• はてぶ
  • あとで
子供だけじゃない!大人もワクワクの銀座「博品館」の5つの楽しみ方

東京・銀座にある「博品館」。おもちゃ屋さんのテーマパークとも言える「博品館」は、最新のおもちゃがたくさん並んでいるだけでなくレアなアイテムまで揃い、子どもも大人も楽しめる場所です。今回はそんな「博品館」を楽しむための5つの方法をご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

博品館って行ったことある?

みなさんのうち、博品館という名前を聞いたことがあるという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。ざっくり言うとおもちゃ屋さんなのですが、実は中には所狭しとなつかしのものから最新のおもちゃまでたくさんの商品が並べられており、子供だけでなく大人まで楽しめる施設となっています。今回は、そんな銀座の博品館を楽しむための5つの方法をご紹介します。

①最新のおもちゃを発見する

店内に入って1Fではバラエティ―グッズがみなさんを待ち受けています。最新のおもちゃから定番のものまで、見ているだけで楽しくなってしまうものばかりです。もちろん赤ちゃんから乳幼児までのおもちゃも忘れてはいけません。3Fはキッズ&べビー向けフロアになっていて、世界中で愛されているプラレール、レゴ、その他テレビでも人気のキャラクターたちのグッズが迎えてくれます。ベビー用おもちゃも揃っているので、出産祝いやお誕生日のお祝いなどでしたら、このフロアにいけばきっと良いものが見つかるはずです。ここに足を踏み入れた子供たちが大喜びする姿も目に浮かびますね。

②大好きなキャラクターや珍しいドールに囲まれる

※画像はイメージです

※画像はイメージです

博品館のB1フロアは「ファッションドールパーク」となっています。リカちゃんをはじめ、メルちゃん、バービーなどさまざまな人形の他、人形たちが着る洋服や小物もびっくりするほど豊富です。お孫さんを連れて、お母さん、おばあちゃんと3世代で楽しむこともできそうです。続いて2Fのフロアに行ってみましょう。たくさんのぬいぐるみたちがお出迎えしてくれます。人気のキャラクターから珍しい動物まで豊富にあるので、男女問わずお気に入りのぬいぐるみが見つかるかもしれません。日本人形や和物まで取り揃えているので、海外の方へのお土産などにも喜ばれるのではないでしょうか。

③レーシングパークを体験する

4Fはゲーム&ホビーフロアです。もちろんテレビゲームもありますが、昔ならではの数人で遊べるボードゲームやダーツなども揃っています。その他プラモデル等も扱っているので、思い出とともに買っていかれる方も多いようです。そんな中、こちらでぜひ体験したいのが「博品館RACING PARK(レーシングパーク)」です。全長約36m、高低差約70cmのスロットカーサーキットが設置されていて、初めての方から熱心なファンまで楽しめるイベントが多数開催されています。遊ぶのは料金がかかりますが、マシンの貸し出しは無料で行っており、持っていない方でも気軽に遊ぶことが出来ます。

④博品館劇場で臨場感あふれるステージを堪能する

あまり知られていないのが、このビルの最上階8Fにある「博品館劇場」です。昭和53年に開場した歴史ある劇場では、ミュージカルを中心としてダンスやコンサート、その他落語などさまざまなジャンルのエンターテインメントを楽しむことが出来ます。客席数は381席と小規模ですが、客席と舞台の距離が違いため、迫力のある舞台を楽しむことが出来ます。

⑤お腹がすいたらビルの中で舌鼓を打つ

博品館にはおもちゃと劇場の他にもレストランがあります。つまり雨や雪が降って天候が悪くても、1日中ずっと建物の中で楽しんで過ごすことが出来るのです。ビルの5・6Fはレストランフロアになっています。鉄板焼き・お好み焼きやイタリアン、エスニック料理、寿司にすき焼きなどのお肉系まで5つの店舗が入っているので、わざわざごはんを食べに外に出かけなくても、ビル内で腹ごしらえをしてまたお好みのフロアに戻ることが出来ます。

いかがでしたか?

※画像はイメージです

※画像はイメージです

いかがでしたか?とにかく全部のフロアにワクワクとドキドキが止まらなくなってしまいそうな「博品館」。銀座やお近くにお出かけの際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する