• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
スイス人もおすすめ!中世の街並みスイスの首都「ベルン」の観光スポット7選

スイスの首都ベルンの街並みは、美しさの塊!特に旧市街はその美しさからユネスコの世界文化遺産にも登録されているほどです。その古き良き街並みを残している一方、近代的な都市機能も併せ持っており、スイス人たちにも大人気の観光スポットです。スイス人の友達も「絶対行くべき!」と言うほどいいところたっぷりですが、今回はその中でも厳選した7つの観光スポットをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

①旧市街アーケード

1983年に旧市街が「ベルン旧市街」の名でユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録されています。時計塔を見学し終えたら、約6キロにも及ぶラベロンと呼ばれるアーケードを歩いてみてください。外観は中世の雰囲気を味わうことができ、中に入ると様々なお店が入っています。散策はもちろん、ウインドウショッピングにはもってこいの場所です。
この6キロのアーケード、ヨーロッパの中で最長ともいわれています。石畳の美しい道が続きます。全部歩こうとするのであれば、歩きやすい服装、靴で行くことをおすすめします。アーケードを進んでいくと見えてくるのが、ひと際目立つ時計塔!次にご紹介しますね。

詳細情報

  • Kramgasse 40, 3011 Bern, Switzerland
  • +41 31 328 12 12

②ツィットグロッゲ(時計塔)

アーケードを進むと見えてくるのが、ベルンのシンボルともいえる時計塔。ベルンの旧市街において、1191年から1250年までの間、境界を示す城門の役割を果たしていたのが時計塔です。クラム通りとマルクト通りの境の地点に位置します。
時刻の他に曜日、日にち、月、星座、月の位相も表示しています。塔の内部で時計の仕組みを見学できるガイドツアーがあるので、現代に残る中世の時計の世界を訪ねてみてはいかがでしょう。時を告げる鶏からはじまり、熊の兵隊のパレードなど、鐘の音とともに毎時(少し前から)動き出す人形たちにも注目です。

詳細情報

  • Zytglogge3,3011Bern,スイス

③ベルン大聖堂

アーレ川の近くに建つ後期ゴシック様式の大聖堂です。1893年に完成した高さ100mの大尖塔はスイス最大のもの。度重なる災難から完成までに470年以上をかけたといわれています。正面入り口には、彫刻家エアハルト・キュングによって作られた234体の像が表現する「最後の審判」があります。
大聖堂内陣には、三面窓を飾る美しいステンドグラスがあります。それぞれ上下2段に分かれており、イエス・キリストの生涯「受胎告知」から「復活」までが描かれています。塔の上にも上がることができ、そこからベルンの街並みを眺めることができます。空気が澄んで、天気のいい日にはアルプスも見れるチャンス!

詳細情報

④ベーレンパルク(熊公園)

ベルンのシンボルでもある「クマ」は、1513年から飼育されています。ベルンの紋章にもクマの絵が見られます。もともと、ベルンとはクマが語源だそうです。のびのびとクマたちが過ごせるように、2009年10月にアーレ川沿いの土手に広々とした公園がオープンしました。なんと、入場料は無料です。
公園の中から、アーレ川沿いに行くこともできます。青く透き通るスイスの川を眺めてはいかがでしょうか。お弁当をもってのんびりするのもいいかもしれません。川沿いに旧市街も見ることができる、写真スポットでもあります。

詳細情報

  • Grosser Muristalden 6, Bern 3006, Switzerland
  • +41 31 357 15 25

⑤ローゼンガルテン(バラ公園)

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する