の安全にも貢献しています。灯台の中に入ることができませんが、近くから眺める朝日や夕日は絶景です!
灯台の周りには遊歩道が整備されており、その道の先は恋人の聖地にも認定されている恋路ヶ浜に続いています。そのため、伊良湖岬周辺はカップルの観光客にも大変人気があります!白亜の塔形をした白い灯台と澄んだ青い空の絶景に酔いしれながら、伊良湖岬を大切な人と歩いてみよう!

詳細情報

③恋路ヶ浜(こいじがはま)で大切な人と素敵な海の向こうを眺めよう!

伊良湖岬灯台の遊歩道を歩くと太平洋岸に砂浜が見えます。灯台から日出の石門まで続くこの砂浜のことを恋路ヶ浜と呼びます。砂浜の距離は約1キロ。はるか昔、都を追われた男と女のかなわぬ恋の伝説が恋路ヶ浜の名前の由来となっています。
恋路ヶ浜はそうした伝説とは裏腹に「恋人の聖地」にも認定された美しい砂浜です。初日の出の名所でもあり、広大な海をバックにした朝焼けや夕焼けは絶景です。恋人とのデートやプロポーズにもおすすめの場所。恋人の聖地認定の他にも、海の潮騒や砂浜、近くを通るサイクリングロードなどが数々の日本の百選にも選ばれているスポットです!

詳細情報

④写真家たちにも愛される朝焼けがまぶしい!日出の石門(ひいのせきもん)

恋路ヶ浜を進んでいった先にある、真ん中が海の荒波によって洞穴となっている石門です。約2億年前の地層が隆起して作られています。東に片浜十三里、西には三重県の神島や志摩半島を臨むことが出来るとても雄大で素敵な景勝地です。
日出の石門は、毎年たくさんの写真家が訪れます。沖の石門と岸の石門の2つから成り立っており、写真家たちにとりわけ愛されているのは沖の石門の洞穴から見ることができる朝日です!毎年10月と2月の各月中旬ごろになると見ることができ、雄大で神秘の雰囲気につつまれた絶景を見ることが出来ます。初日の出も大人気!

詳細情報

⑤天候次第では富士山も!蔵王山展望台(ざおうさんてんぼうだい)から眺めてみよう!

田原市を代表する展望台です。電力は風力発電によって供給されており、夜はその自然環境を利用した技術で展望台の建物が季節ごとに異なる四季のイルミネーション「光のアート」として輝きます。昼間も夜も、360度の迫力ある展望フロアからの絶景に圧倒されます!

(※「光のアート」点灯時間:【1回目】19:00~19:30【2回目】20:00~21:00)
施設は4階建て。2階はテラスとカフェがある「エントランスフロア」。3階は「体験フロア」。4階は「展望フロア」となっています。田原や豊橋をはじめとする三河エリア各都市を一望できるだけでなく、なんと富士山が見られることも!お勧めの季節は冬!天気が良くて乾燥した日が狙い目です!

詳細情報

⑥サンテパルクたはらで農業を見て、遊んで、食べて、買って、体験!

渥美半島の中間部、芦ヶ池にある、田原氏とJA愛知みなみが運営する農業公園です。季節ごとに様々なお花を楽しむことができます。お花や野菜を育てたり、馬を飼育出来たりと、農業や林業に関する様々な体験ができるテーマパークです!
サンテパルクたはらの中でもおすすめな見るスポットのひとつに「サンテガーデン」があります。春になれば、あのネモフィラを見ることもできるんです!ネモフィラ以外にもローズマリーや藤、ラベンダーなど四季折々の花々がいっぱい!家族連れのみならず、カップルにもおすすめのスポットです!

詳細情報

⑦季節を感じる!滝頭公園(たきがしらこうえん)

春は桜、秋は紅葉と四季折々の自然を楽しむことができる公園です。上池と下池の2つの池があり、ウォーキングやジョギングのコース、野球場やテニスコートなどもある運動公園です。公園の奥には不動滝という小さな滝もあり、広大で自然豊かな場所です。
すべり台やロングローラーのあるアドベンチャー広場。水遊びができる親水広場など、子どもが楽しめる場所もあります。広大な芝生やキャンプ場もあり、駐車場に止められる車は120台!友達同士の集まりや家族連れにももってこいの場所です。のびのびと一日を楽しめますよ!

詳細情報

さいごに

いかがでしたか?
渥美半島のある愛知県田原市は鉄道の便も良く、東京や横浜、名古屋や大阪といった大都市圏から新幹線と豊橋鉄道を利用して行くことが出来ます。鉄道で行ける、海や花の自然を満喫できる、展望台で絶景も楽しめる、3拍子揃った渥美半島へ週末は出かけてみましょう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する