• はてぶ
  • あとで
天王寺動物園デートで取り入れたいプラン10選!~今日こそ恋の天王山~

大阪駅から電車で20分。通天閣とあべのハルカスに挟まれた天王寺公園内にある動物園、それが天王寺動物園です。古くからデートスポットとして定番ですが、長い歴史を持つとは言っても取り巻く環境は移ろいゆくもの。そこで、今だから楽しめる天王寺動物園メインのデートプランを10コご紹介します。デート特有の悩みどころも考慮しましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①シロクマにカバ…まずはお目当ての動物に会いに行く / 天王寺動物園

まずは基本!入園したらお目当ての動物のところへ向かいましょう。予めどのエリアから回るのか決めておくのかスマートですね。「コアラが見たい」「いや大阪来たならまずヒョウだ」など、どんな動物が好きなのかお互いを知れますし、意見が合わなくてデート中にギクシャク、なんてことも防げます!ちなみにヒョウはいないですが、ヒョウに近いジャガーやトラは人気ですよ。
休日は特に人気者たちは早い段階で混み合ってしまいます。開園時間直後ぐらいであれば、人気者を近くで見るためにまずはシロクマやライオンなどのエリアを目指すのがセオリーでしょう。また、まずはカバを見にいくのもオススメ。一日中ろ過装置が稼働しているカバの水槽ですが、それでもすぐに濁ってしまうもの。開園直後は水がクリアでよく見えるとのことですので狙い目です。

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108 天王寺動物園

4.08 44481

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②キリンやライオンの餌やり光景を楽しむ / 天王寺動物園

まずどこに行くかは決めたけど、その次はどこ行こう?そんな時は動物たちのご飯タイムを参考にスケジュールを組むのがオススメ。普段省エネモードの動物たちも、この時ばかりは積極的に動いてくれます。草食動物は13:15から、肉食動物は13:30から、それぞれ5~10分ほどで行っています。
肉食動物は餌やりでもやはり大人気。豪快さが魅力です。ただし彼ら肉食動物の餌やりは、曜日によって開催する種類が違うので要注意。多くの方が訪れるであろう土曜日はライオン、日曜日はオオカミがそれぞれ開催されています。動物たちの体調によっても予定が変更になります。当日は必ず園内の案内やHPをチェックしてくださいね。

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108 天王寺動物園

4.08 44481

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

③小動物の“なでなでタイム”に参加/ 天王寺動物園

せっかく動物園に来たのだから、動物たちのぬくもりを感じたい。そんな方たちのためにあるのが「ふれあい広場ゾーン」です。彼らの体温、息遣い、毛の触り心地。五感すべてを通して、生きている、という感覚がビシビシ伝わってきます。ただしデート中なので清潔感は大切。くれぐれも手洗いを忘れずに。
エリア内ではヤギやヒツジにエサをあげながら触れ合うことができるほか、テンジクネズミ(モルモット)との触れ合い、通称「なでなでタイム」が体験可能。小さな命の温もりを感じて癒されつつも、なるべくストレスをかけないようにしてあげましょうね。動物たちへの接し方からお互い相手の接し方も計れる、かもしれません。

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108 天王寺動物園

4.08 44481

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

④雨の日でもOK!屋内のコアラや鳥たちも忘れずに / 天王寺動物園

せっかくのデートなのにあいにくの雨。しかしピンチはチャンス。裏を返せば他の来場者が少ないため、普段よりも周りを気にせずゆっくりと動物を観察することが出来るのです。もちろん屋内施設もあるため、そちらを楽しむのもナイスな判断。爬虫類館「アイファー」や様々な鳥類がいる「鳥の楽園」、コアラ館などが濡れずに楽しめるのでオススメです。
中には雨の時に特有のレア行動をする動物も。例えばライオンは濡れるのを防ぐため、屋根があるガラスの方に比較的近づくことが多くなるのだそう。至近距離で観察できるチャンスアップです。他にもキリンが首を屈ませながら木の下に雨宿りをしたり、水たまりで遊ぶ動物がいたり。雨の時こそ思い出に残る印象的なデートにしたいものですね。

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108 天王寺動物園

4.08 44481

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑤季節によってはナイトZOOなどのイベントも / 天王寺動物園

そもそもなかなかデートに誘えない、相手が行ってくれない。そんな方はイベントを口実にしてしまうのも一つの手。人は限定されたものに弱いものです。春・夏・秋と開催するナイトZOO、カバの歯磨き、ホッキョクグマに氷柱プレゼントなどなど。天王寺動物園では年間を通じて様々なイベントを行っています。
中でも近年人気なのはナイトZOO。通常入ることの出来ない夜の動物園に入れるため、普段とは違った雰囲気を楽しめます。夜になると活発になる動物もおり、特にネコ科の肉食動物たちは目つきが違います!園内の光の装飾も相まって、怪しくも美しい動物たちにテンション上がること間違いなしです!

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108 天王寺動物園

4.08 44481

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑥「ZOOレストラン」でフォトジェな白くまカレーを食べる / 天王寺動物園

開園から訪れていた方は、お昼を早めに食べてもう少し周りたい、と思うかもしれません。園内には家族連れの方も多く、芝生などでお弁当をいただいている人もちらほら。でもせっかく動物園に来ているのだから、ここでしか食べられないご飯を食べたくないですか。そんな方にオススメなのが、園内のレストラン「ZOOレストラン」。園内のほぼ一番南西の端、シロクマエリアの近くにあります。
中でも白くまカレーとくまさんオムライスは人気メニューの二大巨頭。くまさん達のあどけない表情と存在感がとっても可愛らしく、お子さまや女性に大人気なんです。一応キッズメニューのためカレーも甘口ですが、メニューには大人もOK、との記載あり。写真に撮って是非インスタにあげたいメニューです。

大阪府大阪天王寺区茶臼山町5-5

3.26 15

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

⑦園外で大阪のソウルフード串カツをパクリ / だるま 動物園前店

さて、以降は園から出てその近辺をご紹介します。午前中には別のところを巡り、午後から天王寺動物園に入園されるかたも多いと思います。そんな方たちは新世界で串カツを食べたあと新世界ゲートから入場、というパターンも王道です。新世界では数多の串カツやさんがひしめき合いますが、有名店といえばズバリ「だるま」。その中でも席数の豊富な動物園前店で、大阪のソウルフードをいただきましょう。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する