• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
世界4大博物館の一つ!台北「国立故宮博物院」でしたい5つのこと

歴代の中国皇帝が所有した一級の宝物を公開している、台北の「国立故宮博物院」。世界4大博物館の一つに数えられるこの博物館は、毎年多くの観光客が訪れる、台北観光のメインスポットです。今回は約7000点の展示の見学方法から周辺の観光スポットまで、せっかく行くなら押さえておきたい国立故宮博物院を楽しむ5つのポイントをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

国立故宮博物院とは

かつて北京の紫禁城に保管されていた歴代中国皇帝の所有物が、蒋介石によって中国大陸から台湾へ持ち込まれました。その歴史的価値の高い国宝級の品々を展示しているのが「国立故宮博物院」です。ルーブル美術館、メトロポリタン美術館、エルミタージュ美術館と並び、世界4大美術館と称えられ、台北観光にはずせないスポットの一つ。今回はそんな国立故宮博物院を楽しむための5つの方法をご紹介します。

①中国のお宝を見学する

所蔵物の数は約60万点以上。展示物はその内の7000点ほどですが、すべて観ようとすると3~4時間はかかると言われています。有名なものは3階に多く集まっているので、3階から順に降りてくるのがおすすめです。絶対に押さえておきたいのは、故宮博物院の2大宝物、白菜のような「翠玉白菜」と角煮そっくりな「肉形石」です。見学時間にゆとりがある方は、入口で日本語の音声ガイドを借りて、じっくりと至宝を眺め、その歴史に浸ってみるのもいいですね。

②ミュージアムショップでお気に入りのお土産を見つける

館内を見学した後は、ぜひミュージアムショップを覗いてみてください。ついさっき見かけた展示物のレプリカや、モチーフを取り入れたオリジナルグッズなど、様々に取りそろえています。ショップは館内の複数個所にありますが、おすすめは一番広い地下1階の「多宝格」。おみやげにぴったりな文具やお菓子、自分用へは白菜そっくりの傘や名剣がつくれちゃう製氷器など、思わぬお気に入りを発見できるかもしれません。

③レストラン「故宮晶華」で展示物そっくりの料理を食べる

故宮博物院内には、ちょっとした休憩に便利な「閒居賦」などの3つのカフェがあり、コーヒーやお菓子を楽しむことができます。より故宮博物院を「味わい尽くしたい」方は今見てきた展示物を「食べてみる」体験ができるレストラン「故宮晶華(Silks Palace)」を予約してみてはいかがでしょうか。白菜の形をした「翠玉白菜」や角煮そっくりな「肉型石」を模した一皿は、「国宝宴」という予約制のコース料理の中で楽しむことができます。

詳細情報

guruyakuで見る
  • 台北市至善路二段221號
  • 0228829393

④まるで水墨画のような「至善園」を散策する

国立故宮博物院の敷地内には「至善園(Zhishan Garden)」という庭園があり、正面入り口で国立故宮博物院の入場券を見せると無料で入園することができます。園内は緑豊かで、ちょっとしたお散歩にぴったりです。池があったり、鯉やクジャクなどの動物がいたり、腰かけて景色を眺めるのに最適な園亭や楼閣もあります。楼閣の2階からの景観はまるで水墨画のよう。穏やかな気持ちでのんびり過ごせる空間です。

詳細情報

  • No. , Sec 2, Zhi Shan Rd, Shilin District, Taipei City, Taiwan 111
  • +886 2 6610 3600

⑤台湾原住民を学ぶ「順益台湾原住民博物館」へ足をのばす

国立故宮博物院で見ることのできる品々はどれも国宝級の逸品ですが、中国大陸からやってきたものがほとんどです。せっかくなので、国立故宮博物院からシャトルバスや徒歩で行ける「順益台湾原住民博物館」で台湾独自の文化にも触れてみるのはいかがでしょう。館内には、台湾原住民16民族の関連資料や文物、約2200点が展示されています。彼らの文化や歴史を、実際の楽器、服飾、工芸品などを見ながら学ぶことができ、2週間前の予約で日本人ガイドの案内付きで展示物を見て回ることもできます。

詳細情報

  • No. 282, Sec 2, Zhi Shan Rd, Shilin District, Taipei City, Taiwan, Province of China

いかがでしたか?

いかがでしたか?ワールドクラスの中国美術工芸コレクションが並ぶ、「国立故宮博物院」のご紹介でした。気軽に立ち寄って有名どころだけ見るもよし、じっくり見学するもよし。日本に一番近い世界4大博物館です。台北へ訪れる際にはぜひチェックしてみてください。

詳細情報

  • No. 221, Sec 2, Zhi Shan Rd, Shilin District, Taipei City, 台湾
  • +886 2 2881 2021

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する