• はてぶ
  • あとで
マドリードから日帰りで!セゴビアの美しい観光スポット7選

マドリードに訪れた際に是非訪れて欲しいのが、美しい中世の街並みが残る世界遺産の町「セゴビア」です。マドリードから高速列車で30分ほどで到着するので日帰り旅行もオススメ!旧市街は徒歩でまわれるほどの広さで、町の入り口から伸びる道に沿って主要な観光地があるので観光はとっても楽ですよ。今回はそんなセゴビアのスポットを、旧市街の入り口から観光ルートに沿ってお伝えします。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

セゴビアとは?

セゴビアは、スペインの首都マドリードから程近い世界遺産の街。中世の雰囲気を今に残す旧市街やローマ時代の水道橋、美しいお城が人気の高い観光地です。かつてはカスティーリャ王国の中心地として栄えていました。古い街並みや古城は今でもその栄華を思わせます。町の案内看板には日本語表記もあります。
〈アクセス〉
バス:マドリードのモンクロアバスターミナルからLa Sepulvedana(ラ・セプルベダーナ)社のバスで約1時間
電車:マドリードのチャマルティン駅から国鉄レンフェのAVEで約30分

①水道橋

まずはじめにご紹介するのは、セゴビアの旧市街の入り口にそびえる「ローマ水道橋」です。セゴビアを訪れる全ての人をまずはこの美しい水道橋が迎えます。なんとローマ時代紀元1世紀ごろに建造されたもので、15km以上離れた川から水を町に引いていました。驚くことにこの水道橋を築く石は接合材が一切使われておらず、計算されたバランスと石自体の重みで倒れることなく立ち続けているのです。
また、この水道橋はあまりに巨大な建築物なので人間が造れるものではない、と言い伝えられ「悪魔の橋」という異名を持っており、現代にかつてのローマ人の技術の高さを伝えています。見れば見るほど、その均整のとれた美しい形と巨大さに感動してしまいますよ。水道橋をくぐり抜けた先は、いよいよ城壁に囲まれた歴史地区です。

詳細情報

Plaza del Azoguejo, 1, 40001 Segovia, スペイン

3.11 365

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

②セルバンテス通り / フアン・ブラボ通り

水道橋のあるアソゲホ広場の奥へ進むと、レストランやカフェが並ぶ「セルバンテス通り」、そして「フアン・ブラボ通り」へと続きます。スペイン発祥ブランドのアパレル店や土産物店などもあり、ショッピングやお土産探しを楽しむことができます。
多くの観光客で行き交うこの通りでは、大道芸や楽器の演奏をするストリートパフォーマンスにもタイミングが合えば出会うことができます。同系色で統一された家々はとてもフォトジェニックで、また壁の装飾も美しく歩くだけでも楽しい通りですよ。

詳細情報

Calle Cervantes, 40001 Segovia, Spain

写真を投稿する
3.00 00

③マヨール広場

通りを抜けると、開けた「マヨール広場」に到着します。広場にか取り囲むようにレストランやカフェが軒を重ねていて、お昼の時間には多くの観光客で賑わいます。マドリードのマヨール広場よりは規模は小さいですが、地方都市の広場らしいのんびりとした落ち着いた雰囲気です。観光案内所もこのマヨール広場にあります。
セゴビアを訪れたら食べたいのがセゴビアの名物料理、コチニーリョ・アサード(子豚の丸焼き)です。生後間もない子豚を丸ごとオーブンで焼き上げているので、お肉は柔らかくとてもジューシー。子豚をモチーフにしたお土産も売られているほど、セゴビアでは定番のお料理です。是非マヨール広場のレストランで味わってみてくださいね!

詳細情報

Mayor,40001Segovia,スペイン

- 015

④カテドラル

マヨール広場に到着したらすぐ目に入るのが、「カテドラル(セゴビア大聖堂)」です。250年もの歳月をかけて建設され、スペインの中では最も新しいゴシック建築の大聖堂です。スカートの裾を広げたような美しい佇まいから「大聖堂の貴婦人」とも言われています。
ルネサンス様式の芸術作品が残る内部も必見。当時の王エンリケ4世から寄贈された聖母マリアのステンドグラスは特に有名です。また、大聖堂の礼拝堂のわきに位置する塔は街の一番高い位置にあり、登ればセゴビアの美しい街を見通すことができますよ。

詳細情報

⑤サン・エステバン教会

マヨール広場から伸びる道を通ると見えてくるのが「サン・エステバン教会」です。中に入ることはできませんが、外観が美しく一見の価値がある教会です。13世紀ごろに建てられたロマネスク様式の教会で、その回廊や柱頭は当時のままだそう。
6層にも積み上げられた塔は高さが53mもあり、同様式の塔の中ではイベリア半島で最も高いもの。そのため「塔の女王」とも呼ばれています。マヨール広場からそのままカテドラルに向かってしまうと通らない隠れた場所にあるので、是非少し回り道をしてこの美しい教会を一目見てみては?

詳細情報

plaza de san esteban, segovia

3.01 06

⑥アルカサル

次にご紹介するのは、セゴビア旧市街の最奥、切り立った崖の上にそびえ立つ「アルカサル」です。その美しい外観からおとぎ話のお城のモデルにもなっています。元々はローマ時代の要塞があった場所で、13世紀に城が築かれてからはその後の歴代の王たちによって改築されていきました。まさに天然の要塞、難攻不落の城であり、中世の時代には王の宮殿であったと同時に軍事拠点でもありました。しかし、マドリードに宮殿が築かれ国の中心が移ってからは、2世紀もの間牢獄として使われていました。
アルカサルの見所はその美しい外観だけではありません。現在アルカサルの内部は博物館のようになっていて、「玉座の間」「ガレー船の間」といった豪華絢爛な部屋の数々、牢獄跡などが見学できます。イスラム文化と融合した美しいムデハル様式の内装や鮮やかなステンドグラスは必見です。セゴビアを訪れたからには、このスペイン屈指の名城を見学して、スペインの歴史を感じてくださいね。

詳細情報

⑦ラ・ベラ・クルス教会

最後にご紹介するのは、旧市街から少し歩いてたどり着ける「ラ・ベラ・クルス教会」です。アルカサル前の広場のわきから坂を下って行くことができます。13世紀にテンプル騎士団によって建てられた教会で、スペインでは珍しい12角形の形をいています。建てられた中世の時代からそのままの姿を現代にとどめています。
ほとんどの観光客はアルカサルを見学した後に引き返してしまうのですが、この教会をオススメする理由はその歴史的価値だけでなく、教会に行くとアルカサルの外観を一望できるから。断崖にそびえるその姿は崖の下に降りなければ見ることはできません。ラ・ベラ・クルス教会へ向かう道は、そこまで人も多くなく、落ち着いた雰囲気の中で静かな道を散歩できます。教会から見上げる壮大なアルカサルの外観は必見ですよ。

詳細情報

Ctra. de Zamarramala, 40003 Segovia, スペイン

- 011

美しい古都を訪ねよう。

いかがでしたか?スペインの首都マドリードを訪れた際は是非少し足を伸ばして、歴史感じる美しい町「セゴビア」を訪れてみて下さいね。きっとスペインの新しい魅力を発見できるはず…!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する