• はてぶ
  • あとで
溢れる自然や日帰り温泉で癒されてみる?小野川温泉らしい楽しみ方。

夏はほたる、年中通して日帰り湯などの温泉、温泉街の雰囲気でたまには癒されてみる?…そのようなゆったりした雰囲気がある小野川温泉。ですが、しっかりとグルメやおすすめイベントもあり、訪れる人を飽きさせません。そこでおすすめの小野川温泉らしい楽しみ方、紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

小野川温泉ってどんな温泉?

約1200年前に小野小町が発見したという開湯伝説が残るいで湯。ラジウム含有量は、日本に湧く高温の温泉の中ではトップで、五十肩などの神経系統の症状に効能があるといわれる。

出典:travel.biglobe.ne.jp
「小野川温泉」は、山形県米沢市小野川町にある温泉です。米沢の市街地からも近いことから、「米沢の奥座敷」と評される小野川温泉街があります。小野川温泉・白布温泉の全旅館のお風呂から3カ所が楽しめる「夢ぐり手形(1000円)」が人気で、日帰り温泉するにもおすすめです。
【温泉名】小野川温泉(おのがわおんせん)
【所在地】〒992-0076 山形県米沢市小野川町‎
【泉質】含硫黄ナトリウム カルシウム塩化物泉含ラジウム
【期待できる効能】リウマチ、肥満、月経障害、慢性婦人病、アトピー、慢性皮膚病、火傷、
           切り傷、動脈硬化、高血圧症、
【問い合わせ】0238-32-2740 ※小野川温泉旅館組合

小野川温泉に入泉する。

温泉旅館に立ち寄り湯する(一例)

5F屋上に展望露天風呂と、1Fに大浴場(斧川の湯)と別館側にある小浴場(こまちの湯)がある。露天風呂は、石造りで前面と片側面の半分が開けていて、見晴らしがいい。

出典:onsen.nifty.com
小野川温泉街にある、源泉100%かけ流しの温泉宿です。5階にある「展望露天風呂(男湯?)」は絶景です。土産物屋には、名物の温泉玉子や玉こんにゃくがアツアツの状態で提供されています。
旅館でありながらホッコリできる、人気のスポットです。
【旅館名】小野川温泉 やな川屋旅館(おのがわおんせん やながわやりょかん)
【TEL】0238-32-2211
【住所】〒992-0076 山形県米沢市小野川町2486
【定休日】年中無休
※日帰り湯入浴料等、詳細は公式サイトをご参照ください。

日帰り入浴しました。露天風呂が一つなので男湯と女湯は時間制されてます。私は露天風呂のあるほうに入浴できました。脱衣所が左右に別れてますが、浴室の左側から入るか右側かの違いだけです。

出典:yumap.jp
露天風呂が有名な、人気の温泉旅館です。男女別で時間制限で入れ替わり、ということなので日帰り湯の時は、注意が必要です。メンテナンスがかなり行き届いていると評されている温泉なので、日帰り湯とはいえゆっくりできるのではないでしょうか?
【旅館名】小野川温泉 河鹿荘(おのがわおんせん かじかそう)
【TEL・予約】0238-32-2221・食事付きプランは予約必須
【住所】〒992-0076 山形県米沢市小野川町2070
【定休日】年中無休
※日帰り湯入浴料等、詳細は公式サイトをご参照ください。

外湯に立ち寄り湯する(一例)

湯治の小野川温泉に二回行ったが火傷や皮膚病に効くと言われたが源泉だから効き過ぎた様で痛くなりまして病院に行きました気を付けて下さい。

出典:travel.biglobe.ne.jp
小野川温泉街の中心にある、管理者不在の共同浴場です。露天風呂は無く、男女別の内湯のみです。観光客相手というよりは、地元密着型の温泉でもあります。外観はかなり特徴的なので、所在等が解り易いはずです。
【施設名】小野川温泉 共同浴場「尼湯」(おのがわおんせん きょうどうよくじょう あまゆ)
【住所】〒992-0076 山形県米沢市小野川町2472-2
【定休日】年中無休
【その他】入浴券は、近隣の『つるや商店』、『山川屋商店』で購入。
【問い合わせ先】0238-32-2740※小野川温泉旅館組合
※詳細下記サイトをご参照ください。

最上川の源流、大樽川の河畔に位置する石組みの露天風呂。6月下旬から小野川温泉ほたるまつりが開催され、期間中は湯船からほたるが見られることも。

出典:onsen.nifty.com
「おいしいタマゴスープのようなダシ湯」と評されるお湯が特徴の、男女別の露天風呂のみの無人の公衆浴場です。大樽川の河畔にありながら塀で囲われていて、せっかくの景観が眺められないのが少々残念ですが、一方で湯温は高く体の芯から温まる温泉ではあります。
【施設名】小野川温泉 小町の湯 (おのがわおんせん こまちのゆ) 
【住所】〒992-0076 山形県米沢市小野川町‎
【日帰り入浴時間】冬期間 7:00~17:00
【定休日】年中無休
【問い合わせ先】0238-32-2740※小野川温泉旅館組合
※詳細下記サイトをご参照ください。

おすすめグルメは?

【米沢牛】ミートピア

米沢牛をリーズナブルに戴くという意味でとても満足いくお店です。ランチもやっています。お昼からすき焼きやステーキを頂くのは贅沢と思われるかもしれませんが、お安く美味しく米沢牛が楽しめるのでお薦めです。

出典:www.tripadvisor.jp
米沢市内にある口コミで人気の肉料理専門店です。精肉店の2階に店があるため、米沢牛をはじめとした様々な肉料理がリーズナブルで楽しめます。小野川温泉からは少々離れますが、米沢牛は外せないでしょう。ランチメニューも豊富にあり、手軽に利用できるお店です。
【店名】ミートピア(みーとぴあ)
【TEL・予約】0242-92-3850・予約可
【住所】〒992-0045 山形県米沢市中央1-11-9
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】日曜日
※詳細は公式サイトをご参照ください。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する