• はてぶ
  • あとで
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州で訪れたい観光スポット7選

イタリア北東部に位置するフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州。イタリアの主要観光地と比べるとあまり馴染みのないエリアですが、実は州内には港町から世界遺産都市、山岳地帯まで多種多様な景色を味うことができるスポットがたくさんあるんです。また国境を接するオーストリアやスロヴェニアなど他国の文化が入り混じるマルチカルチュアルな州でもあり、イタリアの王道観光地とは一味違った雰囲気を楽しむこともできます。今回はそんなフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州で絶対に訪れるべきお勧めエリアを7つご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

① トリエステ (Trieste)

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州を観光する際に絶対外せないのが、州都であるトリエステです。アドリア海に面し、東ヨーロッパとの国境の町として有名です。オーストリアのハプスブルク家など多くの民族支配・国家支配を受けた歴史があるトリエステですが、町並みもどこか異国情緒溢れ、歴史を感じさせる美しい建造物が多くあります。中心部の観光スポットは全て徒歩圏内で行くことができるのでまさに観光にはもってこいの穴場スポットです!

カナル・グランデ (Canal Grande)

そんなトリエステのトレードマークがカナルグランデ(Canal Grande)と呼ばれる運河です。カナルグランデといえばベネツィアが有名ですが、トリエステの運河も負けていません。特に日が沈むと周囲がライトアップされるので光が水面に映えとても綺麗です。運河沿いをお散歩してみるのもいいかもしれませんね。

イタリア統一広場 (Piazza unità d'Italia)

トリエステの中心に位置するイタリア統一広場は昼夜問わず人々で賑わい活気に溢れています。マーケットや音楽イベント等も頻繁に催されており、トリエステの人々の生活には欠かせない憩いの場となっています。目を見張る豪華な建築物が広場の三方を囲み、残る一方からは綺麗なトリエステ湾を一望することができます。広場には老舗のカフェテリアなどもあるので一息つくにはぴったりの場所です。実はトリエステはエスプレッソの本場として有名で、世界各国に展開するエスプレッソブランドillyもここトリエステに本社を構えています。毎年10月には「トリエステ・エスプレッソ」というエスプレッソコーヒー産業の国際見本市が開催され、一部のカフェテリアでは一般客でも参加できる催し物もあるようです。まさにコーヒー好きにはたまらない町ですね。海を眺めながら本場のエスプレッソを飲んで旅の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

サン・ジュスト大聖堂 (Cattedrale di San Giusto) とサン・ジュスト城(Castello di San Giusto)

またサンジュストの丘の上にあるサン・ジュスト大聖堂も必見です。イタリア統一広場から徒歩15分ほどの場所にあります。基礎となった建物はローマ時代に建てられたもので、その後5-14世紀という長い歳月をかけてロマネスク様式の2つの教会が合体し現在のサン・ジュスト大聖堂となりました。時代の異なる歴史的建築物が一箇所に共存している様子はとても見応えがあります。また側廊や床にあるモザイク画やフレスコ画は世界的にも有名ですので是非チェックしてみてください。大聖堂を見学した後は隣接しているサン・ジュスト城も訪れてみましょう。城の頂上からはトリエステの街と海を360°見渡せる絶景スポットがありとってもオススメですよ!

詳細情報

3.01 09

Piazza Unità d'Italia, Trieste TS, Italy

写真を投稿する
3.06 01

Piazza della Cattedrale, 2, Trieste TS, Italy

写真を投稿する
3.08 01

② グロッタジガンテ (Grotta Gigante) / トリエステ郊外

トリエステに行くのならグロッタジガンテという地下洞窟も必見です。トリエステ中心部からはバスで40分ほどで行くことができます。「グロッタジガンテ」を日本語に直訳すると「巨人洞窟」。なんとその大きさは、高さ98.50m・幅76.3m・長さ167.6mもあるのだとか。旅行者が入れる洞窟としては世界最大のものとしてギネスブックにも登録されているほどで、連日旅行者で賑わう人気観光地となっています。有料のガイド付きツアーで500段の階段を上り下りしながら一時間かけて洞窟内を探索していきます。
洞窟内は美しい鍾乳洞がたくさんありとっても幻想的。。。洞窟内部は一年を通じて11°と肌寒くまた足元も滑りやすいので上着と運動靴を持って行くことをオススメします。またトリエステからグロッタジガンテ行のバスや洞窟内のツアーの時間は時期によって異なるので事前にHPをチェックして時間を調べてから行くと良いでしょう。自然が作り出した絶景を見に是非足を運んでみてください!

詳細情報

Localita Borgo Grotta Gigante 42/A, フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア, Italy

写真を投稿する
3.08 02

③ ミラマーレ城 (Castello di Miramare) / トリエステ近郊

続いてご紹介するのがミラマーレ城。こちらもまたトリエステ郊外にある有名観光スポットです。1856年〜1860年にオーストリア大公フェルディナント=マクシミリアンと彼の妻シャルロッテによって建造されました。しかしこの城が建設された4年後、メキシコ皇帝となったマクシミリアン大公は妻と共にメキシコに移ります。そして統治に失敗したことから処刑され、若くしてこの世を去ることとなるのです。妻シャルロットはミラマーレ城に戻りますが彼の死を受け入れられず、精神を病んだまま1927年に故郷ベルギーで亡くなりました。老後の隠居生活のために建てられた豪華な城館でしたが、夫妻が一緒に住んだのはわずか数年ということになります。なんだか悲しいですね。
さて、そんな暗い歴史のあるミラマーレ城ですが見所はたくさんあります。特にアドリア海沿いの崖に建つこの城からみる景色は圧巻です。真っ白な城館と青い海のコントラストがまた素敵ですよね。城内部には船室をモデルにした部屋があったり、内装にパイナップルの紋章が施されていたりと、とてもユニーク。日本式や中国式の調度品も多くあるのだとか。また城内の見学は有料ですが、城周辺の庭園は無料で散策することができます。珍しい植物や鳥を見て貴族気分を味わってみるのもいいですね。

詳細情報

Viale Miramare, フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア, Italy

3.08 02

④ アクイレイアの遺跡地域 / アクアレイア (Aquileia)

続いて紹介するのがトリエステから西へ45km、古き町アクイレイアにある「アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ」です。実はこの町アクイレイアはかつて古代ローマ帝国の重要拠点で、中世初期までイタリア北東部の中心都市として重要な役割を果たしていました。そんな当時の遺跡である「アクイレイアの遺跡地域と総大司教座聖堂のバシリカ」はユネスコ世界遺産にも登録されています。現在、古代ローマ時代の建造物は一つも残っていませんが、これまでに街路や市壁、さらには2000点以上の碑文、像、遺物、貨幣などが発掘されています。古代都市にタイムスリップしたかのような気分を味うことができるオススメのスポットです。
また遺跡地域に来たら絶対訪れたいのがアクイレイア大聖堂です。中でもバシリカにある床全面に広がるモザイク模様の敷石は必見です。他にも洗礼堂や地下聖堂などがあり、キリスト教文化の歴史を感じることができます。鐘楼に登れば周辺の遺跡を上から見ることもできるので是非チェックしてみてください。

詳細情報

Archaeological Area and the Patriarchal Basilica of Aquileia

写真を投稿する
3.00 02

⑤ 悪魔の橋 (Ponte Del Diavolo) / チヴィダーレ・デル・フリウーリ (Cividale del Friuli)

チヴィダーレ・デル・フリウーリの町の象徴である「悪魔の橋」は15世紀中頃にナティゾーネ川の巨大な岩の上に柱を立てて建設されました。橋の名前の由来にはある面白い伝説が。2つの町を隔てるナティゾーネ川に頑丈な石橋を作ろうとしていた住民たちは、工事が想像以上に難航していることに困っていました。そこで彼らはある日、悪魔と契約し「この橋を一番最初に通るものの魂を貰う」ことを条件に橋を作ってもらいます。橋は一夜にして立派に完成し、怖くなった住民たちはその場に偶然いたネコを橋に放り投げました。するとそのネコは消えて無くなっていったそうです。。。
そんな悪魔の橋ですが、最近はインスタ映えスポットとして人気を博しています。橋の上から見るナチゾネ川もエメラルド色に輝いてとっても綺麗。またチヴィダーレ・デル・フリウーリの町全体もユネスコ世界遺産に登録されているので散策してみることをオススメします。この地方に来たら食べておきたい定番の郷土菓子、グバーナ(Gubana)とストゥルッキ(Strucchi)も試してみてください。町のパン屋さんやスーパーなどで袋詰めで売られていて、値段も2€前後とリーズナブルなのでオススメですよ!

詳細情報

Corso Paolino d'Aquileia, 19, 33043 Cividale del Friuli UD, Italy

写真を投稿する
3.00 02

⑥ ゴリツィア城 (Castello di Gorizia) / ゴリツィア (Gorizia)

ゴリツィアはハプスブルグ家・オーストリア・イタリア・ドイツなど何度も国の主権が変わった歴史をもつ地域で、スロベニアと国境を接している地域でもあります。そのため街の看板にはイタリア語とスロヴェニア語が併記されていることも珍しくありません。ゴリツィアのランドマークであるゴリツィア城は中世に建てられた歴史ある建物で、城が建つ丘からはゴリツィアの町やお隣の国スロベニアの景色を見渡すことができます。城内には博物館も併設されており、中世の歴史について深く知ることもできますよ。
またゴリツィア城を見学した後は、坂道を降って旧市街 (Centro storico) をぶらぶらしてみるのもオススメです。お酒が好きな方はゴリツィア周辺で生産されたコッリョ・ゴリツィアーノ(Collio Goriziano)というワインを是非試してみてください。ゴリツィアの食文化は占領された歴史や国境の町であることからスロベニアやオーストリアの影響を強く受けています。地元のレストランでここでしか食べれない料理をトライしてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

34170, 36, Localita, Borgo Castello, 34170 Gorizia GO, Italy

写真を投稿する
3.00 01

⑦ カレッツァ湖 (Lago di Carezza) / ドロミーティ (Dolomiti)

ドロミーティとは、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州を含むイタリア北東部の3州にまたがる広大な山岳地帯です。その広さはなんと富士山10個分!湖、山、峠など数々の絶景スポットがあり、ヨーロッパでは大人気の景勝地です。日本では「ドロミテ」の呼称で親しまれています。トレッキングコースは初級者用から上級者用まで多種多様。体力に自信のない方でも楽しむことができます。中でもオススメなのがドロミーティを代表する湖の1つ、カレッツァ湖。名峰ラテマール山群が湖面に映えエメラルドグリーンに輝く様子は「ドロミテの宝石」と呼ばれるほど綺麗です。
湖を一周する30分のハイキングコースがあるので歩きながら大自然の絶景を楽しむことができますよ。カレッツァ湖へはボルツァーノ発のバスで約45分。是非ドロミテの絶景で心も体もリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

ボルツァーノノーヴァ・レヴァンテカレッツァ湖

- 016

いかがでしたか?

いかがでしたか?今回はイタリア北東部フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州で訪れたい観光スポット7選をご紹介しました。港町から古代都市、大自然を満喫できるスポットまで様々な経験ができるエリアですのでイタリアを観光する際には是非参考にして見てください!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する