• はてぶ
  • あとで
オービィ横浜でしたい5つのこと!動物とのふれあいとデジタルエンターテイメントを。

今回ご紹介するのは、神奈川県はみなとみらい駅直結の、「オービィ横浜」です。デジタルと現実を融合させて、動物とのふれあいなどを含め5感で楽しむエンターテイメント施設となっています。そんな、オービィ横浜でしたい5つのことを見ていきましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

オービィ横浜とは?

ここオービィ横浜は、最新のテクノロジーを駆使し、大自然を仮想体験できる施設となっています。見るだけでなく体験を通して学びを深める場を提供することをテーマに展開しているので、他にはないユニークなスポットとなっています。

①動物たちとふれあう

まず最初にご紹介するのは、動物たちとのふれあい体験ができる「アニマルガーデン」・「キャットパラダイス」・「アニマルスタジオ」です。それぞれ、小さい動物や大きめの動物などエリアにわかれてふれあいを楽しめます。
「アニマルガーデン」ではカピバラやイグアナ、インコ、オウムなどとふれあえます。「アニマルスタジオ」では、手のひらサイズの動物を中心に、ハリネズミやモルモット、ウサギなどとふれあうことができます。優しくふれてみましょうね。

②スクリーンアトラクションを楽しむ

次にご紹介するのは、4Dや湾曲のスクリーンを楽しむ、「アースクルージング」・「マウンテンゴリラ」です。その他にも、館内に点在する、スクリーンと現実が合わさったプロジェクションマッピングなどを見ることができます。
「アースクルージング」では、その名の通り、飛行しながら地球1周を体験できる映像となっています。「マウンテンゴリラ」では、専用の4Dサングラスをかけて、立体的な映像と体験を感じることができるでしょう。

③昆虫とアクアリウムを見る

次にご紹介するのは、珍しい昆虫の標本がみられたり、自分が昆虫サイズになったかのような体験ができる「メガバグス」と、水族館のような神秘的な世界観を感じる「インフィニット・アクアリウム」です。
「メガバグス」では、大きな木の枝や葉っぱに見立てた遊具があり、自分が昆虫サイズになってしまったかのような不思議な空間を楽しめるでしょう。幼児・児童向けの遊具なので、家族でも遊べるものとなっています。

④特殊な写真をとる

次にご紹介するのは、ハイスピードカメラをとることができる「タイムスライス」、合成を使っておもしろ写真をとることができる「エクストリームフォトスポット」です。また、とった写真は購入することができます。
「タイムスライス」では、コンマ数秒の世界を体感できるでしょう。ハイスピードカメラを使用することで、動物たちの1秒間の動きを見ることができます。また、その素早い動物たちと自分の動きを比較できます。

⑤日本最大級のスクリーンでシアターを楽しむ

最後にご紹介するのは、特大のスクリーンでさまざまな上映を見ることができる、「シアター23.4」です。この23.4とは太陽に対しての地球の自転軸の傾きを示しています。この傾きがあるからこそ四季が生まれるのだそうです。
そんな季節や気候などの変化を、さまざまなテーマに沿った映像で学べるでしょう。極寒の地のペンギンの物語やアフリカの生き物などがあります。上映時間やプログラムの内容は公式ウェブサイトなどで事前に確認することをおすすめします。

いかがでしたか?

動物園のようにさまざまな生き物たちとふれあうことができ、また、水族館のようなアクアリウムや映画館のようなシアターがあるなどエンターテイメントがつまった、オービィ横浜はいかがでしたか?ぜひ、オービィ横浜に訪れた際は、今回ご紹介した5つのことを参考にしてみてくださいね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する