• はてぶ
  • あとで
一足先に秋を堪能しよう!北海道の“紅葉”が美しすぎるスポット7選

そろそろ夏も終わり、秋が近づいています。秋に見たいものといえば “紅葉” です。首都圏で紅葉が楽しめるのはもう少し先ですが、日本の最北である北海道ではすでに木々たちが色づき始めています。今回は、そんな北海道にある紅葉の名所7選を紹介します。みんなより一足早く秋の訪れを感じに行ってみませんか?(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【見頃】9月上旬~10月上旬

① 大雪山(だいせつざん)国立公園

最初に紹介するのは、「大雪山(だいせつざん)国立公園」です。ここは面積約23万ヘクタールを誇る日本最大の国立公園です。北海道の最高峰である旭岳をはじめとして、多くの山々が連なっています。旭岳ロープウェイからは色あざやかな紅葉が望めます。
例年9月上旬〜10月上旬が紅葉の見頃です。2018年9月22日(土)~10月14日(日)には、層雲峡温泉紅葉ライトアップ「奇跡のイルミネート」が行われます。ライトアップされた紅葉はとても幻想的な世界を作り出します。見頃が他のところと比べて早いので、いますぐ計画を!

詳細情報

【見頃】10月上旬~10月中旬

② 支笏湖 (しこつこ)

2つ目に紹介するのは、「支笏湖(しこつこ)」です。北海道千歳市に位置する湖で、日本最北の不凍湖と言われています。札幌からも日帰りでいけるくらい近いので、人気観光スポットとなっています。四季折々、美しい姿で人々を惹きつけます。
1年の中でも、秋の支笏湖はおすすめです。例年10月上旬〜10月中旬に紅葉の見頃を迎えます。毎年見頃に合わせて紅葉まつりが開催されていて、2018年は10月7日(日)に第42回支笏湖紅葉まつりが行われます。食事が楽しめたり、イベントが行われたりと盛りだくさんなお祭りなので、ぜひ日程を合わせて行ってみてください。

詳細情報

③ 定山渓 (じょうざんけい)

3つ目に紹介するのは、「定山渓」です。温泉地として有名な場所で、紅葉の時期は特におすすめです。例年10月上旬〜10月中旬が紅葉の見頃で、街全体が火のような赤や黄に染まります。写真は二見吊り橋で、360度紅葉に囲まれる真っ赤な吊橋は絶好の写真スポットです。
紅葉の季節になると、ゴンドラや紅葉の名所を周る観光バスが運行されるので存分に紅葉が楽しめます。そして、忘れてはいけないのがここが温泉地であること。温泉に浸かりながら紅葉を眺める時間は至福のひと時です。日帰り温泉もあるので、ぜひ温泉×紅葉を贅沢に堪能してください。

詳細情報

【見頃】10月上旬~10月下旬

④ 登別(のぼりべつ)地獄谷

次に紹介するスポットは、「登別(のぼりべつ)地獄谷」です。登別は温泉地として有名で、その登別温泉の源泉が湧き出ているのが登別地獄谷です。もくもくと煙が立ち上っている様子が地獄のようなので地獄谷と呼ばれるようになりました。1周15分ほどの遊歩道があるので散策してみてください。
地獄谷は高温のため草木が生えませんが、地獄谷周辺の山の木々は綺麗な紅葉姿を見せてくれます。例年10月上旬〜10月下旬が紅葉の見頃です。たちこめる煙と美しい紅葉は他の場所ではなかなか見ることのできない組み合わせです。こんな絶景が広がる地獄はここにしかありません。

詳細情報

⑤ 美瑛(びえい)の丘

続いて紹介するのは、「美瑛(びえい)の丘」です。十勝岳のふもとにあり、CMなどに使われるほど美しい風景が広がっていることで話題になり、人気観光スポットになりました。「セブンスターの木」や「ケンとメリーの木」、「親子の木」といった有名観光スポットもここ美瑛にあります。
そんな美瑛の丘、実は紅葉の季節も美しいんです。見頃を迎えるのは例年10月上旬~10月下旬で、バックにある十勝岳が赤や黄色に染まっていきます。美瑛の丘の人気観光スポットであるパッチワークの路では黄金色のカラマツがとてもフォトジェニック。なんだか少し儚さを感じるような美しい景色に魅了されます。

詳細情報

⑥ 青い池

6つ目に紹介するのは、「青い池」です。Macの壁紙に採用されたことで一気に知名度が上がり人気が急上昇。美瑛に行った際にはぜひ行って欲しいスポットです。青い池は名前の通り、水がコバルトブルーに見えるんです。冬は積雪で立ち入り禁止になってしまうので注意が必要です。
青い池は紅葉の時期も絶景です。例年10月上旬〜10月下旬が見頃で、青い池のコバルトブルーに赤や黄色に染まった葉がよく映えます。また、日光がよく射すと水面に紅葉した木々が綺麗に写ることがあり、コバルトブルーだったはずの青い池が黄色や赤色になる姿もおすすめです。

詳細情報

【見頃】10月中旬~11月上旬

⑦ 大沼国定公園

最後に紹介するのは、「大沼国定公園」です。ここは新日本三景に選ばれた、自然あふれる絶景を堪能できる公園です。大沼には100個以上の小さな島が浮かんでいます。サイクリングやカヌーなどのアクティビティができるので、1日中いても飽きない場所です。
紅葉の見頃は、例年10月中旬〜11月上旬と北海道にしては少し遅めです。沼をカヌーやクルージングで周り、紅葉観賞をするのがおすすめです。沼と、赤や黄色に色づいた葉のコントラストに感動すること間違いなし。夜間の紅葉ライトアップクルーズが期間限定で運行するので要チェックです。

詳細情報

北海道亀田郡七飯町大沼町1023−1

3.45 13194

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

秋の景色を先取りしよう!

いかがでしたか?北海道には本州に比べて一足先に秋が訪れます。もう紅葉のシーズンがスタートしようとしています。赤や黄色に染まった美しい北海道にぜひ行ってみてください。(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する