• はてぶ
  • あとで
東京生まれ、北陸へ行く。シティーボーイ・シティーガールは“金沢”をこう遊ぶ

何も、シティーとは東京のことだけではありません。観光地として絶大の支持を誇る金沢も立派なシティー。なんか旅行したいな…そんな気分のシティーっ子のみなさん、たまには東京を飛び出して金沢にトリップしてみませんか?今回は、そんな金沢の通でおしゃれな遊び方をご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】“THE SHARE HOTELS KUMU金沢”に宿泊

せっかくの金沢、宿泊するところにもこだわりたいところ。ここ「THE SHARE HOTELS KUMU金沢」は、2017年に出来たばかりのおしゃれなリノベーションホテル。木がたくさん使われたロビーからとにかくおしゃれですよね。
近江町市場や、金沢21世紀美術館といった金沢の有名観光地にも近いのが嬉しいところ。部屋の作りもこだわられていて、納得のいくステイができるはず。シティーボーイなら、泊まるところにもこだわらなきゃ!

詳細情報

【2】“サニーベルコーヒー”でラテをゲット

やはりどこにいても、美味しいコーヒーやラテが飲みたくなるのがシティーボーイの性分。ここ「サニーベルコーヒー」は、金沢駅から徒歩10分ほどの場所にあるこじんまりとしたコーヒーショップです。
ここのカフェラテは、とにかくハイクオリティーなラテアートが魅力的。カップギリギリまで淹れられたカフェラテには、かわいいラテアートが施されています。おしゃれな店内で楽しむもよし、テイクアウトして金沢散策のお供にするのもよし。

詳細情報

【3】意外な穴場“尾山神社”に参拝

金沢にある有名な観光地は行き尽くしたから、穴場のスポットに行ってみたい…そんなシティーボーイも多いはず。ここ「尾山神社」は、金沢駅からタクシーで5分ほど、歩いて20分ほどという好立地にある静謐で美しい神社です。
どこかレトロな雰囲気が流れている尾山神社。ここで祀られている前田利家の「利家公像」や、日本的な美が凝縮された庭園「神苑」など見所はたくさんですが、なんといってもここ「神門」もお忘れなく。夜になるとライトアップされ、より一層ロマンチックなムードに。

詳細情報

【4】“大国鮨”でリーズナブルに金沢の寿司を楽しむ

やはり金沢といえば、美味しい海鮮を楽しみたいどころ。きらびやかな海鮮丼もいいですが、ここは回らないお寿司、というのはいかがですか?ここ「大国鮨」は、高くなりがちな回らないお寿司を比較的リーズナブルに楽しむことができるんです。
どのネタもとにかく新鮮で、さすがの一言。近江町市場の裏にありますが、近江町市場に喧騒はなく、ひっそりと佇んでいるその店構えもシティーボーイ好みです。カウンターのみなので、板前さんとのコミュニケーションも楽しみつつ、美味しいお寿司に舌鼓。

詳細情報

【5】“くわな湯”にザバーッと

たとえ東京から出て旅行中でも、銭湯に行きたくなるのがシティーボーイ。主計町茶屋街近くにある「くわな湯」は、昔から愛される銭湯です。浅野川沿いという抜群のロケーション。
レトロな雰囲気で情緒たっぷりのくわな湯ですが、浴室内は改装されて綺麗です。清潔感もあり、銭湯初心者にもおすすめ。サウナや水風呂完備。ここ「くわな湯」でさっぱりしましょう。

詳細情報

石川県金沢市東山3-1-5

- 14

【6】“フルーツパーラーむらはた”で甘い時間を

金沢はグルメの宝庫!そんなセリフと体現するようなお店がこちらの「フルーツパーラーむらはた」。近江町市場からも近い距離にあるので、近江町市場で海鮮を堪能したあとにデザート感覚で、なんていう贅沢なグルメざんまいもできちゃいます。
1月から5月上旬頃のみ楽しめる「苺パフェ」は、とにかく苺がたくさん入っています。一粒一粒がどれも甘くてジューシー。それ以外の季節にも、季節ごとに旬のフルーツを使ったパフェやスイーツなどを楽しめます。人気のため行列ができることも。

詳細情報

石川県金沢市武蔵町2-12

3.88 2891

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

【7】“zuiun 金沢”のセンスに触れる

次に紹介するのは、金沢で人気を集めるライフスタイルショップ「zuiun(ずいうん)」。このおしゃれな建物は、もともと豆腐工場だったんだとか。アンテナが高いおしゃれな人々が集います。
家具や雑貨はもちろん、地下にはとにかくハイセンスなブックカフェが。落ち着く空間でコーヒーを飲みながら本を読む…なんとも素敵なひとときです。

詳細情報

【8】“主計町茶屋街”をぼんやり散策

そして、やはり金沢といえば茶屋街の散策!一番定番の「ひがし茶屋街」にももちろん魅力がたっぷりありますが、どうしても観光客がたくさんでシティーボーイの求めているものとは違うかも。おすすめは、こちら「主計町茶屋街(かずえまちちゃやがい)」です。
風情たっぷりの主計町茶屋街も人気のスポットですが、昼間はとくに営業しているお店も少ないので比較的静かな雰囲気です。ですが情緒はたっぷり!のんびり川の流れをみながら、愛する誰かに思いを馳せてみては?

詳細情報

さあ、金沢シティーへ!

いかがでしたか?金沢にはシティーっ子のツボをつつくおしゃれなスポットがいっぱい。ぜひ今度の週末旅や連休旅に、金沢へ出かけてみては?(掲載されている情報は2018年8月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

cityboy_citygirl東京生まれ、東京育ち

このまとめ記事に関して報告する