• はてぶ
  • あとで
歴史好きには堪らない!スペイン・エストレマドゥーラ地方の人気観光地7選

ポルトガルと国境を接するスペイン・エストレマドゥーラ地方。古代の遺跡が現存する町が多く残っている一方でイベリコ豚の名産地として世界的に有名な地域でもあります。今回はそんな奥深いエストレマドゥーラ地方のオススメ観光スポット7選をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. イスラム教徒が残した城塞「アルカサバ」 / バダホス

最初にご紹介するのは、ポルトガルと国境を接する街バダホズ(Badajoz)にある「アルカサバ(La Alcazaba)」です。アルカサバとは当時国主だったイスラム系国家が自国を守るために造ったとされる城塞のことで、ここバダホズのアルカサバはスペイン国内では最大のものとなります。アルカサバ内の一番の見所である「エスパンタペロ塔(Torre de Espantaperros)」は5世紀以上たった今でもバダホスの街のシンボルとなっています。
せっかくバダホスの街を訪れたら、アルカサバを進み二番目の城壁をくぐると見えてくる「アルタ広場(Plaza Alta)」にも立ち寄りましょう。建物の壁にはイスラム風の華やかな装飾が施されていてとっても綺麗です。広場周辺にはお土産屋さんやカフェレストランが沢山あります。観光地であるため値段は少々お高めのようですが、一息つくにはぴったりの場所ですよ。

詳細情報

スペイン 〒06007 バダホス

写真を投稿する
3.00 01

Plaza Alta 5, 06001 Badajoz, Spain

写真を投稿する
3.00 01

2. ローマ人が築いた「旧市街」 / カセレス

続いてご紹介するのは、小さな城塞都市カセレス(Cáceres)です。紀元前25年にローマ人が築いたと言われている「カセレス旧市街(Ciudad vieja de Cáceres)」は世界各国から観光客が多く訪れる有名観光地で、映画のロケ地にも頻繁に使われています。1986年にはユネスコ世界遺産にも登録されました。歴史的建造物が現存する町並みは本当にローマ時代にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれます。
そんな旧市街中心にある「マヨール広場」近くにはお土産屋さんやカフェ、タパスバー等が並びます。歴史的雰囲気を感じながら美味しいスペイン料理を堪能することができるのはいいですね。

詳細情報

Ciudad vieja de Cáceres

写真を投稿する
3.00 01
写真を投稿する
3.01 01

3. 全長700メートルを誇る古代の「ローマ橋」 / メリダ

続いてご紹介するのはメリダ(Mérida)にある「ローマ橋(Puente Romano)」です。エストレマドゥーラ地方の州都であるメリダはスペインで最も古い街の1つで、古代ローマの遺跡が数多く残る都市として有名です。メリダに今も残る遺跡の数々は「メリダの考古遺跡群」として1993年にユネスコ世界遺産にも登録されています。
グアディアナ川に建つ壮大な橋・ローマ橋はローマ時代にメリダで最初に建造されたものの1つで、「メリダの考古遺跡群」の一部にも指定されています。ローマ時代以降、戦争や自然災害によって幾度となく破壊されてきましたがその度に人々の手によって再建されてきました。橋の全長はなんと700m以上。現存するローマ時代の建造物の中では最長クラスです。建造から2000年の時が経った今も残るローマ橋。歴史の重みが感じられる橋です。

詳細情報

Paseo Roma, 1A, Mérida, Badajoz, Spain

写真を投稿する
3.01 01

4. 隣接し合う「ローマ劇場」と「円形劇場」 / メリダ

続いてご紹介するのは同じくメリダにある「ローマ劇場(Teatro Romano)」です。収容人数は6000人で観客席も3000席あります。紀元前の建築物ですが、建物が建つ丘の傾斜が音響効果を生み舞台から客席まで生の声が届くように設計されたと言われるほど音響技術がしっかりしています。毎年夏にはFestival de Teatro Clasico de Meridaというクラッシック演劇フェスティバルが開催され、世界各地から旅行者が訪れます。
そして、ローマ劇場に隣接する「円形劇場(Anfiteatro Romano)」は紀元前8世紀に建てられた市民最大の娯楽施設でした。1万4千人もの人数を収容ができ、当時は競技場として剣闘士の戦いや戦車協議、模擬海戦などが行わました。博物館も併設されているので詳しい歴史を知りたい方は是非訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

Plaza Margarita Xirgu, s/n, Merida, エストレマドゥーラ, Spain

写真を投稿する
3.08 01

Plaza Margarita xirgu, s/n, 06800 Mérida, Badajoz, スペイン

写真を投稿する
3.00 01

5. “スペインの最も美しい村” / トルヒーリョ

続いてご紹介するのは古き町「トルヒーリョ(Trujillo)」。“スペインの最も美しい村”にも選出されている町なので、歩いてみるだけで十分に楽しめるスポットです。トルヒーリョに来たらまずはアラブ時代の要塞跡「トルヒーリョ城(Castillo de Trujillo)」に上ってみてください。城が佇む丘の上からはトルヒーリョの町を見下ろすことができますよ。
こちらはトルヒーリョの町の中心に位置するマヨール広場(Plaza Mayor de Trujillo)。ペルーを征服したフランシスコ・ピサロの像が象徴的です。広場の周りにはバルやカフェも沢山あり、地元住民の憩いの場となっています。夜になるとオレンジの街灯に照らされてとても綺麗です。昼と夜とで違った景色を楽しむことができます。
またマヨール広場では毎年5月に"Feria Nacional del Queso de Trujillo"というチーズ祭りが開催されます。エストレマドゥーラ地方を中心にスペイン各地・世界各国からおよそ300種類ものチーズが売られるのだとか。広場入り口にある受付ブースでチケットを購入すれば、好きなチーズを試食することができます。もちろん気に入った商品があればその場で購入することも可能です。日本にはない珍しいチーズにも出会えるかもしれませんね!

詳細情報

Plaza del Castillo, 1, Trujillo, Cáceres, Spain

写真を投稿する
3.01 01

Plaza Mayor, 0, Trujillo, Cáceres, Spain

写真を投稿する
3.01 02

6. 天然のプール「ガルガンタ・デ・クアルトス」 / ロサル・デ・ラ・ベラ

遺跡巡り以外にも何かしたいという方にオススメなのが、ロサル・デ・ラ・ベラ(Losar de la Vera)の山奥にある天然プール「ガルガンタ・デ・クアルトス(Garganta de Cuartos)」です。知る人ぞ知る避暑地で、夏休みになるとこのプールで泳ぐ地元民で賑わいます。峡谷に囲まれながら泳げば身も心もフレッシュできそうですね。自然が生み出した絶景を味わうことのできる穴場景勝地です。

詳細情報

7. 生ハム「ハモン・イベリコ」の本拠地 / モンタンチェス

旅に疲れたらエストレマドゥーラの田舎の牧草地に行ってイベリコ豚の生ハムを試してみるのはいかがでしょうか?実はエストレマドゥーラは生ハムの名産地として名高い地方なんです。スペインの高級ハムの1つ「ハモンイベリコ(Jamon Iberico)」は、デエサという牧草地でドングリを食べて育ったイベリコ豚のハムのこと。ドングリを食べた豚たちには良質な香りの脂肪がついていて絶品なんだそう。
ハモンイベリコを食べるならメリダとカセレスの間に位置する小さな町モンタンチェス(Montánchez)がおすすめ。この地域の生ハムはスペイン国内でも最高品質を誇っています。地元のレストランやチャルクテリア(総菜店)に行けば生ハムやイベリコ豚を使った郷土料理を食べることができますよ。是非本場の絶品生ハムをご賞味ください♪

詳細情報

Calle Castillo, 37B, Montánchez, Cáceres, Spain

写真を投稿する
3.01 00

いかがでしたか?

いかがでしたか?今回は歴史情緒溢れるスペイン・エストレマドゥーラ地方のオススメ観光スポットを7選ご紹介しました。ローマ時代の遺跡が現在も多く残る、歴史好きにはたまらないエリアです。スペイン観光をする際には是非参考にしてみてください♪

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する