• はてぶ
  • あとで
中国最後の秘境!民族文化と雄大な自然の残る「貴州省」絶景スポット5選

中国西南部にある「貴州省」という場所をご存知ですか?日本の26倍もの国土を誇る中国には、日本ではまだあまり知られていない「秘境」があるんです。そのひとつが貴州省。独特の風景に珍しい地形の自然が見られたり、少数民族の集落で独自の文化を体験できたりと見どころ満載です。今回は、そんな貴州省の行ってみたくなる魅力的な観光スポットを5つご紹介します。

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

今、中国で一番気になる場所「貴州省」

高原山地に囲まれて豊かな自然が溢れる貴州省は、美しいカルスト地形や壮大な滝など中国有数の絶景スポットが多く残る場所。そんな大自然の中で、独自の文化や習慣を守りながら多くの少数民族が暮らしていることでも有名です。

また「中国避暑の都」とも言われるほど年間通して過ごしやすい気候ということもあり、今中国で「一度は行ってみたい場所」として注目されているエリアなんです!
今回はそんな貴州省でおすすめな観光スポットを厳選して5つご紹介します。こんな秘境があったんだ!とすぐにでも行ってみたくなるかも知れませんよ。

①▷アジア最大の滝、黄果樹瀑布(こうかじゅばくふ)

shutterstock
自然の宝庫とも言われる安順市にある「黄果樹瀑布」。幅100メートル、高さ78メートルという大きさは中国を飛び越え、なんとアジアでも最大!その迫力と絶景は多くの滝や奇岩の集まる景勝地「黄果樹風景区」の中でも一番の人気スポットです。
shutterstock
季節ごとに様々な表情を見せる「黄果樹瀑布」ですが、水量が増えて最も迫力を感じられる“夏”に行くのがおすすめ。午前、午後と時間帯によっても雰囲気が変わります。運がよければ虹が見れることも!迫力の風景が一気にロマンチックな風景に早変わりです。

②▷おとぎ話のような絶景、万峰林景区(わんふぉんりんけいく)

shutterstock
石灰岩でできた小高い岩山が見渡す限り続く「万峰林景区」。中国でもっとも大きくて美しい“カルスト台地の森”と言われる貴州省ならではの光景です。

「国家重要景勝地」に選ばれるなど数多くのお墨付きを持つこの地区は、日本の田園風景とも異なり、壮大だけどどこかメルヘンチックな可愛らしさが感じられます。
shutterstock
岩山の森林以外にも、カラフルな畑や美しい集落でも有名で、まるで絵に描いたような中国らしい広大な景色が広がります。現地は標高も高いので観光バスでの移動が便利ですが、時間があれば遊歩道を歩いて散策したり、レンタサイクルで回ったりすることもできますよ。

③▷タイムスリップしたみたいな街、青岩古鎮(せいがんこちん)

提供:貴州省
中国観光では、昔ながらの建物が並ぶ街「古鎮(こちん)」の散策も人気。貴州省にもいくつか「古鎮」はありますが、おすすめしたいのは貴州省4大古鎮の一つ「青岩古鎮」。中国の伝統的な建築物が多く、明・清時代の建築物博物館とも言われているんです。
「古鎮」の魅力はただ風景を楽しむだけでなく、街を歩きながら伝統工芸に触れたり名物料理に舌鼓を打ったり、その土地の文化に直に触れられること。「滷猪蹄(豚足煮込み)」や「鶏辣角(鶏肉の唐辛子漬け)」など、四川省に近く辛いものを好む貴州省ならではの料理が堪能できます。

④▷ミャオ族文化が体験できる、西江千戸苗寨(せいこうせんこみゃおさい)

shutterstock
「西江千戸苗寨」は、貴州省に暮らす少数民族「ミャオ族」のもっとも大きな集落。川に面した山の斜面にずらりと並ぶ高床式の建築群「吊脚楼」は圧巻の光景です。ここではミャオ族の暮らしを体験したり、伝統文化を身近に感じられる祭りやショーを楽しむこともできますよ。
川沿いのエリアには飲食店、お土産店、カフェなどが並ぶ通りが迷路のように広がり、所々に博物館もあるので見どころがいっぱいです。

ゆっくりと見て回りたいなら、周辺の宿に泊まってみるのもおすすめ。美しい夜景や朝の幻想的な風景は、泊まった人にしか見られない特権です。

⑤▷秘密にしたいほど美しい世界遺産、茘波(れいは)・大小七孔風景区

shutterstock
2007年に世界自然遺産「南方カルスト地形」に登録された「茘波」は、中国でもっとも美しい森の一つと言われている場所。

カルスト地形が生み出した美しいエメラルドクリーンの湖は、息をするのも忘れてしまいそうな絶景です。観光客もまだ比較的少ないため、自然の音に耳を傾けながらゆったりと景色を楽しめる場所です。
shutterstock
そんな幻想的な風景に浮かぶ「七孔橋」は、「茘波・大小七孔橋風景区」の名前の由来になった橋です。地元の伝説によると、七孔橋を恋人同士で1歩進むと1年、渡りきると共に一生を過ごしたことを意味するそう。ぜひ大切な人と行ってみて下さいね。

いかがでしたか?

まさに「秘境」という言葉がぴったりな貴州省の魅力的なスポットをご紹介しました。まだまだ日本人の知らない素敵な場所がたくさんある中国。“今までに見たことのない絶景”を探しにぜひ出かけてみて下さいね!

関連するリンクこの記事に関連するリンク