• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
日帰り旅行じゃもったいない!スペイン・古都アラゴンの美しい観光地7選

ヨーロッパ旅行の中でも人気な目的地スペイン。マドリッドやバルセロナなどといった定番地もまわるのもいいけど、みんなとは一味違うスペイン旅行をするならアラゴンを観光してみよう。スペインの北部に位置するアラゴン州は昔アラゴン王国としてスペイン建国に大役を果たした地域。そんなアラゴンには大自然と歴史がぎゅっと詰まっており、自然を利用したアクティビティやイスラム教由来の芸術を堪能できます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

①アラゴン州のムデハル様式建造物/テルエル・サラゴサ

アラゴンには「アラゴン州のムデハル様式建造物」と呼ばれる、計10個の建造物が一つの世界遺産として登録されています。アラゴンは8世紀初期からイスラム教徒の支配下に置かれたため、その後キリスト教徒がアラゴン王国を統治したあとも、たくさんのイスラム教徒がその地に残り独自の文化を築いていきました。キリスト教徒とイスラム教徒の文化と芸術が融合したものこそが「ムデハル様式」。ムデハル様式の特徴は幾何学模様を使った装飾で、同じ時代に作られたスペインの建造物よりも装飾性が高いものになっています。
この10個の建造物は、アラゴンのテルエルというところに4つ、州都のサラゴサに3つ、そしてカラタユー・セルベラ・トベドにそれぞれあります。すべて周るのは大変かもしれないので、まずは3、4個まとまって見れるテルエルとサラゴサに出向かうのがおすすめです!テルエルにはサンタ・マリア・デ・メディアビーリャ大聖堂、サン・ペドロ教会、サン・マルティン教会、エル・サルバドル教会の塔があり、サラゴサにはアルハフェリア宮殿、サン・サルバドール大聖堂、サン・パブロ教会の塔があります。サラゴサからテルエルまでは電車で3時間弱。世界遺産巡りのツアーをご自身で計画してみるのも楽しそうですね!

詳細情報

  • Calle de los Diputados, s/n, 50003 Zaragoza, Spain
  • 34 976289683

②聖母ピラール教会/サラゴサ

アラゴンのサラゴサにあるこちらの教会は、スペインの守護者でもある聖母マリア様を奉っていることで有名。聖母マリア様が12使徒のひとりであるヤコブの前に現れ、信仰の基礎となったピラールを渡したという逸話から始まった教会なのです。高さ130メートル、幅67メートルもある大規模な建造物とのコントラストで内部の装飾は細かなものばかり。ムデハル様式の工芸品やゴヤによる絵画、守護聖人像なども置かれていて、宗教芸術に興味がある方には大変貴重なスポットとなっています。
聖母ピラール教会の前にはピラール広場がひろがり、教会のほかに市庁舎やサン・サルバドール大聖堂などの名所を一望することもできます。そしてこの広場では、毎年10月にピラール祭りが開催され、聖母ピラールの日である10月12日には献花式が行われます。聖母マリア様が安置された祭壇に、民族衣装を着た数万人もの人々が花を手向ける光景はカラフルでとても美しいので、参加できるチャンスがあれば行ってみてください!

詳細情報

  • Plaza del Pilar s/n, 50003 Zaragoza
  • +34976397497

③ゴヤの生家・版画美術館/フエンデトドス

フランシスコ・デ・ゴヤはスペインを代表する画家のひとり。皆さんも、無差別に市民が処刑される大量虐殺を描いた「マドリード、1808年5月3日」や「裸のマハ」といったゴヤの代表作をご存知では?そんなゴヤはアラゴン州の小さな村フエンデトドスに生まれ、今でもゴヤが生まれた家を見に行くことができるのです。サラゴサから車でわずか10分ほどのところにあるフエンデトドスに着くと、そこにあるのが小さな町とゴヤの生家。
見た目がとても質素なゴヤの家は、傍から見てもふつうのおうち。いざ足を踏み込むと、そこには当時の家具などが残されており、ゴヤの生活風景を思い浮かべることができます。そして生家からすぐのところにあるゴヤの版画美術館で、彼の版画作品の「La Tauromaquia」「Los Desastres」など約100点の作品を観ることも楽しみの一つなのです!生家の隣にはレストランもあるので、見学を終えたら食事をして一休みするのもいいですね。月曜日は休館日で生家も美術館も見れなくなるので気を付けてください。

詳細情報

  • Calle Zuloaga 3 50142 Fuendetodos, サラゴサ
  • 34 976143801

④ピエドラ修道院/サラゴサ

ピエドラ修道院は1194年にカトリック教の普及を目的に建設されました。しかしこの修道院はただの修道院ではありません!自然公園が隣接しているため、修道院の見学をすると共に美しい数々の滝や湖をトレッキングで楽しめるのです。見どころは「鏡の湖」と「虹の滝」。洞窟などもあるこの自然公園は約3時間かけて満喫ができますので、マイナスイオンを感じながら大自然を堪能してみては?
また、ピエドラ修道院の一部がホテルに改築されています。ホテルの宿泊客は自然公園の入場が無料になるほか、修道院に泊まる経験はなかなかないのでホテル利用をしてみることもおすすめします!修道院には自然公園以外にも、ワイン・ミュージアムとチョコレート・ミュージアムといったアクティビティもありますよ。

詳細情報

  • Calle Afueras, s/n, 50210 Nuévalos, Zaragoza, Spain

⑤テルエルの街/テルエル

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する