• はてぶ
  • あとで
ひとり旅×沖縄。“ひとり”だからこそ行きたい沖縄の隠れスポット9選

ひとり旅に出たい。ふとそう思い立っても実際どこに行くか決めるが難しいですよね。そこで今回ご提案するのが「沖縄旅」。普段友達と旅行に行くイメージが強い沖縄だからこそ、実は一人で訪れるのにぴったりなスポットを見逃してしまっているかもしれません。ぜひ、あなただけの沖縄の旅に出かけてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 青の洞窟(恩納村)

最初にご紹介するのは、国頭郡の恩納村にある「青の洞窟」です。こちらでは、シュノーケリング体験を通して、神秘的な光景を目にすることが出来ます。透き通った海水と、その鮮やかな青色に触れると、自然と心が安まり、パワーをもらった様な力強い気持ちになれます。
一人旅でシュノーケリング経験がなくても安心して体験することが出来ますよ。ガイドやプロ仕様のカメラによる写真撮影がついたプランに申し込むのがおすすめです。運が良ければ、色鮮やかな魚たちと一緒に泳げるかもしれません。

詳細情報

沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1

4.28 63364

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. オハコルテ 港川本店(浦添市)

続いてご紹介するのは、フルーツタルト専門店の「オハコルテ 港川本店」です。沖縄でいくつか展開しているおしゃれカフェで、港川にあるこちらのお店が本店です。改装して作られたお店は開放的でとっても綺麗ですよね。
また外装が綺麗なだけでなく、お店で提供されているタルトも絶品です。「フルーツを、フルーツより美味しく。」と銘打たれたお店のコンセプト通り、数種類のラインナップのタルトはどれも絶品です。

詳細情報

沖縄県浦添市港川2-17-1

3.71 14164

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

3. Fuu Cafe(本部町)

続いてご紹介するのは「Fuu Cafe(フーカフェ)」。こちらは那覇からは少し離れた瀬底島という、本島から道路で繋がっている離島にあります。街の中心部ではない分、カフェの敷地も広く緑がたくさんあるのが印象的です。
店内には庭やハンモックなどのんびりできるスポットばかり。1人でちょっと一息つきたい時にはちょうど良い場所です。お店自慢の「海ぶどうとアグーの丼仕立て」は、たっぷりの海ぶどうの下にアグー豚が入っていてボリューム満点ですよ。

詳細情報

沖縄県国頭郡本部町瀬底557

3.73 426

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

4. 備瀬のフクギ並木道(本部町)

続いてご紹介するのは「備瀬のフクギ並木」です。こちらはたびたび旅行雑誌などで紹介されることも多いスポット。2万本ものフクギが立ち並んでおり、日光も遮られているので涼しさを感じることができます。
昼の訪れるのもいいですが、おすすめの時間帯は朝方。新鮮な空気の朝の柔らかな日差しが並木道を照らしとっても幻想的な雰囲気になります。ぜひ近くの宿に泊まって「備瀬のフクギ並木」を散歩してみてくださいね。

詳細情報

5. 慶良間諸島(島尻郡)

続いてご紹介するのは「慶良間諸島(けらましょとう)」です。那覇近くの港から船で訪れることができる、まさに宝石のように美しい島。国立公園にも指定されるその美しいビーチは、日本を代表する綺麗さです。
島でのゆったりとした時間はひとり旅にもぴったり。抜群の透明度を誇る海でダイビングを楽しんだり、島カフェに訪れたり。都会とは違った速さで流れる島ならではの時間を思う存分楽しんでくださいね。

詳細情報

沖縄県島尻郡座間味村座間味

3.47 7171

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

6. 西桟橋(竹富町)

続いてご紹介するスポットは、「西桟橋」です。沖縄らしい風景を楽しめることで人気の竹富島にあるこの桟橋は、その白さが青い海によく映え、撮影スポットとしてもおすすめの場所です。
「西桟橋」を訪れるなら、おすすめの時間帯は夕暮れ時。水平線に沈みゆく太陽が1日の終わりを感じさせてくれるとともに、その美しさに思わず息を呑んでしまいそうですね。一人でだからこそ、「西桟橋」の夕暮れで感傷的な気分に浸ってみてはいかがですか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 青く澄み切った海。真っ白な砂浜。皆んなで踊るカチャーシー。心温まるおばあの手作…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

bouboudori棒棒鶏

このまとめ記事に関して報告する