• はてぶ
  • あとで
山水画の世界!広島「三段峡」でしたい5つのこと

お休みの日は、広島県の秘境「三段峡(さんだんきょう)」へ足を運んでみませんか? 三段峡は、山と川のエメラルドグリーンに染まる風景が素晴らしい観光名所です。三段峡は三段滝や二段滝、黒渕に渡舟と注目スポットばかり。この記事では三段峡でしたい5つをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

三段峡(さんだんきょう)とは?

広島県の安芸太田町にある三段峡(さんだんきょう)とは、フランス・ブルーガイドで三ツ星にも認定された大峡谷です。美しい山々に清らかな水流が魅力で、登山と渡舟が楽しめます。登山ルートは多数用意されており、初心者向けの短時間コースもあります。これなら山に馴染みがない方でも訪れやすいのではないでしょうか。今回の記事では、そのような雄大な自然を満喫できる三段峡でしたいことについて、詳しく紹介していきます。

①日本百景「三段滝」を見る

まず初めにしたいことは、三段峡のメインスポット「三段滝」を見ること。三段滝というの、は三段に水が落ちていく大きな滝です。三段滝のほかに二段滝や姉妹滝など複数の滝があり、三段滝はその中でも最深部に存在します。この三段滝は全長が約30mもあり、滝の上部から流れ落ちる水流の姿は圧巻です。滝の周囲は岩山で囲まれていて、季節によっては滝とともに紅葉なども鑑賞できます。新緑の季節なら青々とした葉の色合いも見ものでしょう。移りゆく季節の色合いも併せて堪能してくださいね。

②「黒渕」で美麗な風景の写真撮影をする

三段峡でしてみたいことの2つ目にご紹介したいのは「黒渕」での美麗な風景の写真撮影です。黒渕は渡舟に乗船して進んでいきます。両サイドの絶壁には、自然の力強さが現れているのが特徴です。隙間から覗く太陽の日差しで、川の色味が濃い緑色に見えたり、柔らかなよもぎ色に見えたりと次々に変化していきます。美しいグラデーションは写真を鮮やかに仕上げてくれるはずです。渡舟の運行時間や料金などは、事前に確認しておくといいでしょう。

③「森林セラピーツアー」に参加する

三段峡でしたいこと3つ目にご紹介するのは、癒やしの「森林セラピーツアー」への参加です。この森林セラピーツアーは、三段峡がある安芸太田町のヘルスツーリズム推進協議会が開催しているイベント。専門のツアーガイドさんの案内で、森林に触れ癒やしの時間が体験できます。自然の中で過ごし、心もスッキリ癒やされるのではないでしょうか。こちらの森林セラピーツアーは前もって問い合わせ、予約が必要です。体験に参加される場合は注意してくださいね。

④「いこいの村ひろしま」で食事する

4つ目に三段峡でしたい内容は、グルメを満喫「いこいの村ひろしま」での食事です。慣れない山道を歩いたりとたくさん体力を使いますから、いこいの森ひろしまの食事処でお腹を満たしましょう。また、ここは休憩・宿泊施設でもあるので、温泉に入ったりと宿泊も可能です。いこいの森ひろしまのレストランでは、ランチメニューも用意されています。お昼ご飯をいこいの村で食べてから、目的地の三段峡に行く場合にも利用しやすいかと思います。
rakutenで見る 他の提供元を表示2件
  • 広島県山県郡安芸太田町松原1-1
  • 0826-29-0011

⑤近くの「らぴっど」でカヤック体験をする

ラストは三段峡のすぐ近くにある「らぴっど」で、カヤック乗りに挑戦することです。カヤックスクールの施設・らぴっどは、三段峡登山入り口にあります。初めてカヤックに乗る場合でも問題なく体験できますよ。またカヤックはその細長い見た目から、あっという間にコロンとひっくり返りそうなイメージがあるかもしれませんね。ですが体験時は安定性の高いカヤックを使用します。ぜひ安心してカヤック乗りにチャレンジしてみてくださいね。
  • 広島県山県郡安芸太田町柴木

いかがでしたか?

三段峡は、日本百景に選ばれるほどの絶景スポットです。自然の中に残る、日本らしい繊細な美しさは一度は見ておく価値があります。加えて地球の素晴らしさも感じとれるでしょう。これから先も長く残しておきたい、美しい秘境、三段峡を訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • 広島県安芸太田町
  • 0826-28-1800

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する