• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界の美が集う憧れの場所。パリのルーブル美術館でしたい5つのこと

みなさんはあの有名な「ルーブル美術館」をご存知でしょうか。フランス・パリを訪れる際に絶対に外さない観光名所。世界中の美術品が集まる世界最大級の美術館で、毎日のように観光客で賑わっています。そんな「ルーブル美術館」とはどんな場所なのかと5つの楽しみ方を、世界の名だたる美術館を巡り歩いた筆者がご紹介します。(掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

「ルーブル美術館」とは?

「ルーブル美術館」はフランスのパリのセーヌ川のほとりに建つ国立美術館で、世界中の美術品35,000点近くが展示されています。もともとフランス王フィリップ2世が12世紀に建設したルーブル城だったこともあり、世界最大級の美術館であるとともに世界最大級の史跡のひとつです。現在では世界で最も来館者数の多い美術館として、パリを代表する観光スポットとなっています。名画「モナリザ」をはじめ、紀元前から中世までの名だたる芸術作品を鑑賞することができます。

5つの楽しみ方をご紹介!

⑴世界一の微笑みを目に焼きつける

by conamore
ルーブル美術館にきたらやはり”世界一の微笑み”を見ずには帰れませんよね。それがイタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いたとされる作品「モナリザ」。世界で一番有名な絵画とも言えるため、館内にある「モナリザ」の前は多くの人で大変混雑しています。作品の目の前に行くためには少し待たないといけませんが、ルーブル美術館にきたら意地でも外せない作品です。
by conamore
他にも、ルーブル美術館には世界の名だたる作品が展示されています。不完全ゆえの魅力をもつ「ミロのビーナス」、エジプト文明の象徴「タニスの大スフィンクス」、ギリシャ彫刻「サモトラケのニケ」などの作品は必見です。またベルサイユ宮殿やオペラ座にも負けない、中世の壮麗な室内装飾を見ることができる「ナポレオン3世の居室」もおすすめです。

⑵オーディオガイドの力を借りて、アートに目覚める

世界の宗教、文化、芸術、歴史の集大成が描かれている絵画は、少し理解するのが難しいところがありますよね。また、作品がありすぎてどこから見て回ればいいかわからないと考える方も多いのでは。そんな時にはオーディオガイドをぜひ頼ってみてください。任天堂の3DSを用いたもので、有料で貸し出しをしています。美術品の詳細やルーブル美術館の必見作品、館内のマップや現在位置もみれるのでとても便利です。
気に入った作品を見つけたら、オーディオガイドを手にとってその作品に込められた芸術家の思いや歴史を学んでみてくださいね。それを通して好きな作品や芸術家ができたりすると、美術館見学をより一層楽しむことができます。また既に美術品に通な方は、解説員つきのテーマ別見学コースを利用して見るのもいいかもしれません。新しい発見に出会えるはずです。

⑶ルーブル美術館のベストショットをカメラに納める

ルーブル美術館の魅力は館内の作品だけではありません。ルーブル美術館の外に出ると、その美しすぎる外観を記念に撮影しようとする観光客で賑わっています。特にミステリアスなガラスのピラミッドは印象的。アメリカの建築家「イオ・ミン・ペイ」がデザインしたもので、今ではパリのシンボルの1つとなっています。
このガラスのピラミッドの地下には、逆ピラミッドがあります。ルーブル美術館の地下はショッピングモールとなっているので立ち寄った際にぜひ見てみてください。また夜にライトアップされた様子も見ものです。美術館で磨きあげた感性で最高の一枚をとってみてください♪

⑷壮大な芸術作品を目の前に、優雅なひとときに酔いしれる

美術館を歩き回ったら、ルーブル美術館のカフェで一息つきましょう。館内にはいくつかカフェがありますが、オススメは「カフェ・マルリー」です。美術館の中庭に面したカフェで、テラス席ではナポレオン広場とピラミッドを一望できます。
年中無休で朝8時から深夜2時までオープンしているので、観光客の強い味方です。朝からパリの定番朝食スタイルで、パリジェンヌを気取るのもよし。夜のエレガントな雰囲気と独創的なディナーで贅沢なひとときを楽しむのもよし。ぜひ、ここでしか味わえない雰囲気を楽しんでみてくださいね。

詳細情報

  • 93 Rue de Rivoli, 75001 Paris, France
  • +33 1 49 26 06 60

⑸周辺にあるチュイルリー公園を散策してみる

ルーブル美術館を訪れたら周辺にあるパリ市内最古の庭園「チィルリー公園」を訪れてみましょう。もともとはこの場所にあったチュイルリー宮殿の庭園だったこともあり、フランスの典型的な庭園の美しさ表しています。今では都会の喧騒を忘れさせる場所として地元の人や観光客のオアシスとなっています。公園内にはベンチもあるので、美術館で歩き疲れた足を休めることもできますよ♪

詳細情報

  • フランス 〒75001 Paris, Rue de Rivoli, France
  • 電話番号を追加する

いかがでしたか?

いかがでしたか?「ルーブル美術館」がどんな場所か、そして楽しみ方5つをご紹介しました。「ルーブル美術館」には魅力と見所がたくさんあり、パリに訪れたら外せない観光スポットです。この記事を読んで楽しみ方をマスターして、パリを訪れた際にはぜひ足を運んでみて下さいね。

詳細情報

  • deRivoli,75001Paris,France, Musée du Louvre
  • +33140205050

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

conamore世界25カ国旅してきました!ヨーロッパが得意です。

このまとめ記事に関して報告する