• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
いつかじゃなく、今行こう。教科書にも載らない日本の美しい村7選【北海道・東北編】

高いビル、消えることを知らないネオンから離れて、知られざる「日本の美しい村」へ足を運んでみませんか。決して便利ではないけれど、失いたくない場所が日本にはまだ残っています。今回は、「フランスのもっとも美しい村」運動にならい、2005年に始まったNPO法人「日本で最も美しい村」連合が選ぶ【北海道・東北】の美しい村をいくつか抜粋してご紹介します。(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1.ほかでは見られない美しい姿に出会う「鶴居(つるい)村」/北海道

北海道東部、釧路(くしろ)管内のほぼ中央部に位置する「鶴居村」。大規模な草地が広がり、酪農が盛んです。村の一部は釧路湿原国立公園に含まれており、蛇行する川と草原が広がる「キラコタン岬」や、その昔釧路湿原海だったとき、岬であったことからその名がついている「宮島岬」などの大自然を堪能することができます。

※湿原へは許可なく立ち入ることができません。ネイチャーツアーやトレッキングプログラムへ参加し、許可を持ったガイドともに散策を楽しみましょう。
毎年1500羽ほどのタンチョウがやってくる北海道。鶴居村は村名に「鶴」が入っているように半数近いタンチョウが飛来します。冬でも凍ることがない雪裡川(せつりがわ)は、タンチョウの寝床となっており、一本足で休む姿をカメラに収めようと多くの人が音羽橋へ集まります。

詳細情報

  • 北海道阿寒郡鶴居村北海道阿寒郡
  • 0154-64-2050(鶴居村教育委員会)
  • 北海道北海道阿寒郡鶴居
  • 0154-64-2020

2.やさしい黄色で包まれる春に出会える「江部乙(えべおつ)」/北海道

北海道の北西部に位置する「江部乙」。地区の西側は、石狩川が流れ田園地帯が広がり、東側は春には菜の花が、秋にはりんご畑が点在しています。特に、菜の花畑は「北海道感動の瞬間(とき)100選」にも選ばれているほど景観が美しいことで有名です。
「北海道感動の瞬間(とき)100選」に選ばれた菜の花畑は、日本一の菜の花畑ともいわれ、農村一帯に咲き誇ります。5月中旬〜6月上旬にかけての開花シーズンには、「菜の花まつり」が開催され、多くの観光客がやってくるそうです。

※菜の花畑は毎年場所が異なるので、訪れる際は公式サイトの確認をお願いします。

詳細情報

  • 北海道滝川市江部乙町周辺
  • 0125-23-0030

3.自然がつくる岩石の壮大な景観「佐井(さい)村」/青森県

青森県下北半島の西端に位置する本州最北の村「佐井村」。およそ2kmに渡る奇岩が生み出した「仏ヶ浦(ほとけがうら)」は必見です。約1500万年前の海底火山活動により生まれた大小様々な凝灰岩が作り出す景観は、まさに自然の賜物。それぞれに仏にちなんだ名前がつけられており、神秘的な世界が広がります。
左の女岩と右の男岩が寄り添うように見えることから「願掛岩」と呼ばれる巨大な2つの岩。村の中心から南西に約3kmほど下っていくと海岸沿いに現れます。古くから地元の人の信仰を集め、縁結びのパワースポットともいわれています。

詳細情報

  • 青森県下北郡佐井村長後縫道石地内
  • 0175382111
  • 青森県下北郡佐井村
  • 0175-38-2111(佐井村役場)

4.鏡に映える紅葉のコントラスト「東成瀬(ひがしなるせ)村」/秋田県

秋田県南東部に位置する「東成瀬村」。栗駒山(くりこまやま)、焼石岳(やけいしだけ)などの奥羽山脈に囲まれています。栗駒山の中腹にある須川高原からは、秋になると赤・黄の色鮮やかな紅葉を楽しむことができます。また、須川湖に反射して映し出された空の青と紅葉のコンラストも必見です。
東成瀬村には「奥羽(おうう)山脈緑の回廊」と呼ばれるブナなどの木々が立ち並ぶ、野生動物が走り回るために作られたエリアがあります。その中でも、「天正(てんしょう)の滝」では、落差20mから水が勢いよく落ちていく圧巻の姿に出会うことができます。

詳細情報

  • 秋田県椿川仁郷国有林
  • 0182-38-8411 東成瀬村観光物産協会

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する