• はてぶ
  • あとで
秘密基地は102号室。昭和アパートカフェ「56cafe/bar」の魅力

自分だけが知っている秘密基地みたいなカフェが欲しい。そう思ったことはありませんか?そんな夢を見るあなたにぜひおすすめしたいのが、「56cafe/bar」。今回は、そんな古くからの路地の中に佇むカフェ「56cafe/bar」をご紹介します。(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

ノスタルジック溢れる街、尾道

尾道に訪れたことはありますか。広島県の瀬戸内海に面した尾道は、その昔、商業港として発達しました。その面影を今でも残す、なんだかノスタルジックな雰囲気が漂う魅力的な街です。
様々な文学作品の舞台となったり、名だたる作家にゆかりがあることから、「文学の街」、また有名映画のロケ地となったことから「映画の街」などと、様々な異名を持つ街でもあります。千光寺など有名な寺院も多くあることから、観光スポットとしてもとても人気があるんです。
今回ご紹介するのは、そんな広島県尾道市にある「56cafe/bar」(ゴロカフェバー)。尾道駅から徒歩5分ほどの場所にあるお店。観光やおでかけの際に一息つくのはもちろんのこと、旅行の目的となるような素敵な魅力が詰まったこちらのお店をご紹介します。

昭和アパートメントの102号室

尾道駅から徒歩5分ほどのアクセス、とご紹介しましたが、到着するまでに道に迷ってしまうかもしれません。筆者もこちらのお店を目指して尾道駅から歩いて向かいましたが、お店にたどり着くのにちょっぴり苦労しました。
なぜならこちらのお店、古くからの家屋が多く並ぶ中にあるから。それは、「こんなところにお店があるの?」と思わず疑ってしまうほど、言葉の通りの「隠れ家のような」立地のお店なんです。
「三軒家アパートメント」という昭和からあるアパートの102号室を再生してカフェとして営業しているんだそう。古き良き時代の趣が残り、とっても素敵なんです。ノスタルジックな雰囲気が尾道の街並みと調和しています。
ちなみに、「三軒家アパートメント」は全部で10室ありますが、一時はその全てが空家となってしまったものの、現在はギャラリーや事務所、古物屋、古着屋などとして再生しているんだとか。こちらも情緒溢れる素敵な空間なので、ぜひ覗いてみてくださいね。
「56cafe/bar」は、アパートの玄関を入って、向かって右側。古くからのアパートの雰囲気がどことなく残っていて、ほっこり落ち着くことができます。それでいて、アンティークの家具やインテリアがとってもおしゃれでセンス抜群。
席数は、全部で8席。カウンター、ソファ、テーブル席があります。小さめでこじんまりとしたお店です。この席数だからこそのほっこり落ち着いた雰囲気が漂い、ついつい長居してしまいそう。

ここにしかない素敵なメニュー

こちらのお店でいただくことができるのは、他に例を見ることがない、なんともユニークなスイーツの数々。SNSでもひそかに話題となっているんです。その中のいくつかをご紹介していきます。

苔パフェ

まずご紹介するのは、「苔パフェ」です。お手製の抹茶アイスが美味しいパフェ。アイスの上からさらに抹茶をふりかけて、苔に見立てているんだそう。抹茶好きならぜひともいただきたい一品です。

プリンパフェ

次にご紹介するのは、「プリンパフェ」です。さつまいも味のアイスとたっぷりのフレークの上に、大きめなプリンがのっています。固めのプリンは食べ応えたっぷり。見た目のインパクトも抜群です。
スイーツ好き、カフェ好きの方の中には、特にプリンが好き!という方も多いはず。そんな方々のために、「プリン」のメニューもありますよ。固めの食感、程よい甘さの絶品プリンを堪能してみてくださいね。

オトナパフェ

こちらは、「オトナパフェ」です。アイスはコーヒー味。ビターな味わいがまさにオトナな味わいのパフェとなっています。程よい甘さの飽きがこないパフェなので、ぜひいただいてみてくださいね。

キャロットケーキ

こちらは、「キャロットケーキ」です。生地の中にはレーズンとくるみがたっぷり入っていて、食感が楽しいケーキです。間にはチーズクリームが挟み込まれています。コーヒーと一緒にいただくのがおすすめ。
ドリンクにもこだわりが詰まっています。季節のお飲み物の他、自家製のシロップを使用しているという「ジンジャーエール」、「レモンとシナモン」、「苔ミルクセーキ」などなど。お酒もいただくことができるそうですよ。
人気のメニューは売り切れてしまう場合もあるのでご注意を。メニューは季節やその日ごとに異なる場合があるので、お目当てのメニューがある際には事前に電話にて確認してから訪れるのがおすすめです。

56cafe/bar

いかがでしたか。広島県尾道市の隠れ家カフェ「56cafe/bar」をご紹介しました。ぜひこれを参考に訪れてみてくださいね。(※掲載されている情報は2018年9月記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する