• はてぶ
  • あとで
中世の街並み残るスペイン・セゴビア!魅惑の景観を巡るおすすめ観光地7選

スペインの首都マドリードの北西にあるセゴビアは、美しい中世の街並みを残す人気の都市です。マドリードから高速列車で約30分、バスで約1時間と近いため、日帰りの観光地としても人気があります。今回はセゴビアの観光旅で外せないスポットとアクティビティをご紹介します。(この情報は記事掲載時点のものです。公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

①ローマ水道橋/旧市街

セゴビア最大の観光スポットと言えば「ローマ水道橋」です。ローマ時代1世紀に造られたという2千年以上の歴史を持つ水道橋です。あまりの大きさ故に「悪魔の橋」とも呼ばれます。全長はなんと813mもあり、わずかな傾斜によって水を引いています。19世紀まで現役で使用されていました。
約2万個もの石が使用されている「ローマ水道橋」は、釘や接着材などは用いていません。幾多のアーチがあるにも関わらず石を積み重ねただけでできています。修復の歴史があるとは言え、現存する奇跡の水道橋です。正面から見るもよし、水道橋横の階段を上り同じ高さで見るもよし、少し離れた街中から見るのも一興です。

詳細情報

Plaza del Azoguejo, 1, 40001 Segovia, スペイン

3.11 365

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②セゴビア大聖堂/旧市街

「セゴビア大聖堂」は、セゴビア旧市街の中心部にあるマヨール広場のすぐ隣にあります。「セゴビア旧市街と水道橋」で世界遺産に登録された美しい景観の一部です。貴婦人がスカートの裾を広げた麗しい姿に見えることから「貴婦人の大聖堂」と呼ばれています。スペイン最後のゴシック建築です。
「セゴビア大聖堂」は実は一度内紛により取り壊されており、現存するセゴビア大聖堂は二回目に建築されたものです。建築には2百年もの年月を要しました。温かみのあるベージュに緻密な塔が幾つもたち、精巧かつ重厚な建造物です。内部には著名な作家による彫刻があり美術的価値も高いです。

詳細情報

③マヨール広場/旧市街

セゴビア大聖堂のある「マヨール広場」も人気の観光スポットの一つです。マドリードの同名の公園があるため「セゴビアのマヨール広場」と呼ばれています。セゴビアの中心でありレストランやカフェ、バルが軒を連ねています。セゴビアに暮らす人々の様子も垣間見れるおすすめスポットです。
「マヨール広場」の中央にはステージがあるので、運が良ければスペイン音楽やショーなどのイベントがあるかもしれません。広場内には観光案内所やショップもあるのでお土産を買うのにももってこいです。夜にはお店や建物の灯りに加えセゴビア大聖堂がライトアップされ、とても幻想的な空間になります。

詳細情報

Mayor,40001Segovia,スペイン

- 015

④ラ・グランハ宮殿/ラ グランハ・デ・サン・イルデフォンソ

セゴビアにあるゴシック様式の豪華絢爛な宮殿が「ラ・グランハ宮殿」です。それもそのはず、ベルサイユ宮殿をモデルに造られた華麗な宮殿なのです。宮殿もさることながら、ヨーロッパでも指折りの広大な庭園が見どころ。彫刻や噴水が数多く配置され、思わず感嘆する洗練された観光スポットです。
「ラ・グランハ宮殿」は18世紀の王フェリペ5世によって建立されました。夏の離宮として造られた宮殿に隠居後に居を移します。しかし住んだの僅か一年。息子の死により復位したのです。それでも宮殿を愛したフェリペ5世は今、妻とともにラ・グランハ宮殿の礼拝堂に眠っています。歴史を想うとさらに愛おしくなる宮殿です。

詳細情報

Plaza España, 15, La Granja de S. Ildefonso, Segovia, Spain

3.05 01

⑤アルカサル/旧市街

セゴビア観光で必ず訪れたいスポット「アルカサル」はディズニーアニメ「白雪姫」のモデルとなったとされているお城です。「アルカサル」とはスペイン語で「城」という意味。スペインではセビリアの城も有名なのでこちらは「セゴビアのアルカサル」と呼ばれています。三角帽子の塔が可憐でもありメルヘンなお城です。
約900年の歴史を持つ「アルカサル」は、領地支配の歴史から基礎をイスラム教徒が、美しい仕上げをキリスト教徒が行った不思議な城です。内部は一般公開されており、王座の間など煌びやかな空間が広がっています。耽美的なステンドグラス装飾にも注目。まるで映画の世界に飛び込んだようです。

詳細情報

⑥ラ・ベラクルス教会/サマラマラ地区周辺

セゴビアの街の北側、広陵な大地の中にポツリと建っているのが「ラ・ベラクルス教会」です。外観はとてもシンプルで、エルサレムにある岩のドームを彷彿とさせる形をしています。「ベラクルス」とはスペイン語で「聖十字架」。あのテンプル騎士団に所縁のある教会と言われています。
内部も壁画や装飾などはほとんどなく、磔にされたキリストやマリア像の崇高さがにじみ出る静寂で厳かな教会です。また、至る所にテンプル騎士団の資産を継いだ聖ヨハネ騎士団の旗が掲げられています。今もテンプル騎士団の武器が保管されるという「ラベラクルス教会」。都市伝説好きには堪らない教会です。

詳細情報

deZamarramala,40003Segovia,スペイン

- 06

⑦気球体験/旧市街

最後にご紹介する観光は、セゴビアでぜひ体験したいアクティビティ「気球体験」です。セゴビアは気球が多く舞う街としても有名です。セゴビア旧市街の世界遺産を空から眺めることができます。所要時間は約一時間で、希望すればアテンダントのサポートとして運転することもできますよ。
約一時間の空の旅には、ランチやシャンパンが付くプランもあります。とてもゴージャスな空中散歩!セゴビアのオプショナルツアーとしてたくさん紹介されているのでぜひチェックしてみてください。趣き深いレンガ造りの中世の街並みを空から見てみましょう。

詳細情報

Plaza del Azoguejo, 1, 40001 Segovia, スペイン

3.11 365

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

セゴビアのノスタルジアを満喫しよう

スペインの人気観光スポット、セゴビアの街をご紹介しました。セゴビア旧市街は歩いているだけでも風情のあるクラシカルな街です。世界遺産の目玉やおすすめ観光スポットを満喫しに、セゴビアへ旅してみませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

飯島かさほ旅行大好きライターです!

このまとめ記事に関して報告する