• はてぶ
  • あとで
ガイドブックには載っていない!世界の「アートが溢れる街」8選

みんなが知っているド定番の観光地に行って写真を撮るのは、もう飽きた!せっかく海外旅行するなら、面白い写真を撮りたい!そんな、普通の海外旅行じゃちょっと物足りないあなたに是非行ってもらいたい、世界の「アートが溢れる街」をこっそり教えちゃいます!友達に羨ましがられる写真がきっと撮れるはず!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

普通の海外旅行じゃ、物足りない?

ガイドブックに載っている定番の観光地でピース。
そんな決まり切った写真を撮るのはもう飽き飽き。

なんて思っている方、結構いるのでは?
今回は、そんな「普通の旅に飽きた」あなたにだからこそ行って欲しい、世界の「アート溢れる街」を紹介しちゃいます!

言葉では表現できない何かが、描き表されているはず!

1. ジョージタウン (マレーシア)

マレーシアの世界遺産・ペナン島のジョージタウンのストリートアートはあまりにも有名。
街中の至る所に、現実のものと一体化したアートが点在しています。

一番有名なアートは、上の写真のバイクに乗る少年。
また、ストリートアートだけでなくワイヤーを使ったアートもあるんです!
あの有名な「ジミーチュウ」のワイヤーアートも、街のどこかに隠れています。
bookingで見る

38Jalan Larut10500 ジョージタウンマレーシア

写真を投稿する
3.00 00

2. グラナダ (スペイン)

世界でも有名なグラフィティ(落書き)のアーティストが集まるのがここスペイン・グラナダ。
もはや単なる落書きではない、思わずハッと息を呑むような作品がたくさん。

3. 梨花洞 (韓国)

韓国・ソウルにある「梨花洞(イファドン)」は、路上美術館と称されるほど、素敵なアートが溢れています!

女の子のハートをわしずかみするアートが多いのも特徴的。
お店の壁から階段まで、思わずかわいいと口にしてしまいそうなアートばかり。
筆者も先日梨花洞でたくさん写真を撮ってきました!

4. ホイザー・レーン (オーストラリア)

オーストラリア第2の都市であるメルボルンは、アートの街としてもすでに有名。
そのメルボルンにある「ホイザー・レーン」という場所に、様々なアートがあります。
わざわざこのアートを見るためにメルボルンを訪れる人もいるのだとか。
日本ではなかなかお目にかかれないアートストリートは圧巻!

5. ブッシュウィック (アメリカ)

アメリカ・ブルックリンにある「ブッシュウィック」という街。
ニューヨークに長年住んでいる人でもなかなか訪れないという穴場なのだとか。
そんな「ブッシュウィック」、最寄駅を降りると街一帯がグラフィティで埋め尽くされています!
グラフィティのお祭りも開催されているようで、今アメリカで一番ホットなアートの街と言えるでしょう。
3.02 029

6. 彩虹眷村 (台湾)

台湾・台中市にある謎のアート村「彩虹眷村(さいこうけんそん)」。
ここがアートな村になった理由は、この村に住む当時87歳だったおじいちゃんにあり。
「ただただ退屈だったから」。
そんな理由から村の家屋の壁に絵を描き始めたのだそう。

今や台湾の穴場スポットとして密かに有名になりつつある場所です!

7. バルパライソ (チリ)

南アメリカ・チリにある「バルパライソ」には、どこかで見たことある、あのピアノの階段のアートや、まるでゴッホが描いたような絵が。
世界遺産の街でも有名な「バルパライソ」。
チリ最大の港町であり、19世紀に火薬の原料である硝石を輸出する港として栄えたのだとか。

アートはもちろん、カラフルな家がたくさんあるので絵になりますね!

8. ベツレヘム (パレスチナ自治区)

最後に紹介するのは、あのイエス・キリストの生誕地、パレスチナ自治区・ベツレヘムにあるアート。
ここには、グラフィティ・アーティストとして有名な「バンクシー」が描いた絵がいくつもあります。
このアートの特徴は、現在問題となっているパレスチナ問題や、周辺地域の紛争などを風刺した絵であること。

なかなか訪れるのが難しい場所ですが、機会があれば是非バンクシーが描いた絵を見てみたいものです。

カメラを持って、アートの街を探索しよう!

いかがでしたか?

口コミから広がった、ガイドブックにはなかなか載っていない素敵な街がたくさん。
宝探しのような気分で、是非海外でアート巡りをしてみて!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

gun-chanカメラとビール!

このまとめ記事に関して報告する