東山温泉で泊まりたいおすすめの宿7選!会津の奥座敷でゆったりしよう

福島県会津若松市。その市街地にある温泉地が東山温泉です。古くは会津藩の療養所として使われ、戊辰戦争時には土方歳三も癒しを求めて入ったといわれるその温泉地には歴史ある温泉旅館もたくさんあります。会津の観光の拠点にもしやすい場所にある東山温泉。今回はそんな東山温泉でおすすめの温泉宿を7つ紹介していきたいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

①庄助の宿 瀧の湯(しょうすけのやど たきのゆ)

まず初めに紹介する東山温泉の宿は「庄助の宿 瀧の湯」です。5種類の客室と宿の側を流れる渓流が特に魅力的な宿となっています。温泉は大浴場と露天風呂が全部で8種類、貸し切り風呂が6種類あり、すべてが源泉かけ流しとなっています。渓流沿いには足湯もあるので、温泉を心おきなく満喫できます。
そんな「庄助の宿 瀧の湯」ですが、実はお酒好きにうれしい用意がたくさんされています。チェックイン時にはウェルカムドリンクとして地酒のサービスがあり、湯上りにはビ―ルのサービスもあります。客室は全室渓流沿いなので自然のなかで癒されたいときにおすすめです。JR会津若松駅から車で15分です。

詳細情報

rakutenで見る

庄助の宿 瀧の湯 はなれ松島閣

福島県会津若松市東山町大字湯本滝ノ湯108

3.28 11208

②くつろぎ宿 新滝(しんたき)

Guest Room

続いて紹介する東山温泉の宿は「くつろぎ宿 新滝」です。この後に紹介する「くつろぎ宿 千代滝」の姉妹館になっています。源泉かけ流しの4種類のお風呂が特に人気で、内2つは貸し切り風呂のサービスもあります。貸し切り利用の時間帯は限られているので、気になる方は事前のチェックを。
そんな新滝は川沿いに位置していることから、川の流れを感じながら露天風呂に入ることなどが出来ます。館内にはうれしい卓球の無料貸し出しや紅茶や珈琲がセルフでいただける休憩所などもあるのが、高評価のポイントです。千代滝のお風呂にも無料で湯めぐりが出来ます。

詳細情報

➂くつろぎ宿 千代滝(ちよたき)

先ほどの新滝との姉妹館になっているのが「千代滝」です。新滝は川沿いに位置していましたが、この千代滝は高台に位置していることからも特に眺めが魅力的な宿です。四季によって表情を変える山々の美しい景色を望む客室は、畳もある和洋折衷のお部屋から、ベッドルームのみの和モダンなお部屋まで、好みに合わせて選べるお部屋が揃います。
またお風呂からの眺めが特に美しく、最上階の展望露天風呂からは市街地、2階の半露天風呂からは一面に広がる山麗を眺めることが出来ます。料理も地元会津にこだわっており、会津産のコシヒカリや馬刺し、こづゆなどの郷土料理を頂くことが出来ます。

詳細情報

④原瀧(はらたき)

続いて紹介する宿が「原瀧」です。渓流沿いに建っているこちらのお宿は、豊富な湯量を誇る東山温泉のなかでも珍しい自家源泉を保有している宿となっています。景色のいい大浴場、露天風呂に加えて4種類の貸し切り風呂も用意されています。
そんな「原瀧」ですが、川床(かわどこ)が楽しめるというのも嬉しいポイント。川床を予約したお客さんのみですが、春から秋にかけて涼しげな川のせせらぎを聞きながらランチやディナーを食べることが出来ます。もちろん室内のダイニングもあるのでお好みで選ぶことが出来ます。

詳細情報

⑤御宿 東鳳(おんやど とうほう)

東山温泉の中でも特に会津市街地に近い場所に建っているのが「御宿 東鳳」です。料理のレベルの高さが特に評判となっているこの宿では、会津の郷土料理を楽しむことが出来ます。客室は洋室、和室、和洋室と様々なタイプが用意されているので、人数や利用シーンに合わせた宿泊が出来ます。
そんな「御宿 東鳳」の中で特にイチオシのポイントは、2種類の露天風呂です。棚雲(たなぐも)の湯、宙(そら)の湯はどちらも抜群のロケーションとなっていて、会津若松の市街を一望することが出来ます。会津の景色を遠くまで見渡せる昼間はもちろん、幻想的なライトアップに見上げれば星空を堪能できる夜の入浴もおすすめです。

詳細情報

⑥向瀧(むかいたき)

提供:会津東山温泉 向瀧
東山温泉の中でも特に歴史のある老舗旅館となっているのがこの「向瀧」です。こちらの施設は、江戸時代に会津藩の上級武士用の指定保養所となっており、国の登録文化財制度第一号に認定されています。多くのメディアにも取り上げられている注目の宿です。
提供:会津東山温泉 向瀧
客室はどれも、歴史と格式を感じさせてくれる雰囲気ですが、洋式トイレやネット環境なども整備され、過ごしやすさもあります。特に冬の降雪の時期になると、歴史のある建物と灯りと雪の光景が絶妙にマッチしてノスタルジックな雰囲気を作り上げます。このエリアに訪れるなら、一度は行ってみたい宿です。

詳細情報

rakutenで見る

向瀧

福島県会津若松市東山町大字湯本字川向200

3.31 132
【会津若松】会津に行ったらぜひ行ってほしい老舗の高級旅館

※夫婦・カップル・友人向け※ 会津若松の東山温泉にある温泉宿です。 2ヶ月前に予約しましたが、当日は満室でした。 会津若松市内とは寒暖差があり、秋でもそこそこ寒いです。 お部屋は暖房がよく効いてますが、廊下など一歩外に出るとかなり寒いです。 朝食、夕食はお部屋食でいただきます。 鯉やにしんなど地元の名産をふんだんに使ってくださり、本当に美味しいです。 お米も朝と夜で違ったり食べ比べができます。 お宿のみの日本酒もあったり、お酒が好きな方は特におすすめです。 特に温泉が最高で、温度の違う二つの内風呂、三つの貸切風呂があり、滞在中は空いていればいつでもはいれます。 お部屋は和室で、部屋から中庭が見えたりと景色も最高でした。 宿自体はとても古いですが、改装してあり、そして手入れもかなり行き届いていて、とても綺麗です。 宿に着いたらそのままお部屋に案内してくださり、お部屋でチェックインします。 その時に、食事の時間を聞いてくださり、お布団を敷いたりあげたりする時間も伝えてくださいます。 チェックアウトはフロントでおこないます。 接客もすばらしく、お見送りもみなさんでしてかださいます。 お部屋の中に冷蔵庫はないので、冷蔵物は持っていけません。 館内、階段がとても多く、かつ、急です。部屋によっては三階のこともあるため、足腰に不安のある方は事前に相談されることをおすすめします。 -------------------------------------------- 向瀧 📮 福島県会津若松市東山町湯本川向200 🚃 JR「会津若松」駅から車で20 🈺 チェックイン15:00- チェックアウト10:00まで

⑦いろりの宿 芦名(あしな)

最後に紹介するのは「いろりの宿 芦名」です。こちらは名前の通り、囲炉裏焼きを体験することが出来る宿で、趣が感じられる館内はゆったりとくつろげる雰囲気が魅力です。温泉はもちろん源泉かけ流しであるほか、夜間には貸し切りで楽しむことも出来ます。
そんな「いろりの宿 芦名」では囲炉裏だけでなく、冬になると客室全室にこたつが付くなど昔懐かしい和の雰囲気を味わうことが出来る工夫がされています。食事もこだわりがあり、地鶏や天然のイワナ、ジビエや有機野菜などをいただくことが出来ます。普通の宿とはちょっと違った宿泊体験がしたい方におすすめの宿です。

詳細情報

癒しの旅は、会津の東山温泉へ。

いかがでしたか。会津東山温泉には温泉も美味しい食事もたくさんあります。会津若松市も近いので、観光をしやすいスポットであることも嬉しいポイントですよね。季節によってまた違った顔を見せてくれる会津は、どの季節に行っても楽しめます。次の旅行はぜひ東山温泉に行ってみてはいかがですか。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

siesta0248三度の飯より昼寝が好きです。

このまとめ記事に関して報告する