• はてぶ
  • あとで
元在住者が教える!大都会"ニューヨーク"のマストゴースポット7選

誰もが一度が夢見る旅行先の"ニューヨーク"。ニューヨークは世界の中心都市であり、金融の中心、そして政治や経済だけにとどまらず、ファッションなども最先端を走っている大都会です。今回は、そんな夢がたくさん詰まっているニューヨークの定番観光地を7つご紹介します。(※掲載されている情報は2018年10月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

1. 自由の女神 (Statue of Liberty)

まず1つ目にご紹介するのは、ニューヨークと言ったら頭に思い浮かぶこの観光地「自由の女神」です!事前に予約をしておくと、自由の女神の冠まで登ることが可能です。とても人気なので、公式サイトを事前にチェックしておくことをオススメします。また、階段で登っていくので体調に不安のある方はお気をつけください。
バッテリーパークから無料で眺めることもできますが、スタテンアイランド行きのフェリーに乗っても遠目から眺めることができます。こちらも無料です。他にも、ブルックリン側にあるIKEAのフードコートからも眺めることができます。ブルックリンでは、マンハッタンでは味わうことのできないアートを堪能できますよ!

詳細情報

Liberty Island New York, NY 10004 自由の女神像

3.92 20535

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

2. エンパイア・ステート・ビルディング (Empire State Building)

2つ目にご紹介するのは、マンハッタンのシンボル的存在の「エンパイア・ステート・ビルディング」です。このビルの屋外展望台は世界的にも人気で、1億人を超える人が訪れたとされています。マンハッタンを窓越しではなく、直で360度見渡せるのは素敵ですよね。
エンパイアステートビルディングは夜になると毎晩異なる色でライトアップされるのは知っていましたか?例えばアメリカ独立記念日の7月4日には、赤・青・白と星条旗の色に輝きます。ぜひ、訪れた際は色に着目してみてくださいね!

詳細情報

3. トップ・オブ・ザ・ロック (Top of the Rock)

3つ目にご紹介するのは、クリスマスの季節になると大きなツリーが飾られることで有名なロックフェラーセンターの中にある展望台、「トップ・オブ・ザ・ロック」です。マンハッタンの高層ビル群の中に位置するこの展望台は、先ほど紹介したエンパイアステートビルディングを目の前に見ることができます。
チケットは事前に購入しておくことをオススメします。お昼の時間帯は、快晴であると奥の方に自由の女神を見ることもできます。夜になると、マンハッタンの綺麗な夜景を見渡すことができますよ。一度見たら忘れられない夜景になること間違いなしです!

詳細情報

30 Rockefeller Plaza, New York, NY 10112, USA

3.03 033

4. グランドセントラル駅 (Grand Central Station)

4つ目にご紹介するのは、映画やドラマの舞台になることの多い「グランドセントラル駅」です。38メートルもある天井には星座が描かれています。通勤時間帯は人でごった返しますが、ピークの時間を避けるとゆったりすることができますよ。
グランドセントラル駅からは、ニューヨーク郊外に行くメトロノース鉄道が出ています。ニューヨークの郊外は、大都会マンハッタンとは対照的で、自然が豊かで日本人の駐在員がたくさん住んでいます。都会の喧騒を離れたくなったら、メトロノースに乗って郊外のアウトレットなどに足を運んでみてもいいですね。

詳細情報

5. タイムズスクエア (Times Square)

5つ目にご紹介するのは、「タイムズスクエア」です。タイムズスクエアは、世界の交差点と言われているのを知っていますか?世界中の企業の広告や看板が、建物外壁へのビルボードの設置がとても多いです。繁華街の代表的風景であるタイムズスクエアに行くとワクワクすること間違いなしですよ。キャラクターの着ぐるみを着ている客引きには注意が必要で、写真を一緒に撮るとお金を請求されることがあります。
1月1日に行われるタイムズスクエアでのカウントダウンイベントは、一大イベントです。大晦日の23時59分になると、ワン・タイムズ・スクエア・ビルの上に設置されている、ボールがポールを伝い降り始め、0時ちょうどに6メートルほど下に落ち切り、その瞬間に紙吹雪が舞います。人生で一度は目にしたい光景ですよね。

詳細情報

6. ブロードウェイ (Broad Way)

6つ目にご紹介するのは、「ブロードウェイ」です。ブロードウェイミュージカルを観劇しにニューヨークに訪れる人もいるほど、とても素敵なミュージカルが目白押しなんです。このブロードウェイで一番長く上演されているのは、「The Phantom of the Opera(オペラ座の怪人)」です。本場で一度観てみたいですよね。
photo by piyopiyopanda
たくさんあるミュージカルの中でも、筆者の一押しは「Wicked(ウィキッド)」です。この物語は、オズの魔法使いの裏側として描かれています。子供から大人まで楽しめる、たくさんの音楽が盛り込まれていて観ていて全く飽きません!感動して涙してしまうシーンもあり、感情がとても揺さぶられる作品です。ぜひ一度観劇してみてくださいね。

詳細情報

242 W 45th St, New York, NY 10036, USA

3.10 166

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

7. セントラルパーク (Central Park)

最後にご紹介するのは、マンハッタンの中心部にある大きな公園の「セントラルパーク」です。公園を囲む9.7キロメートルの道はジョギング、サイクリングやインラインスケートを楽しむ人で溢れかえっています。犬の散歩をしている人もとても多いですよ。
1949年にできた、「Wollman Rink(ウールマンリンク)」は夏にはビクトリアガーデンズとして遊園地に、例年10月頃から4月頃にかけてはアイススケートリンクに移り変わります。あの人気映画に出てくることでも有名なウールマンリンクで、スケートを楽しんでみてはいかがでしょうか?

詳細情報

830 5th Ave, New York, NY 10065, USA

写真を投稿する
3.03 02

ニューヨークに行こう!

今回はニューヨークの定番観光スポットをご紹介しました。人種のるつぼと言われているニューヨークでたくさんの新しい発見をしに行ってみてはいかがでしょうか?ぜひ次の旅行の参考にしてみてください。(※掲載されている情報は2018年10月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する