• はてぶ
  • あとで
なんて “可愛すぎる”ソフトクリーム! 関西で話題のソフトクリームのお店10選

今年は残暑も厳しそうです。そんなときに食べたいスイーツと言えば、“ソフトクリーム”。 見た目も可愛くて、なめらかな舌触りも抜群なソフトクリームは、どこか特別なひんやりスイーツではないでしょうか。今回ご紹介するのは関西エリアで話題のソフトクリームのお店です。インスタ映えや話題性もばっちりのソフトクリームで、素敵なひんやりタイムを過ごしませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① 遊膳茶屋 / 京都・嵐山

嵐山の可愛すぎるソフトクリーム

まずご紹介するのは京都・嵐山にある「遊膳茶屋」です。このお店には、今人気の「もこふわ京都ソフト(500円)」を食べることができます。フワフワでモコモコのビジュアルに、たまらない可愛らしさを感じますよね。

和のフレイバーも楽しめる

京都醤油ソフト、ゆずはちみつビネガー、デラックス抹茶など、京都を感じさせるフレイバーを楽しむことができるのも、このソフトクリームの魅力のひとつ。トッピングされているカラフルな金平糖も映えますね。嵐山散策の新しいグルメスポットと言えるでしょう。

詳細情報

京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町20

3.03 06

② 茶乃逢(さのあ) 二条城店 / 京都・二条城前

金箔とお麩のソフトクリーム

2つ目にご紹介するのは、京都・二条城の「茶乃逢(さのあ) 二条城店」。十条エリアに本店を構える緑茶カフェの支店です。おすすめは、二条城店限定の「黄金ソフト(1200円)」。一枚の金箔を丸ごと使用した豪華ソフトクリームです。お麩ショコラが添えられ、さらに京都の気分を満喫できます。

抹茶、サクランボ味も!

緑茶カフェということで、宇治抹茶ソフトクリーム(ワッフルコーン:400円)、2倍の抹茶を使用した濃厚抹茶コーンソフトクリーム(ワッフルコーン:430円)もおすすめです。また、二条城店限定で佐藤錦を使ったプレミアムさくらんぼソフトクリーム(ワッフルコーン:460円)も人気です。

詳細情報

京都府京都市中京区二条通堀川西入ル二条城町541 京都市元離宮二条城大休憩所内

3.26 12

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ 市電カフェ / 京都

市電 × カフェ

3つ目にご紹介するのは、京都・丹波にある「市電カフェ」です。ここは本物の市電を使ったカフェで、レトロな雰囲気を楽しむことができます。京都鉄道博物館の隣、梅小路公園内の「京都市電ひろば」の中にあります。

なないろソフトクリーム(400円)

おすすめは「京都なないろソフトクリーム(400円)」。京都の美山牛乳を使用したソフトクリームは極上の味。七色に彩っているのは、豆腐のあられです。レトロな市電カフェにもぴったりのソフトクリームです。

詳細情報

京都府京都市下京区観喜寺町1‐15 市電ひろば505号車

3.35 337

④ GUFO(グーフォ)/ 大阪・四ツ橋

大阪のフォトジェニックソフトクリーム

4つ目にご紹介するのは大阪・堀江にある「Groovy Ice Cream GUFO(グーフォ)」です。このお店は、フォトジェニックな“美”ソフトクリームのお店です。旬のフルーツなどと一緒に、素敵なソフトクリームを楽しむことができます。

トッピングも楽しもう

GUFO(グーフォ)では、色々なトッピングを楽しむことができます。キャラメルソース、クラッシュクッキー、ラズベリークリスピー、日替わりのフルーツソース、エスプレッソがけなど。あなた好みのフォトジェニックソフトクリームを作ってみませんか?

詳細情報

⑤ チキラーハウス / 大阪・新大阪

新大阪駅でチキラー専門店

5つ目にご紹介するのは、大阪・新大阪駅にある「チキラーハウス」です。ここには世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」のアンテナショップ。在来線の改札内のエキマルシェ新大阪の中にあるので、大阪土産の購入にもおすすめのスポットです。

チキンラーメンソフト(レギュラー 350円、Sサイズ 250円)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する