• はてぶ
  • あとで
地元に寄り添う芸術作品の数々。「福岡県立美術館」でしたい5つのこと

「福岡県立美術館」のテーマは、美と遊ぶ美術館。地元の芸術家たちを生み出し、新しい芸術家たちの躍進の場所ともなっている美術館は長年の歴史があります。芸術文化の発展に寄与してきた「福岡県立美術館」の館内の案内と詳しい情報をお伝えします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

福岡県立美術館とは?

福岡県立美術館では、福岡県にゆかりのある芸術家の作品を中心に、さまざまな著名な芸術家の展覧会が行われています。県展や学校の卒論発表の場として、福岡県立美術館の展示室も使われています。1階~3階が特別展示室で4階が常設展示室です。1964年11月にオープンした福岡県文化会館は、建築家の佐藤武夫が福岡県文化の象徴として建物を設計し、図書館と美術ギャラリーが併設されている施設でしたが、21年後の1985年に福岡県立美術館として生まれ変わりました。

①展覧会の催しで、様々な芸術に触れる

福岡県立美術館では、年間を通して様々な展覧会が開催されています。平成30年に行われた展覧会では、昭和戦前期の美術や切り絵アート展、福岡県美術展覧会、泰光コレクション寄贈記念展やバレルコレクションなどがあります。他には、県展や卒業制作展、学校の美術発表などがあります。イベントは参加無料のゲストトークやギャラリートーク、記念講演会などが行われます。天神駅から徒歩5分の須崎公園の中にある美術館です。

②福岡ゆかりの画家の作品をゆっくり観賞する

常設展には、高島野十郎の「蝋燭(ろうそく)」が代表作で、青木繁、坂本繁次郎、川辺御楯(かわべみたて)などの福岡にゆかりのある芸術家達の作品が展示されています。また、久留米絣や九州古陶磁なども所蔵しています。芸術家が残した多数の所蔵品があり、70インチ大型画面のハイビジョンギャラリーで映像を通して観賞することができます。昔からの芸術作品だけでなく、現代美術の変貌するイマジネーションにも焦点をあてた芸術作品も多数展示されています。

③多彩な美術本が揃う図書室で学ぶ

図書室には、3万冊にも及ぶ美術関係図書や展覧会図録などがあり、美術館関係の学生や学校の先生、美術に関心のある人など、多くの人に利用されています。机と椅子も設置してあるので、ゆっくりと閲覧できます。絵葉書は、高島野十郎のクリアファイルや一筆箋(いっぴつせん)、展示会図録は福岡県立美術館所蔵名作50選、など多数販売されています。特設展示として、展覧会がある時期に合わせて、同じテーマで特設展示がされることがあります。ピーターラビット展が開催されたときは、ピーターラビットの絵本の展示や「うさぎのおりがみコーナー」が設置されていました。

④グリーンビジュアルな館内のカフェでゆっくり過ごす

天神駅から10分の那須川沿いにあるボートレース場の隣にある須崎公園。福岡県立美術館の入口左側にはミュージアムカフェがあります。こちらは、ゆったりと公園のグリーンビジュアルを眺めながら一息つくことが可能。冷たい飲み物についているコースターは、有名な絵がプリントされ、持ち帰りができます。コースターはレジでも販売されています。美術館内でゆったりとした時間を過ごしたい人は、ミュージアムカフェを利用するといいです。

⑤近隣の「福岡市文学館」で歴史を知る

福岡市文学館は、福岡市赤煉瓦文化館として平成6年3月に新たに開館した国の指定重要文化財建造物。西洋建築設計者の辰野金吾(たつのきんご)工学博士と片岡安(かたおかやすし)工学士によって設計され、1909年に日本生命保険株式会社九州支店として竣工されました。赤煉瓦の英国様式を取り入れた建造物は、昭和42年より歴史資料館として平成6年まで長い間活用されてきました。平成14年より、1階は総合図書館がある福岡市文学館として文学に関する情報を提供し、文学関係の資料を展示しています。

いかがでしたか?

福岡県立美術館は、65年以上の歴史がある美術館です。昭和モダンな建物の中に入ると、1階~3階までが特別展示品、4階が常設展示品があり、多彩な芸術作品をじっくりと鑑賞できます。福岡・天神へお越しの際は足を伸ばして、須崎公園を散策しながら福岡県立美術館で芸術と触れ合ってみるといいでしょう。

詳細情報

福岡県福岡市中央区天神5-2-1

3.00 01

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する