• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
時代を超える浪漫旅行!福島県「会津若松」のおすすめスポット7選

休日には、日常を離れ家族や恋人、友達と過ごす旅行は良いものですよね?そんな中、時代すらも飛び越えた気分になれる旅行があるとしたら素敵だと思いませんか?そこで今回おすすめしたいのは日本の歴史が根付く土地、福島県の会津若松市、古くから続く伝統や当時の様子をそのまま再現した建物など見どころが盛りだくさん、一人旅でも外さない、思わず時間旅行した気分になれるおすすめスポットを7選形式でご紹介いたします。(なお情報は2018年9月掲載当時のものです、詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめいたします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①五色沼湖沼群(ごしきぬまこぬまぐん) / 猪苗代駅よりバス約30分

K--i.i
まず初めにご紹介するのは“五色沼湖沼群(ごしきぬまこぬまぐん)”です。会津地方を見守るようにそびえ立つ「会津富士」の呼び名でも知られる「会津磐梯山」その北側にあって「裏磐梯」と呼ばれる地域にこの湖沼群はあります。季節などで多少変化はありますが、大小30近い湖沼が赤、青、緑とそれぞれ様々な色彩に彩られる姿はまさに絶景です。
K--i.i
鮮やかな湖沼群を眺めながら五色沼自然探勝路(ごしきぬましぜんたんしょうろ)を歩くついでにぜひ立ち寄っていただきたいのが「遠藤現夢(えんどうげんむ)の墓」です。探勝路出口近くにあるこの場所は、人の往来が少なくほとんど獣道になっているところを抜けた先にあり、「裏磐梯緑化の父」と呼ばれる遠藤氏の功績を称えた石碑とお墓が残る神秘的な空間が広がる場所になっています。

詳細情報

  • 福島県耶麻郡北塩原村桧原 五色沼湖沼群

②会津若松城 / 市内周遊バス鶴ヶ城入口より徒歩約5分

2つ目にご紹介するのは会津若松のまさにランドマーク的存在“若松城”です。地元の人を中心に「鶴ヶ城」の名前で知られているこちらのお城、市内のどこからでも天守閣を望むことができます。音楽の教科書でも有名な「荒城の月」の歌詞に出てくる「荒城」のモデルとしても知られていて、本丸の月見櫓近くには記念碑が建てられています。
お城のある敷地以内はほとんどが無料で入ることができ、公園としても利用されています。また、鶴ヶ城のある鶴ヶ城公園は「日本さくら名所100選」にも指定され、春にはきれいな桜を、秋には美しい紅葉を楽しむことができます。さらに、夜になるとお城全体がライトアップされ、昼間とは違った景観を楽しむことができます。

詳細情報

  • 福島県会津若松市追手町1-1
  • 0242-27-4005

③元祖輪箱飯 田季野(たきの) / 七日町( なぬかまち)駅より徒歩約18分

旅と言えばやはり気になるのがご当地ならではの食事、そこでご紹介するのは元祖「わっぱ飯」のお店“元祖輪箱飯 田季野”さんです。「輪箱飯(わっぱ飯)」とは、福島をはじめ新潟等の東北地方で見られる郷土料理の一つで、もともとは山で働く人や旅人がお弁当箱として活用していた「曲げわっぱ」と呼ばれる薄くした杉や桧を曲げて円筒状にした容器に、お米と様々な食材を入れ蒸しあげたものです。
photo by K--i.i
こちらのお店は下野街道にあった宿場を移築復元した建物で、時代を感じる内装になっています。おすすめは五種類の食材を入れた輪箱飯と、こちらも会津を代表するグルメ、会津地そばをお箸を使わずネギで食べる「ねぎそば」のセット「会津物語」や、他にも会津のグルメ「小露(こづゆ)」や「けっとばし」と呼ばれる馬肉の料理など会津グルメが盛りだくさん、季節にもよりますが輪箱飯などはお土産でも売っています。

詳細情報

  • 福島県会津若松市栄町5-31
  • 0242250808

④ 会津さざえ堂 / 市内周遊バス飯盛山下駅より徒歩約5分

4つ目にご紹介するのは“円通三匝堂(会津さざえ堂)”です。会津若松と言えば白虎隊が有名ですが、その白虎隊自刃の地として知られる「飯盛山」にあるのがこの御堂、なんと言っても目を引くのはその外観、渦を巻いているように見える様はまさにサザエを連想させます。
K--i.i
建物内部が二重らせん構造のスロープになっていて、スロープに沿って建物を進んでいくだけで三十三観音参りができるなんとも画期的なこのお堂は、当時飯盛山にあった正宗寺(しょうそうじ)の住職「郁堂(いくどう)」の考案した建物だそうです。現在は観音像は取り外され、「皇朝二十四孝(こうちょうにじゅうしこう)」と呼ばれる、第八代会津藩主松平容敬(かたたか)公の変遷した会津藩の道徳の基盤、の絵額が掲げられています。

詳細情報

  • 福島県会津若松市一箕町八幡滝沢155
  • 0242-22-3163

⑤会津藩主松平家墓所 / 市内周遊バス院内下車より徒歩約5分

photo by K--i.i

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する