• はてぶ
  • あとで
秋ならではの絶景を。日本全国「10月下旬に見頃を迎える」紅葉スポット10選

秋の風物詩の1つといえば、「紅葉」。木々が赤や黄色に染まる光景は、何度見ても美しいと感じるものですよね。今回はそんな秋ならではの絶景である紅葉を10月下旬に楽しめる日本全国のスポットをご紹介します。家族や友達とのおでかけや恋人とのデートに、ぜひ足を運んでみてくださいね。(※掲載されている情報は記事公開時点のものです。必ず事前にご確認ください。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

【1】蔦沼 / 青森県

例年の紅葉見頃:10月中旬~10月下旬

まず最初にご紹介するのは、青森県にある「蔦沼(つたぬま)」という紅葉スポットです。紅葉の見頃の時期になると、あたり一面真っ赤なもみじに囲まれた幻想的な光景が広がります。近くには温泉もあるようです!(2021年は事前予約制が導入されています。詳細は十和田市公式ホームページをご確認ください。)
水に反射した水鏡が、さらに珍しい風景を見せてくれます。日本国内でも有数の人気紅葉スポットなので、この風景を見るために足を運ぶ価値も存分にありますね!散策できる道もしっかりと整えられているので、紅葉狩りのしやすさもおすすめポイントの1つです。

詳細情報

【2】雲場池 / 長野県

例年の紅葉見頃:10月中旬~11月上旬

続いてご紹介するのは、長野県にある「雲場池」というスポットです。池を囲むように木々が生えており、紅葉の季節になると赤や黄色に染まります。池の青さと木々の紅葉とのコントラストが自然の雄大さを感じさせます。
こちらでも水鏡という、池に木々が反射する様子を楽しむことができますよ。遊歩道もしっかりと整備されているので、紅葉のみやすさも抜群です!1周するのに約25分ほどかかるそうなので、お気に入りの場所を見つけてみては?

詳細情報

【3】鳴子峡 / 宮城県

例年の紅葉見頃:10月下旬~11月上旬

お次は東北地方の紅葉スポット、宮城県にある「鳴子峡(なるこきょう)」をご紹介します。高さ100メートルほどもある断崖絶壁で見られるスリリングで大迫力の紅葉スポットです。カエデやブナなど数種類の紅葉を見ることができますよ。
赤と黄色のコントラストは毎年表情を変えるので、その変化も楽しんでみるといいでしょう。近くには有名な温泉地である鳴子温泉があるので、帰りにぜひ立ち寄って温泉を満喫してみてくださいね。きっと素敵な秋の思い出になること間違いなしです。

詳細情報

【4】ドラゴンドラ / 新潟県

例年の紅葉見頃:10月中旬~10月下旬

続いてご紹介するのは、新潟県の苗場高原から田代高原を繋ぐ「ドラゴンドラ」。約5キロ以上も続くゴンドラに乗りながら、紅葉の中を移動していくドラゴンドラは、他の場所では体験できない紅葉狩りができますよ。
ゴンドラが進むごとに移り変わる景色を楽しむことができるのが魅力的ですよね。所要時間は片道約25分と、長時間絶景を楽しむことができるこちらのゴンドラ。まさに贅沢すぎる空中散歩を、ぜひ満喫してみてくださいね。

詳細情報

【5】比叡山延暦寺 / 滋賀県

例年の紅葉見頃 10月下旬~11月中旬

続いて5番目にご紹介するのは、滋賀県の「比叡山延暦寺」です。関西地方は11月に見頃を迎える紅葉スポットが多いのですが、比叡山では比較的早い例年10月中旬から木々が色づき始め、10月下旬には見頃を迎えるんですよ。
比叡山はドライブウェイを利用して上へあがることができ、美しい景色を望みながらドライブを楽しむことができますよ。また世界文化遺産にも登録されている「比叡山延暦寺」は境内全域が紅葉に彩られ、その様子も美しいもの。ぜひ一緒に立ち寄ってみてくださいね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する