• はてぶ
  • あとで
アクティブ女子におすすめ!充実必至の金沢1泊2日旅行プランはこれで決まり

北陸新幹線が開通してから人気が増した金沢。古き良き街並みはもちろん、グルメやフォトジェニックなスポットなども充実しており、女子旅でもかなり人気があります。そこで今回は、筆者の体験から編み出した、アクティブ女子におすすめしたい”自転車で巡る”、最強の金沢の女子旅プランを紹介していきます。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1日目

【13:00】金沢到着&レンタサイクル「まちのり」登録

筆者が乗車したのは、東京駅10:30頃発車の北陸新幹線。それに乗ると、13:00頃に金沢に着くことができます。ホテルは金沢駅の近くにするのが便利でおすすめです。荷物をホテルに置いたら、いざ出発です!
金沢観光をする際に便利なのが「まちのり」というレンタサイクル。上手に使えばお得に金沢を観光できちゃうという優れもの!今回の旅では、これを主な交通手段として使っていきます。金沢にはたくさんのポートがあり、HPで確認することができます!

詳細情報

【14:00】街並みが美しい「主計町(かずえまち)茶屋街」を散策

「金沢駅」のポートで自転車を借りたら、「尾張町」ポートを目指して自転車を走らせましょう。「尾張町」ポートから徒歩約5分のところに、1つ目の目的地である「主計町(かえずまち」茶屋街」があります。
浅野川沿いにある「主計町(かえずまち)茶屋街」は、路地裏に一歩踏み込むと、道が入り組んでいるのが特徴。タイムスリップしたかのような雰囲気です。古くも美しい建物が連なっており、どこを切り取っても絵になる街並みです。

詳細情報

【15:00】「豆皿茶屋」で贅沢金箔ソフト

「主計町(かえずまち)茶屋街」を満喫したら、「尾張町」ポートでもう一度自転車に乗って、次は「兼六園下」ポートへ向かいましょう。そこで金沢城公園内にある広々とした開放的なカフェ「豆皿茶屋」に立ち寄って、旅の名物、甘味を堪能しましょう。
「豆皿茶屋」では金沢といえば、、の金箔があしらわれたソフトクリームをいただくことができます。金箔がついたソフトクリームは特に有名!金沢に行ったら外せない贅沢なフォトジェニックグルメの一つです。

詳細情報

石川県金沢市丸の内1-1 金沢城公園 鶴の丸休憩館 1階

- 027

【15:30】「兼六園」&「金沢城公園」を見学

兼六園

お腹を満たしたら、徒歩で「兼六園」へ向かいましょう。ここは、国の特別名勝に指定されており、岡山県の後楽園と茨城県の偕楽園と共に “日本三名園” の一つとして数えられています。日本の庭園美を存分に感じることができます。

金沢城公園

「兼六園」の正面にあるのが「金沢城公園」です。金沢城は江戸時代以前に加賀藩の基礎を築いたという前田利家が入城した歴史あるところ。公園は非常に広大で、豊かな自然にに溢れています。のんびりお散歩してみてください。

詳細情報

【18:00】「赤玉 本店」で夕食

日本美を感じた後は、「兼六園」か「兼六園下」のポートから自転車に乗って、「金沢駅」のポートに戻りましょう。一日中動いてお腹が空いてる頃だと思います。金沢の中でも特に有名なおでんの名店「赤玉 本店」で夕食にしましょう。
ここでは絶品おでんを頂くことができます。あっさりとしたお出汁がとても優しい味わいです。地酒の種類がとても豊富なので、お酒が好きな方にもおすすめお店です。石川県ならではの食事を楽しみましょう。

詳細情報

石川県金沢市片町2-21-2

3.65 13155
お目当ての品がある方は早めの来店を。

開店前に伺ったら、既に行列。開店後は、順番に機械で整理券を発券して順番待ちをします。 順番的にすぐ入れるのでは?と思ったら、甘かった。1時間ちょっと待ちました。発券したら、順番直前に帰ってくればいいので、周囲を散策して待ちました。 18時すぎに入店した段階で、お店の名前にもなっている「赤玉」は売り切れていました。滞在中も、売り切れが次々と出ていました。お目当ての品がある人は、早めの時間に来店した方がよさそうですね。 おでんいろいろ頼みましたが、中でも美味しかったのは、えび真丈。ふわもちで美味しかった。金沢おでん、手始めに有名店から行っていて3店目。出汁の違いとか細かいことはよくわからないですけど、ここのおでん美味しかったですよ。 一品料理も居酒屋並みにたくさんあります。 赤玉風どて焼。市内このお店以外でもどて焼を食べましたが、金沢のどて焼って豚肉なんですね。ここのは、串全部が豚肉でした。味噌、酒粕味が強く、お酒がすすみそうなやつ。私は下戸ですが、こういうの好きです。 (ちなみに、地元愛知だと、どてと言ったら、牛すじやモツの赤味噌煮込みです。) 牛すじ煮込み。醤油系で、深みのある味でした。これも美味しい。 焼きおにぎり。表面ぱりっぱりでした。 食べそびれたものもあるし、美味しかったのでまた伺いたいです。 ちなみに、今回は当日伺って順番待ちをしましたが、予約もできるそう。予約席は2階、カウンター席と座敷席があるようです。 今回は1階。だいたいがカウンター席ですが、小上がり(うろ覚えですが、2卓か3卓ありました)にしてもらいました。

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2日目

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 旅行に行きたいけれど、忙しくてなかなか休みが取れないという皆さん!この特集では…

  • スポーツの秋、食欲の秋、読書の秋...様々な楽しみ方がありますが今年は金沢を旅…

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する