レトロさと温かみで溢れてる!東京の下町エリアでやりたい7のこと

浅草や谷根千と言った東京の下町エリアは、どこか懐かしさや温かさを感じさせてくれるエリアですよね。そこで今回は、そんな東京の下町エリアでしたい7つのことをご紹介します。ぜひ秋のお出かけの参考にしてみてくださいね。(掲載されている情報は2018年9月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①「ホッピー通り」(浅草)で飲み歩き

まず1つ目は「昼飲み」を楽しめるスポットとしても有名な「ホッピー通り」で飲み歩きを楽しむことです。どこか昭和のレトロな雰囲気漂う「ホッピー通り」には、開放的で温かみのあるお店が立ち並んでいます。
また、「ホッピー通り」は「煮込み通り」と言われるほど美味しい煮込みのお店が多く、お酒を片手に、よく味の染み込んだ美味しい煮込み料理を楽しむことができます。ぜひホッピー通りで飲み歩いてみてはいかがですか?

詳細情報

②「根津神社」(根津)で京都気分を味わう

2つ目にご紹介するのは、「根津神社」で京都気分を味わうことです。ここにはまるで京都の伏見稲荷大社を思わせるような「千本鳥居」があり、その姿は圧巻です。
東京にこんな京都のようなスポットがあったなんて驚きですね。この千本鳥居は北から南に通り抜けると邪気が払われると言われています。都心にいるとは思えない落ち着きのある雰囲気の中でリラックスしてみてはいかがですか?

詳細情報

③「ソラマチ商店街」(押上)で下町商店街の雰囲気を味わう

3つ目は「ソラマチ商店街」で下町商店街の雰囲気を味わうことです。東京スカイツリーや地下鉄などとも結ばれている商業施設「東京ソラマチ」の1階にあるここには、全長約120mの通路に、様々なお店が立ち並んでいます。
食品やカフェ、雑貨などのお店が35店舗が立ち並ぶこの商店街には、どこか懐かしさを感じさせてくれるようなお店もあり、懐かしいものの中に新しい賑わいを感じることができます。

詳細情報

東京都墨田区押上1-1-2

3.82 45402
どの季節に行っても、天気が雨でも楽しめる!

私の定番コース😊 ①スカイツリーに着いたらまずエレベーターで6階まで行き、トリトン(回転寿司屋🍣)の整理券を取る ↑ここは土日の夕方に行っても70分待ちなのでまず着いたら整理券を取る!整理券を取れば時間になったら電話で知らせてくれるのでどこにいてもOK🙆‍♀️ 生サーモンとえんがわ炙り醤油大好きです。めちゃくちゃおいしいからぜひ食べて欲しい!! ②すみだ水族館に行く🐧🐠🐟 トリトンは最低でも1時間は待つのでその間に水族館に癒されに行く。 6階から4階までエスカレーターで降りて外に出て進むと水族館の建物が見えてきます。 クラゲがすごく綺麗!ペンギンが目の前!🐧 ちんあなごが可愛い。天井までの大きい水槽はずっと眺めてられるし癒されながら電話が来るのを十分楽しめます。 ちなみに2回分払うだけで年パス買えるのでオススメです。 ★トリトンから水族館まで歩いてる途中で、スカイツリーに登るための受付する建物があります。 足元らへんからのアングルで写真が撮れます!けど結構難しい! 内カメラにして、スマホを逆さにすると強引だけど載せてる虹色のスカイツリーの写真みたいに撮れます🗼 ③トリトンを楽しむ🍣 電話が来てもすぐ入店できる流れではないので到着して数分待つと入れます。(水族館から歩いて10分以内には到着できます) 席に着くと、お兄さん挨拶してくれるのでこれもまたトリトンの雰囲気がある! タッチパネル操作なので声出さなくても注文できて楽です。 ④お腹いっぱいになったらソラマチ探索! とにかく数え切れないほどのお店がたくさんあります。 美味しいもの、可愛いもの、楽しいもの、時間によって飴細工するシーンが見れたり、プラネタリウムもあるので上映時間を見て予約してその間にソラマチ探索! 休憩スポットが所々あるのでそれも嬉しい! ⑤スカイツリーに登る これも整理券が必要です。(時期によるかも) 混んでる時は朝10時に取りに行って13時の整理券が取れる感じでした。 すっごい高い(語彙力0) 周りに建物がないから不思議な感じ! ちなみに、登れる高さは二段階あるので、ぜひ二段階のチケット買って上まで登ってほしいです! 普段こんな高いところから街を見下ろすこと中々無いので! ⑥まとめ トリトン、スカイツリーは整理券を取りに行ったり、事前に見ておくといいです! いざ食べたい!登りたい!って思ってもあまりの待ち時間に挫折したり、スカイツリーは整理券が4時間後のやつとか諦めたりしたので。。。 もちろんトリトン以外にもおいしいお店たくさんあるので開拓楽しいです♪イチゴ飴とかもある🍓 一人で暇つぶしでも、デートでも、友達や家族とでも楽しめます٩(ˊᗜˋ*) オススメです‼️

④「アメヤ横丁」(上野)で食べ歩き

4つ目にご紹介するのは、「アメヤ横丁」で食べ歩きを楽しむことです。アメヤ横丁にはレストランや貴金属店、魚屋、スポーツショップなど数多くのお店や屋台が立ち並び、どのお店からも活気が溢れています。
アメヤ横丁の食べ歩きメニューにはケバブやコロッケ、フルーツから海鮮丼まで様々なメニューがあり、ついつい食べたくなってしまうものばかりです。アメヤ横丁での食べ歩きは、食欲の秋にもぴったりですね。

詳細情報

⑤「カヤバ珈琲」(谷中)でまったり

5つ目にご紹介するのは、「カヤバ珈琲」でまったりすることです。大正5年の建物を改修してできたこのお店の中には、至る所から歴史を感じる、趣ある空間が広がっています。

たまごサンド

ここの人気メニューは、厚焼きたまごをふんわりとしたパンで包んだ「たまごサンド」です。絶妙な塩加減で味付けされたこのメニューは、卵本来のほんのり甘い優しい味わいを味わえる一品となっています。

詳細情報

東京都台東区谷中6-1-29

4.07 36346
  • ¥1,000〜¥1,999
  • ¥1,000〜¥1,999
酸味のあるパンにとろとろ卵。そしてレトロな雰囲気が最高すぎる

日暮里駅から徒歩10分🚉 レトロな雰囲気が漂う古民家カフェ☕️ 一階と二階に席があって、それぞれ雰囲気が違いますが、どっちもめちゃくちゃ良かったです。 ◎たまごサンド ¥1000 ◎ミルクセーキ ¥500 ◎ハヤシライス ¥1200 (友達がたのんだもの) 近くの有名なパン屋さん、ヴァーネルのパンを使用したサンドイッチ。 パンは、サワードゥ! 酸味があって粗めの生地でふわふわしつつも噛みごたえのあるこのパン、、が最高に美味しい、、、 挟まった卵は、マヨネーズの味と、ディルの風味が効いたトロッとろの卵。 半熟だからめちゃくちゃ美味しい… 卵あんまり好きではないのですが、 これめちゃくちゃ美味しかったです……。 酸味の効いたパンにとろっとろの、ディルとマヨネーズが効いた卵…。 サラダに入ったサツマイモやにんじんもしっかりグリルされて本来の甘みを感じられるのでめちゃくちゃ美味しかったです…。 少しお高めですが、 サンドイッチもかなり食べ応えがあって、何よりもめちゃくちゃめちゃくちゃ美味しいので絶対食べるべきです、、、、、🥺 友達が頼んでいたハヤシライスも、 一捻り加えたハヤシライスで、めちゃくちゃ美味しかったです🍛 ミルクセーキは、濃厚ですがみかんの風味が爽やかでめちゃくちゃ美味しかったです!飲むデザートでした。 2階席だったのですが、ほとんど家にいるみたいな感じで めちゃくちゃゆっくり出来ました! ※時間制限あり。 そして何も調べずに行ったのですが、 予約制みたいです! 運良く、空いた枠で入れたので、次回は絶対予約していくぞ…! パンが本当に美味しすぎて… ヴァーネルさんに買いに行きたかったのですが、お休みだったのでまたリベンジしたいです!!!!!!

⑥「清澄庭園」(清澄白河)を散策

6つ目にご紹介するのは「清澄庭園」を散策することです。東京都の名勝に指定されているこの庭園は、泉水、築山、枯山水が主体となっている「回遊式林泉庭園」で、幻想的で落ち着きのある雰囲気が漂っています。
またこれからの紅葉の季節には庭園内の樹々が赤や黄色に色づき、なんとも言えぬ幻想的な紅葉を楽しむことができます。「清澄庭園」で幻想的な日本の秋を感じてみてはいかがですか?

詳細情報

⑦「上野桜木あたり」(上野桜木)でチルアウト

7つ目は、思わずカメラのシャッターを切りたくなってしまうような外観の「上野桜木あたり」でチルアウトすることです。ここは築80年になる古民家を再生してできた複合施設で、どこかレトロで落ち着いた空間が広がっています。
こちらには美味しいベーカリーやクラフトビールのお店、塩とオリーブの専門店、個性的な雑貨や衣類のお店などが入っています。どこもゆるりとした時間が流れていて、のんびりリラックスしたい時には最適です。

詳細情報

下町を楽しもう!

いかがだったでしょうか?下町に馴染み深い方も、そうでない方も、ぜひ東京の下町を散策して自分が知らなかった東京と出会ってみてくださいね。(掲載されている情報は2018年9月に公開したものです。必ず事前にお調べください。)

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する