• はてぶ
  • あとで
お得なパスをフルに使って楽しむオスロ!おすすめ観光スポット7選

早朝から深夜まで運行しているトラムを始め、バスや地下鉄が市内全域をカバーしているノルウェー・オスロ。オスロ観光の際は、最長72時間の公共交通機関乗り放題や人気のレストラン、観光スポットでの割引などが受けられるオスロパスの購入がおススメ。今回はそんなオスロパスを利用して回りたいオスロの人気観光スポットをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①国立オペラ&バレエ劇場

オスロ中央駅から歩いて4分ほどのウォーターフロントに立つ国立オペラ&バレエ劇場。建物内の装飾はほとんどがヴァイキングが船の建造に使用していたことでも知られるオーク材でできています。中でもメインホールはまるで馬の蹄鉄のようなユニークな形をしており、絶好の撮影スポットともなっています。
劇場ではオスロパスを提示すると割引料金で、建物内外のガイドツアーに参加できます。国立オペラ&バレエ劇場は屋上に登れる設計になっており、そこからのウォータフロント地区や遠くフィヨルドの眺望は抜群。さらにパスの提示で併設のギフトショップでも割引優待が受けられるので、お土産の購入にも便利です。

詳細情報

Kirsten Flagstads Plass 1

写真を投稿する
- 00

②アーケシュフース城

オスロ中央駅からトラムと徒歩で約15分ほどのアーケシュフース城。1299年に築城、その後火事で消失していた城は1600年代に入って再建されました。再建後は当初の防衛の為という役割よりはルネッサンス様式の美しい宮殿としての役目に重点が置かれ、現在は公式行事の開催の場などとして使われています。
王宮が公開されていない夏以外にオスロを訪れた時にも、アーケシュフース城で伝統の衛兵の様子を見学することもできます。さらに高台にある城からの眼前のフィヨルドの眺めも抜群です。1年中公開されており、春の新緑の頃や秋の紅葉のシーズンなども一際美しい姿を見せてくれます。

詳細情報

Akershus Festning, 0150 Oslo

写真を投稿する
3.03 05

③オスロ大聖堂

オスロ中央駅から歩いて6分ほどの場所にある、オスロ大聖堂。美しいステンドグラスやフレスコ画などでも知られるオスロ大聖堂は、ノルウェー王室や政府閣僚の結婚式や葬儀にも使用されるノルウェーを代表する教会です。1950年代の大改修により、今も創建当時のままの荘厳なバロック様式の装飾の数々を見学できます。
オスロ大聖堂の裏手にあるバザールホールと呼ばれる建物は、1800年代半ばに肉屋街として建てられました。現在ではアート作品や北欧クラフト雑貨などを扱うお店や、カフェ、レストランなどの入った複合施設としてリノベーションされているので、街歩きの途中に立ち寄ってみるのにおススメです。

詳細情報

Karl Johans gate 11, 0154 Oslo, Norway

3.00 01

④アーケル・ブリッゲ地区

オスロ中央駅からトラム利用で約10分の場所にあるアーケル・ブリッゲ地区。港の倉庫街の再開発に伴い、リノベーションされたおしゃれなカフェやレストラン、ショップなどが集まる人気のスポットです。この地区にあるレストランの中にはオスロパス利用で割引優待が受けられるお店もあります。
ショップ巡りの後は、港に面した遊歩道でゆったりするのもおススメ。特にフィヨルドやヨットマリーナが赤く染まる夕景は必見の美しさです。さらに港沿いに歩いて5分ほどのアストルップ・ファーンリ現代美術館は、オスロパスで入場無料。関西国際空港ビルや銀座メゾンエルメスの設計を手がけた建築家レンゾ・ピアノによる建物も見どころです。

詳細情報

Bryggegata 9, 0250 Oslo, Norway

写真を投稿する
- 00

⑤オスロ市庁舎

オスロ中央駅からトラム利用と歩きで約10分のオスロ市庁舎。1950年に建設された文字通りオスロ市行政の中枢を担う施設です。庁舎内には数多くのノルウェー出身の芸術家の作品が展示されており、中でも「叫び」で有名なムンクの作品が飾られたムンクルームは人気の的となっています。
毎年12月10日に開かれるノーベル平和賞の授与式の会場でもあるオスロ市庁舎。すぐ近くには関連のノーベル平和センターもあり、こちらもオスロパスで入場料無料。また、平和センターのギフトショップは歴代受賞者にちなんだ本やノーベル賞のメダルを模したチョコレートなどを販売しているので、お土産にもおすすめです。

詳細情報

⑥ノルウェー民族博物館

オスロ中央駅からトラム利用で約20分のノルウェー民族博物館は、オスロパスの入場料無料対象施設です。世界でも有数の規模と歴史を誇る屋外展示型の博物館には、ノルウェー各地から集められた155もの伝統家屋があります。中でも一際目を惹くのは1200年に建築され、1881年に移築されたという木造教会です。
さらに屋内でもノルウェー伝統工芸や民族衣装、当時の生活様式が分かる民芸品などが数多く展示されています。また敷地内のスタッフは皆四季折々の気候に合わせた伝統衣装を身にまとっていて、観光客の目を楽しませてくれます。夏の野外コンサートや12月の各日曜に開催されるクリスマス市も人気です。

詳細情報

Museumsveien 10, 0287 Oslo, Norway

写真を投稿する
3.00 00

⑦フラム号博物館

オスロ中央駅からトラム利用で約25分の場所にあるフラム号博物館。展示されているフラム号は南極と北極の両方を探検した歴史上最強と言われる木造船です。この博物館では、実際に船の甲板に立ち、どのようにして船員たちが極限の環境に耐えたのか想像をめぐらせながら見学することができる上に、日本語表示での説明があるのも嬉しいポイントです。
また、フラム号博物館では北極の寒さや環境を疑似体験できるシミュレーターなどの施設もあります。オスロパスがあれば、フラム号博物館の入場料も無料。さらに3月から10月までは、オスロ市庁舎第3桟橋から博物館までのフェリーが約30分おきに航行しているので、そちらの利用もおススメ。フェリー料金もオスロパスで無料です。

詳細情報

写真を投稿する
3.05 00

お得で便利なオスロパスで街を遊び尽くそう

公共交通機関利用のたびにわずらわしい小銭の用意をしなくて済むほか、色々なメリットが満載のオスロパス。ノルウェー・オスロの主要観光スポットのほとんどを網羅しているオスロパスをフルに利用して、魅力あふれるオスロの街をより深く、より便利に遊び尽くしてみて下さい。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する