• はてぶ
  • あとで
読書の秋だからこそカフェに!読書がより楽しくなる東京都内のブックカフェ11選

秋といえば読書!読書をもっと楽しみたいという方必見の東京都内のブックカフェをご紹介します。カフェそれぞれの雰囲気が読書をより楽しませる空間となっていますので、あなたの読書時間をより充実させたものにしてくれるでしょう。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. アール座読書館 / 高円寺

まず最初にご紹介するのは、高円寺にある「アール座読書館」です。読書が静かにできるスポットとしては定番になっているこちらのカフェ。「私語厳禁」というルールのもと、いつも東京とは思えないほど静かな空気が流れています。
落ち着いて読書をしたり、ちょっと考え事をしたり、自分だけの特別な時間を過ごすのにぴったりです。お店の中には緑がたくさんあり、まるで森の中にいるかのような気分。一人でも楽しめるコンテンツがたくさんあるので、あなたもこのカフェの虜になること間違いなしです!

詳細情報

2. Paper Back Cafe / 神保町

続いてご紹介するのは、本の街・神保町にある「Paper Back Cafe(ペーパーバックカフェ)」です。3階建ての「東京堂書店」にあり、本屋に併設されたブックカフェの中ではかなり広々としています。もちろん本屋で売っている本を読むことができ、その種類の多さは他のブックカフェと比べ物になりません。
こちらのカフェメニューは、比較的リーズナブルでお財布にも優しいんです。軽食やスイーツも揃っていて、一人でゆっくり読書をするにもカップルや友達同士で行くにもぴったりのお店。電源もあるので、パソコン作業などにも適しています。

詳細情報

東京都千代田区神田神保町1-17 東京堂書店1

3.07 04

3. ROUTE BOOKS / 稲荷町

続いてご紹介するのは、稲荷町にある「ROUTE BOOKS(ルート ブックス)」です。たくさんの緑に囲まれたこちらのお店には柔らかな日差しが差し込みとっても開放的。日頃のストレスから解放されてゆったりとした読書タイムを過ごすことができます。
こちらのお店に置いてあるインテリアも、廃材を再利用したものなどが多くこだわりが詰まっています。豊かな雰囲気の中で、数々のジャンルの本を読んだり販売されている雑貨を見て楽しむことが可能。ぜひ一度足を運んで見てくださいね!

詳細情報

4. fuzkue / 初台

続いては、初台にある「fuzkue(フズクエ)」をご紹介します。「心地の良い静けさ」の場所として、会話は一切禁止、思う存分読書を楽しむことができるスポット。また、お食事やアルコールも提供してくれるため、おもいおもいの時間を過ごすことができるんです。
食事やドリンクは、メニュー全てにこだわりが詰まっています。種子島の原糖を使ったショートブレッドや、カルピスバターを使用したベイクドチーズケーキなど、コーヒーと一緒に楽しめる魅力的なものばかり。自分だけの特別な読書タイムが過ごせそうですね。

詳細情報

東京都渋谷区初台1-38-10二名ビル2階

3.93 434

5. fumikura / 桜台

続いては、練馬区・桜台にある「fumikura(フミクラ)」をご紹介。「大人のための図鑑図書館」をコンセプトに、図鑑や写真集を中心とした本が約1500冊揃っています。一人でゆったりと読書を楽しめそうなカウンター席などがあり、月に一回プラネタリウムも開催されています。
アルコールのメニューも大変充実。1日を通して種類豊富な果実酒を楽しむことができるんです。なんと梅酒だけでも10種類ほど用意されているんだとか。「読書ができる」という静かな空間で飲むお酒は、普段よりもじっくりと味わうことができ、また新たな発見がありそうですね。

詳細情報

東京都練馬区桜台1-4桜台1-4-7仙川ビル1階

3.03 03

6. BUNDAN COFFEE & BEER / 駒場東大前

駒場公園にある日本近代文学館内のカフェ「BUNDAN(ブンダン) COFFEE & BEER」ではお食事をしながら店内にある本を読むことができます。店内にある書籍は約2万冊あり、現代に残る歴史ある名作から現行のものまで様々な文学を楽しめます。
公園の緑が楽しめるテラス席もあり、開放的な雰囲気で読書を楽しむことができます。ちなみにこのお店でいただけるコーヒーメニューは、日本を代表する近代文豪らの名前が冠されているんです。なんだかとっても粋ですよね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

lanlanlande渋谷在住20年生粋のシティボーイ。衣食住の衣にお金かけすぎ。

このまとめ記事に関して報告する