“愛の逃避行”の旅へ!疲れた時に行きたいカップル旅行先15選【日本&アジア編】

「最近疲れが抜けない」「デートも良いけど、ゆっくりしたいなぁ」なんてことを考えている人へ! 今回のテーマは、疲れがたまっているカップルにおすすめしたい旅先。週末や三連休を使っていきたい国内旅行先、年末などの長期休暇を使っていきたいアジアの海外のリゾート地や話題の絶景スポットをご紹介していきます。大好きな人との旅行で、心もカラダもリフレッシュしませんか?

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

【日本編】

熱海 / 静岡

首都圏から30分でいけるリゾート地

静岡の「熱海」は、首都圏から新幹線で約30分と気軽にいけるリゾート地として有名です。路線バスも充実しているので車なしでも充分に観光を楽しむことができますよ。海沿いを散歩したり、美術館巡りをしたり、リフレッシュには最適なスポットです!

オーシャンビューをふたり占め

楽しみ方がたくさんある熱海ですが”愛の逃避行”の旅で外せないのは、プライベートの露天風呂で癒されることです。おすすめスポットは「時間を旅する宿 海のはな」。オーシャンビューをふたり占めして、時間を気にすることなく温泉を楽しむことができますよ!

尾道 / 広島

様々な表情を持つ情緒あふれる街

広島にある「尾道」は寺のまち、坂のまち、映画のまち、文学のまち、など様々な異名を持つことで知られ、瀬戸内海に面する、自然あふれるスポットです。街全体ののんびりとした雰囲気に癒されること間違いなし!

おやつは名物のプリンを

街全体を見渡すことのできる千光寺は、尾道に訪れるなら必須のスポット。散策してちょっと疲れたら、「おやつとやまねこ」で大人気のプリンをぜひ食べてみてください。街はコンパクトなので、観光しやすいのもおすすめポイントです!
tabelogで見る

おやつとやまねこ

広島県尾道市東御所町3-1

3.39 20188
おやつとやまねこ!シンのグルメ日記

尾道駅より徒歩3〜5分の場所にあるスイーツ店 おやつとやまねこ。 様々な味のプリンを購入できる、古民家を改装したような雰囲気のスイーツ店。店頭には少しですが、ベンチが用意されていて、その場でプリンを食べられるのが魅力です。 尾道駅から程近く、観光ついでにお土産を購入したい時にもぴったり。どのプリンも1週間程度日持ちするので、自宅用にも購入しやすいですね。 今回いただいたメニューはこちら。 ----------------------------- ◾尾道プリン 広島の牧場でとれた砂谷牛乳や、生クリームを使用しており、なめらかな食感が印象的。カラメルは無いですが、その代わり瀬戸内レモンが付いていて、すっきりとした酸味をプラスして味変を楽しめます。 ◾カフェオレプリン 尾道プリンと同じくなめらかな食感で、ほろ苦さも感じるカフェオレプリン。口の中でしっとりと溶けていきながら広がる、コーヒーの香りが素晴らしく、おすすめのメニューです! ----------------------------- 店仕舞いは17時前と少し早めなので、お昼過ぎの時間を狙って、ぜひ訪問してみてください。 ごちそう様でした! ※Instagram グルメアカウント https://www.instagram.com/shunsuke.naka/ (フォロワー1万人突破!) ※グルメブログ https://syn-gourmet.com ※総合リンク https://lit.link/syngourmet

富良野 / 北海道

花の絨毯に癒されて

「富良野(ふらの)」は新千歳空港から車で2時間30分ほどで訪れることができます。富良野市はラベンダーの産地として有名で多くのラベンダー畑があり6月下旬〜7月下旬が見頃です。中でも「ファーム富田」はカラフルな花畑がとても綺麗で人気があります。

絶叫ドライブにご注意を!

ラベンダー畑の他に、人気のスポットに「ジェットコースターの路」というものがあります。全長4kmほどの直線道路なのですが、写真のようにアップダウンがとても激しいのでこの名前がついたそうです。運転をする際には十分に気をつけてくださいね。

糸島 / 福岡

ドライブで行きたい!

福岡の「糸島」は、博多区内から車で40分ほどと比較的アクセスも良く、日帰り旅行に人気のスポットです。シンボルである「桜井二見ヶ浦」は、日本の渚百選・日本の夕日百選にも選ばれた絶景スポットなんです。

海に向かってブランコを漕ごう

糸島に来たらぜひ訪れて欲しいのが「ヤシの木ブランコ」です。海に向かってブランコを漕げば、日頃の疲れも癒されること間違いなし。周辺には、たくさんのおしゃれなカフェやレストランがあるので、海を見ながら素敵な時間を過ごしてくださいね!

与論島 / 鹿児島

美しいビーチへ

鹿児島の「与論島(よろんとう)」は、奄美諸島の最南端にある島で、まるで天国にやってきたかのような体験をすることができます。何より、白い砂浜に美しい海は、日々の喧騒を忘れさせてくれるでしょう!

幻の「百合ヶ浜」

潮の満ち引きによって出現する「百合ヶ浜」は幻のビーチ。グラスボートなど使って行くことができます。百合ヶ浜の出現予定日は、公式ホームページで発表されています。シーズンに訪れるのも良いですが、もしこの絶景を見たいなら、閑散期の秋冬シーズンもおすすめですよ。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する