岩手県・花巻のおすすめグルメ7選!わんこそば発祥の地のご当地名物とは?

今回ご紹介するのは、岩手県の中西部に位置する、花巻のグルメです。この花巻市は、あの「わんこそば」の発祥の地でもあります。そんな東北の地にある、花巻のグルメスポットを見て行きましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①ポパイ / 若葉町

まず最初にご紹介するのは、銘柄豚である白金豚(はっきんとん)を育む農場が直営するレストラン、「ポパイ」です。山の湧き水である活性水を使用して育てられているので、肉質がやわかいと言われています。
ここでのおすすめメニューは白金豚を使用した手ごねのハンバーグでしょう。牛肉のハンバーグとはまた違った味わいがあります。肉汁も多く含んでいてジューシーです。ピラフバーグはワンプレートになっていて、ピラフとハンバーグの相性はとても良いです。

詳細情報

岩手県花巻市若葉町3-11-17

3.06 04
  • 〜¥999
  • ¥1,000〜¥1,999

②はいからや(HAIKARA−YA) / 諏訪町

次にご紹介するのは、旬の食材を使用した料理をいただける、「はいからや(HAIKARA-YA)」です。地元花巻をはじめ、各地の旬の食材である、海の幸や野菜などをパスタやサラダで楽しめます。
ランチ・ディナーともに利用でき、ピザやハンバーグ、パスタなどをいただけます。そのなかでも、オムライスは人気メニューとなっています。トマトソースかハヤシソースのどちらかを選ぶことができ、ハンバーグやエビフライのセットなどもあります。

詳細情報

③マルカンビル大食堂 / 上町

次にご紹介するのは、1度は閉店したものの、多くの声援によって復興した洋食レストラン、「マルカンビル大食堂」です。このレストランは、地元の方々に愛されていたマルカン百貨店のなかにあったのですが、建物の老朽化によって閉店。その後、市民からの声を受け、当時を忠実に再現し、復活されたそうです。
ここでは、花巻市民のソウルフードである、ナポリタンとチキンカツが一緒にのったナポリカツなどをいただけます。また、ここでの名物は背の高いソフトクリームです。ベテランのスタッフさんでないとできない技なのだとか。

詳細情報

岩手県花巻市上町6-2マルカンビル6階

3.44 751
  • 〜¥999
  • 〜¥999
子供の頃から通ってる♡復活した!みんな大好きマルカン食堂♡

お盆に花巻に帰省。 どうしても懐かしのオムライスが食べたくて、土日祝日11:00〜14:00限定なので食べに来ました。 土曜11:20。 2名で訪問。 4階の階段まで並んでたけど20分ほどで入店できました。 注文は口頭で。 レジが2つしかないから余計並んでるのかな。 現金かPayPay。 空いているテーブルに座り、店員さんにそのテーブルの番号を伝えて食券を渡します。 半券はテーブルに置いておきます。 ◉生ビール 大ジョッキ 980円 ◎オムライス 580円❤️ これこれ!! 小さい頃から大好きな、ケチャップたっぷりで、すごーく薄い玉子巻き!! 懐かしいしやっぱり美味しいやー。 ◎マルカンラーメン 690円❤️ 具沢山で、とろみがあって、ピリ辛でだーいすき!! ◎ソフトクリーム 230円❤️ 溶けてる所をお箸で下からすくって?食べます。 ◎夜来香 餃子 2人前 テイクアウト 1200円 花巻で有名な夜来香の餃子がなんとマルカンで食べられる笑 せっかくなので家族と食べようと思ってお持ち帰りにしました。 おうちでオーブントースターで温め直します。 ポーション小さめでパクパク食べられるし、皮が固めでおつまみって感じで美味しかった。 これはいつものことですが、 テーブル毎にまとめて作ってくれるわけではなく、それぞれできたものから運ばれてきます。 今回はオムライス食べ終わってからマルカンラーメンが来るまで20分くらいかかりました笑 なんでもない平日ならいいかもしれませんが、 繁忙期は時間と心に余裕がある時をおすすめします。 ごちそうさまでした!

④元祖満州にらラーメンさかえや本店 / 山の神

次にご紹介するのは、歴史あるにらラーメンをいただける、「元祖にらラーメン さかえや本店」です。創業は1960年、初代の店主は満州で口にしたスープに感動し、その味を日本に持ち帰りにらラーメンを作りあげました。
満州にらラーメンは醤油・塩・味噌の3種類の味から選ぶことができます。定番は醤油だそうです。辛みが少し聞いたスープが後を引くでしょう。辛味が苦手な人には、辛みなしもあるので安心。たっぷり入ったニラを楽しめます。

詳細情報

⑤嘉司屋(かじや) / 東町

次にご紹介するのは、わんこそば全日本大会の発祥のお店、「嘉司屋(かじや)」です。また、作家である宮沢賢治も生前に訪れ、食事を楽しんでいたそうです。ここのわんこそばでは、昔ながら行われていた、マッチ棒で数を数える方法が代々伝わっています。
わんこそばには早くたべないといけないイメージがありますが、そうではなく、ゆっくりと楽しむことができます。お客さんのペースにあわせて提供してくれます。時間制限などもなく、満足いくまでそばを堪能できるでしょう。

詳細情報

⑥山猫軒 / 矢沢第3地割

次にご紹介するのは、宮沢賢治の作品をイメージして作られた西洋作りのお食事処、「山猫軒」です。店内では土産も購入することができ、宮沢賢治をモチーフにしたオリジナルのお土産が多く置かれています。
ここでは、地元花巻で育まれた、「ほろほろ鳥」や「白金豚」をいただくことができます。また、わんこそばも楽しめます。そのほかにも、花巻の郷土料理であるすいとんや、鹿肉のチャーシューが入ったそばもいただけます。

詳細情報

⑦花巻らーめんバガボンド / 西大通り

最後にご紹介するのは、ボリュームたっぷりのホルモン入りラーメンを食べられる、「花巻らーめん バガボンド」です。店内では、キムチが食べ放題で、コーヒーも自由に飲めるとのこと。さらに、ライスも無料サービスでつけることができます。
ここでの名物メニューは鉄砲らーめんでしょう。鉄砲とは直腸(ホルモン)のことだそうです。味は、味噌・四川塩・醤油から選ぶことができます。また、ホルモンをプラスで追加することも可能です。ボリュームたっぷりのスタミナ飯を楽しめます。

詳細情報

いかがでしたか?

花巻発祥のわんこそばをはじめ、地元の方に愛されている食堂やボリュームあるラーメンなど、花巻のグルメはいかがでしたか?地元の食材を使用しているお店も多かったですね。ぜひ、岩手に訪れた際には、花巻のグルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

おすすめまとめ記事

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する