• はてぶ
  • あとで
アルザスの観光地7選!美しすぎる絶景に囲まれた村へ行こう

アルザスとはフランス、ドイツ、スイスにまたがる地域で、その地理的な要因から様々な文化の影響を受けた地域です。現在、アルザスはほとんどフランスの統治下におかれており、この地方は「フランスで最も美しい町」として指定されている町がたくさんあります。さて、アルザスは大きく分けてストラスブールとコルマール、ミュルーズの3都市に分かれており、今回はこの3つを中心にわざわざ行きたくなる場所や絶景を、実際にアルザスを訪れた筆者による観光する際のポイントも含めて7つご紹介します。ぜひ次の旅でアルザスに行ってみませんか?(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【ストラスブール】

1. ストラスブール大聖堂 / ストラスブール市内

まず初めにご紹介するスポットは、「ストラスブール大聖堂」です。ストラスブールはかつてのアルザス地方の中心とも呼ばれた場所で、現在もフランスの屈指の大都市です。そんなストラスブール市内の中心部に位置するのが、このストラスブール大聖堂です。こちらの大聖堂はとても広く、大きく、連日参拝客が途絶えない大聖堂です。
大聖堂の観光のポイントは、礼拝堂の中だけでなく展望台に登ってみることです。もちろん、礼拝堂の中を見学するだけでも素晴らしい建築構造を眺められたり、歴史的に重要な絵画などを楽しめたりしますが、街の中心部に位置する高い建物である大聖堂だからこそ、展望台からの眺めも格別。展望台にたどり着くまでエレベーターはなく、自分の足で傾斜が急ならせん階段を登る必要はありますが、その展望台の眺めは絶景ですよ。ちなみに、上の写真はストラスブール大聖堂の展望台からの眺めの一部です。

詳細情報

  • delaCathédrale,67000Strasbourg,フランス
  • +33388214334

2. ロアン宮殿 / ストラスブール市内

次にご紹介するのは、ストラスブール大聖堂のすぐ隣にある「ロアン宮殿」です。こちらの宮殿は、町の中心部にあるため、多くの方が想像するパリ・ヴェルサイユ宮殿のような豪華で大きい造りになってはいないものの、素朴でシンプルにみえる建物に細かな装飾が施された美しい宮殿です。19世紀初頭に存続したフランス第一帝政の頃には、かの有名なナポレオンの住居にもなったとされる宮殿でもあり、現在はストラスブールの市庁舎、いくつかの美術館、宮殿博物館として利用されています。
さて、こちらの宮殿を観光するときのポイントは、ゆっくり宮殿博物館の中で時間を過ごすことです。美術館で芸術品を堪能することはもちろん良いのですが、こちらの宮殿では一つ一つの部屋が、書斎の間や寝室、サロンを開いた大広間などのように異なる役割を持っているので、ドアをくぐるとまた違った風景を目にすることができますよ!部屋の中には立ち入り禁止ゾーンや座ることを禁止されている椅子があるので、お気をつけくださいね。

詳細情報

  • フランス ストラスブール Place du Château
  • +33 3 68 98 51 60

【コルマール】

3. プチット・ヴェニス / コルマール旧市街地内

次にご紹介するのは、コルマールにある「プチット・ヴェニス」です。第二次世界大戦中のアルザスは激戦地の一つとなりましたが、ここコルマールは奇跡的にもその激戦を免れることができた町です。そのため街角には木組みの家が並ぶ通りや石畳の道など中世からルネサンスにかけての雰囲気を楽しむことができます。そんなコルマールの中でも、美しい木組みの建物が運河に映り、ヴェネツィアのような美しい風景を特に楽しめるスポットが、このプチット・ヴェニスです。
このプチット・ヴェニスを観光する際のポイントは、良く晴れた日の夕暮れの少し前の午後を狙って訪れることです。朝や昼間も景色は美しいのですが、朝早い時間や昼ごろにはバスツアーなど団体の観光客のプランが組まれていることが多く、その分人も多くなりがちです。しかし、太陽が傾き始める時間になると、団体客が少なくなり、観光客自体も減る時間帯なのです。また、夕暮の時間帯は視界が開けた方向の運河に日が沈みかけるので、太陽の光と水の反射がとても美しく、上の写真のように水面に映る木組みの建物を楽しむことができますよ!

詳細情報

  • Quai de la Poissonnerie, 68000 Colmar, France

4. ウンターリンデン美術館 / コルマール市内

次にご紹介するのは、「ウンターリンデン美術館」です。こちらの美術館はコルマールの中心部にあり、ヨーロッパの美術館としては小規模でありながらも、フランスで最も来館者の多い美術館の一つとされています。中世末期からルネサンス初期までの彫刻と絵画を中心に展示しており、その中でもドイツの画家であるグリューネヴァルトによって描かれた、大きなイーゼンハイムの祭壇画は特に圧巻です。ちなみに、この美術館には日本語のオーディオガイドがあるので、フランス語が分からなくても、英語があまり得意でなくても、十分楽しむことができます。
こちらのウンターリンデン美術館を訪れる際の観光ポイントは、建物の構造にも注目することです。先ほどこの美術館はヨーロッパの中では小規模と書きましたが、それでも展示エリアがいくつかあり、その展示エリアをつなぐ回廊や中庭の美しい雰囲気をぜひ堪能してみてください。実は、この美術館は中世の修道院を改修してできた美術館なので、館内の様々なところでその面影を見ることができます。

詳細情報

  • 2 Place D Unterlinden, 68000 Colmar, France
  • +33 3 89 20 15 50

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する