• はてぶ
  • あとで
まるで童話の世界?「ルクセンブルク」のおすすめ観光スポット7選

みなさんはルクセンブルクという国を知っていますか?神奈川県ほどの小さな国ですが、街一帯が世界遺産に登録されている素敵な国なんです。中世ヨーロッパの風情あふれる街並みだけでなく、豊かな自然も楽しむことができます。この街を歩けば、幼い頃に読んだ童話のような世界を体験することができるかも…そんな魅力たっぷりのルクセンブルクのおすすめ観光スポット7選をご紹介いたします。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① アドルフ橋

ルクセンブルクの象徴であるアドルフ橋。大きな石のアーチが有名で、全長84メートル、高さ43メートルある壮大な橋です。1903年に完成したにも関わらず、ルクセンブルクの住人からは「ニュー・ブリッジ」と呼ばれているそう。旧市街と新市街を結んでおり、生活に欠かせない橋となっています。
橋からは、美しい渓谷だけでなく、憲法広場やノートルダム大聖堂といった観光名所も望むことができます。歩行者用の歩道もあるので、のんびりと橋を渡りながらルクセンブルクの緑あふれる街並みを散策してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

② 憲法広場

旧市街の入り口となる憲法広場。ルクセンブルク市内で最も眺望の良い場所とも言われていている、定番観光スポットとなっています。低地のグルント地区や対岸の新市街の景色も望め、自然と文化が調和した風景を楽しむことができます。運が良ければたくさんの屋台やクリスマスマーケットで活気あふれる様子を楽しめるかも?
広場の中央には第一次世界大戦の戦没者慰霊碑が構えており、その頂からは黄金の女神像が市内を見守っています。地元の人からは「ゲル・フラ」と呼ばれ、平和の象徴として愛されています。冬以外の時期はここからミニトレインが運行しており、約1時間でグルント地区やボックの砲台の景色を楽しむことができます。ミニトレインに揺られながらゆっくりと市内散策してみてはいかがでしょうか。

詳細情報

2 Boulevard Franklin Delano Roosevelt, 1116 Luxembourg, ルクセンブルク

3.25 11

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③ ノートルダム大聖堂

ルクセンブルクにもあります、ノートルダム大聖堂。世界遺産にも含まれている、ルクセンブルクを代表するカトリック大聖堂です。聖母マリアを意味するノートルダムという言葉通り、聖母マリアに捧げられた教会堂で、17世紀に建立されました。細長く尖った塔は遠くからでも美しく望むことができます。
大聖堂内部では、大きなステンドグラスや緻密な彫刻が荘厳な雰囲気を醸し出しています。ルネサンスやバロックなど複数の建築様式が融合していることが特徴で、建築当時の趣を残す北門が見所です。20世紀には増築されたため、17世紀だけでなく20世紀の風情も垣間見ることができます。地下には王家の人々や歴代の司祭たちが安らかに眠っています。

詳細情報

NotreDame,2240Luxembourg,ルクセンブルク

- 024

④ ギョーム広場

旧市街の中心部にあるギョーム広場。大公宮を向いて建っているギョーム2世の騎馬像が目印です。観光案内所も有しているため、近くのカフェで休憩がてら観光プランを考える…なんていうのもいいですね。
ギョーム広場は、市民の憩いの場にもなっています。毎週水曜日と土曜日には朝市が開催され、新鮮な野菜や果物、チーズやソーセージなどを買うことができ、活気あふれる様子を楽しむことができます。また冬にはスケートリンクが設置され、気軽に体験できるため、地元の子供たちで賑わっている様子を見ることができるかもしれませんね。

詳細情報

23 Rue du Fossé, 1536 Luxembourg, ルクセンブルク

写真を投稿する
3.25 11

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤ ルクセンブルク大公宮

ルクセンブルクで最も豪華で威厳のある建物とも言われている大公宮殿。細部まで凝ったデザインが特徴で、中でも建築当初から残っているアラベスク様式の彫刻が見所。ところどころスペインの雰囲気を思い出させるような装飾がされています。大公の執務中は国旗が掲揚されるそうです。
門の上部やバルコニーには王家の紋章が施されており、風格のあるつくりとなっています。また、観光客に人気の衛兵交代式も行われています。夏季のみ内部を見学でき、約45分ほどで、ガイドさんが英語で案内してくれます。事前にツーリストオフィスで予約が必要なので、忘れないでくださいね。

詳細情報

17 Rue du marché-aux-Herbes, 1728 Luxembourg, ルクセンブルク

3.27 117

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥ ボックの砲台

長年戦火から住民を守ってきた地下要塞跡のボックの砲台。地下要塞は全長26キロにも及び、保存状態が良いボックの砲台を一般に公開しています。また、世界遺産の中心的な遺産となっており、ルクセンブルクの歴史と深いつながりのある場所です。
当時は断崖絶壁に穴を開け、たくさんの砲台を設置していました。内部は小部屋などが多くあり、まるで迷路のように入り組んでいます。時折暗闇もあるので、気分はまるで探検家。お足元にはお気をつけて。歩きやすい靴で行かれることをおすすめします。

詳細情報

⑦ グルント地区

「低地」を意味するのどかな街、グルント地区。今までの観光地は高所に位置している箇所が多めでしたが、こちらは要塞の下に広がっています。旧市街、新市街とかなり高低差があるため、下から市街地を見上げるような独特な景色を楽しむことができます。旧市街とグルント地区を結ぶ無料のエレベーターがあるため、体力に自信のない人でも大丈夫です。
パステルカラーの家や色とりどりの花、そして深い緑が融合している風景は、まるで童話の世界に迷い込んだよう。レストランやバーも多くあるため、中世ヨーロッパの風を感じつつ、美食を堪能してみては。静かな街なので、じっくりと観光したい方にはぴったりかもしれませんね。

詳細情報

13 Rue Plaetis, 2338 Luxembourg, ルクセンブルク

3.26 111

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

いかがでしたか?

小さい街にぎゅっと魅力が詰まったルクセンブルクのおすすめ観光スポット7選をご紹介いたしました。日本人旅行者が多く訪れるパリやブリュッセルからルクセンブルクまで、鉄道で行くと約2〜3時間。次の旅行は少し足を伸ばしてルクセンブルクに訪れてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する