• はてぶ
  • あとで
海外旅行気分!「アジアンオールドバザール」でしたい5つのこと

アジアンオールドバザールはご存知ですか?栃木県にあるテーマパークなんですが名前だけ聞いてもいまいちピンとこないですよね。アジアン?バザール?どんなことができるの?今回はアジアンオールドバザールでしたい5つのことをご紹介したいと思います(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

アジアンオールドバザールってどんなとこ?

アジアンオールドバザールは栃木県那須郡那須町(なすぐんなすちょう)にあるアジアの国々をモチーフにしたテーマパークです。アジアの国はいくつかありますがこのテーマパークはインドネシア・バリ島、ベトナム、ネパールをモチーフにしています。テーマパークと言いますがそこまで大きなテーマパークというわけではなく比較的小さなテーマパークといった感じです。そんなテーマパークに詰まった大きな楽しみを今回は5つ紹介したいと思います。

①入館するとそこはもう「アジアン」!

テーマパーク内に入ればそこはもう別世界。エキゾチックな石像、建造物、熱帯植物の数々が館内に見てとれます。そういうオブジェクトに囲まれた館内を歩くだけで海外旅行気分を味わえてしまいます。入園するだけなら無料なので「海外旅行は行ってみたいけど、どこか不安」「インドネシア、ベトナム、ネパールってどんな国なんだろう」という方でもオススメできます。まずは入館してアジアンな気分を味わってしまいましょう。

②館内で体験してみたい「オブジェクト」たち

館内にあるものは見るものだけじゃありません。お経が書かれた鐘のようなものがいくつもぶらさがっている「マニ車」は横に回転できるようになっていて回せば回すほどお経を唱えたことになるんだとか。また、「メコン池」では皿の中にコインを投げ入れることに成功すれば願いが叶うかもと言ううたい文句の「ブッダのお皿」、金運、商売繁盛を司る「ガネーシャ像」など、願いごとや運気アップといったことに目がないといった方はぜひ訪れてそのご加護を受けちゃいましょう。

③味わっておきたい!「アジアンレストラン」

もちろんテーマパーク内にはアジアンレストランがあります。しかも二つも!「ウブドレストラン」では「ナシゴレン」「ミーゴレン」といったバリ島ならではのメニューが用意されています。「メコンレストラン」では「フォー」、「チェー(ベトナム風ぜんざい)」といったベトナム料理やその他にタイ料理を堪能できちゃいます。これはどっちのレストランに行こうかと迷っちゃいますよね。いっそのことどちらも入店しちゃうというのもアリかも。

④ショッピングだって楽しめちゃう

館内には3つのショップがあります。バリ島のアイテムを取り扱っている「ウブドショップ」、ベトナム雑貨店「メコンショップ」、ネパールの雰囲気漂う「ポカラショップ」。なんでもここのグッズを買うためだけにわざわざ遠いところから訪れる人もいるのだとか。よりどりみどりなグッズの数々に見てるだけでも楽しめてしまいます。テーマパークに遊びに来たついでにお土産を買って帰るのもいいですがこのショップをそもそもの目的として訪れるのもいいかも。

⑤豪華な期間限定イベントも満載

毎年9月には秋恒例の「ナイトバザール」というイベントが催されているんです。生演奏やフラダンス、大道芸などを見ることができレストランのメニューもタイムセールでいただけちゃいます(日付や時間帯によって変わります)。さらに毎年秋には「ハロウィンフェスティバル」が行われます。ハロウィンだからといって仮装しないと参加できないというわけではなく誰でも参加可能。レストランもハロウィン限定メニューが並んだりとワクワクなイベントとです。これは参加するしかないですね。

いかかでしたか?

栃木県那須にあるエキゾチックな雰囲気を味わえる魅力あるテーマパーク「アジアンオールドバザール」はいかがでしたか?ちょっとした海外旅行気分を味わいにぜひ訪れてみてくださいね。

詳細情報

栃木県那須郡那須町湯本ツムジガ平506-20

3.75 10197

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する