• はてぶ
  • あとで
当サイト内のおでかけ情報に関して

情報は記事掲載時点のものです。施設によって営業時間の変更や休業などの可能性があります。おでかけの際には公式HP等で事前にご確認ください。また、当サイトではアフィリエイトプログラムを利用しており、ご紹介するお出かけスポットや商品に、アフィリエイトリンクを設置している場合があります。RETRIPでは引き続き、行き先探しに役立つおでかけ情報を提供していきます。

このまとめ記事の目次

⑨お酒を飲む際の注意点

ハワイでは、飲酒は法律で21歳からと決まっています。しかし、日本と同じ感覚でお酒を楽しもうと考えると要注意。飲酒については日本よりも格段に厳しいルールがあるんです。まず、お酒を購入する際は必ずと言っていいほどIDの提示を求められます。購入する際にはパスポートを持って行くと良いでしょう。また、深夜帯にはお酒が買えないシステムなので要注意。
お酒が飲みたいと思ったらホテルのバーやビアホールなどに訪れるのがおすすめ。公共の場での飲酒も禁止されているのでビーチでのんびり夕日を眺めながらビールを一杯、なんていうことも禁止です。ルールを守って楽しくお酒を頂きたいですね。

⑩払うのが当たり前!チップはスマートに

日本にはないシステムといえば“チップ”。なかなか親しみのないこのシステムに戸惑う人も多いのでは?レストランなどで必要なチップは一般的に15パーセントほどと言われています。クレジットカード会計では、レシートにチップ料金記入欄があるのでそちらにお好きな料金を記入してください。
また、一般的にテイクアウトのカフェやファストフード店ではチップが必要ないと言われていますが、会計時にipadにチップを選ぶ場合がたまにありました。ラテアートをしてくれた場合や丁寧に接客をしてくれた場合には、チップを渡すのも大人のたしなみ。レジの横に貯金箱のようなチップ入れが置いてあるお店も多いです。

⑪“ハッピーアワー”を賢く活用

日本にも存在する「ハッピーアワー」。お昼すぎや夕方などの比較的お店が空いている時間に、お酒や食事が安くなるサービスなのですが、ハワイはハッピーアワーがとっても盛んなんです。決して物価が安いとは言えないハワイですが、リーズナブルに食事を楽しみたい時には賢くハッピーアワーを利用するといいかも。
中でもロイヤルハワイアンセンター内にある高級ステーキレストラン「ウルフギャング」はとってもおすすめ。11:00〜18:30とハッピーアワーの時間が長いのも嬉しいですよね。お店に入るとランチかハッピーアワーか聞かれるので利用したい方を答えましょう。ハッピーアワーは予約ができないので、時間に余裕がある時にはおすすめです。

詳細情報

⑫クレジットカードは不可欠

日本でも話題のキャッシュレス化が、ハワイでも進んでいます。現金では利用できないサービスもたまにあるんですよ。1つ目に紹介したbikiというレンタサイクルもその一つ。自動販売機も、コインかクレジットカードしか利用できないものがあったりなど、ハワイ旅行にカードは不可欠と言えるでしょう。

※画像はイメージです

ホテルにチェックインの際もデポジットとしてカードの提示を求められることがよくあります。しかし、フードトラックなどは現金のみの支払いとなるお店も。現金とクレジットカード、どちらも準備しておくと、効率よくさらにハワイ旅を楽しむことができます。

楽しく安全に、素敵なバカンスを。

ハワイ旅行前に知っておきたい12のこと、いかがでしたか?慣れない海外で不安なことも多いと思いますが、ルールや旅行のコツをきちんと習得すればとっても充実した旅になると思います。ぜひ素敵なバカンスを楽しんでくださいね。(※なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

hawaii_puaハワイ情報配信中

このまとめ記事に関して報告する