• はてぶ
  • あとで
思わず心がぷるんぷるん!「群馬こんにゃくパーク」でしたい5つのこと

皆さんこんにゃくはお好きですか?いろんな料理の食材となっていて馴染みあるこんにゃくですが実は群馬県に「群馬こんにゃくパーク」というこんにゃくに関していろんなことが楽しめる施設があるんです。今回はその群馬こんにゃくパークでしたい5つのことを紹介したいと思います。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

身近なこんにゃくともっと「お近づき」になれる施設

群馬こんにゃくパークは群馬県甘楽郡(かんらぐん)にある主にこんにゃくを製造している工場です。車なら上信越(じょうしんえつ)自動車道の「富岡インターチェンジ」を下りて10分程度の場所にあります。こんにゃくのほかにもゼリーや白滝も製造しているこの工場ですがここでは製造を見学したりこんにゃく作りを体験したり食べたりとこんにゃくについていろんなことを楽しめちゃうんです。今回はそんな群馬こんにゃくパークでしたい5つのことを紹介したいと思います。

①こんにゃくの新たな側面を発見

この施設は色んなところを見て回れるのですがまず目を引くのがカラフルでファンシーな施設の外見でしょう。こんにゃくというどこか素朴なイメージが払拭され見学をウキウキさせてくれますよね。製造過程も見学できますがそのほかにもこんにゃくの歴史や雑学など様々なこんにゃくのあれこれを知ることができます。身近な存在であるこんにゃくについて新たな発見があること間違いなしです。

②見るだけじゃなくて実際に体験してみよう

この施設では実際にこんにゃくづくりを体験することができちゃいます。こんにゃくづくりはいくつかのコースがあってフルーツをトッピングするコースやこんにゃくを色付けするだけのコースから粉からこんにゃくを作る本格的なコースもあります。どれも楽しそうな体験コースですね。しかも出来上がったこんにゃくは食べたり持ち帰りしたりすることもできるんです。ぜひ一度は体験してみたいですよね。有料で別途予約が必要になるのでホームページを確認して下さいね。

③こんにゃく料理のバイキングを堪能

施設内にはこんにゃく料理のバイキングコーナーがあります。こんにゃくラーメンやこんにゃく芋、こんにゃくの辛煮などなど多彩なメニューが楽しめます。しかもおどろくことにバイキング料金はなんと無料!これはすごく太っ腹ですよね。さらにこんにゃくの寒天ゼリーを用いたこんにゃくスイーツバイキングのコーナーまであるんです。老若男女誰でも楽しめるこんにゃくバイキングを堪能しつくしちゃいましょう。

④足湯で疲れをほぐしていこう

群馬こんにゃくパークには「足湯」もあるんです。こんにゃくと足湯、いったいどう関係があるのかと疑問に思うかもしれませんが実は工場内でこんにゃくを製造したときに発生する蒸気を使って沸かしているんですね。なるほどこれは無駄がありませんね。しかも足湯の種類は4種類と豊富なうえに無料なんです。施設内の見学で歩き回った後やこんにゃく作りに励んだ後はこの足湯を訪れて疲れを癒しましょう。

⑤世界遺産も!周辺にも訪れるべき名所がたくさん

こんにゃくパーク周辺にもお勧めスポットがいくつかあります。こんにゃくパークから南に1kmほどには名水百選にもある「雄川堰(おがわぜき)」。そこから車で10分ほどの場所には織田氏ゆかりの庭園「楽山園(らくさんえん)」。さらにこんにゃくパークから車で約15分ほどには世界遺産としても有名な「富岡製糸場」もあります。こんにゃくパークを楽しんだ後、余力があればこれらもぜひ訪れていきたいですね。

いかがでしたか?

いかがでしたか?身近な存在であるこんにゃくの奥深さを教えてくれる素敵な施設。こんにゃくが好きな人もそうでない人もぜひ遊びに行ってみましょう

詳細画像

群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1

3.97 28275

参考になったら押してみよう👆

RETRIPからレビュアーに
ポイントが贈られます🎁

ありがとうございます🥰

あなたもRETRIPにレビューを投稿して、パートナープログラムに参加しませんか?

子供も大人も楽しめる!お金のかからない遊び場所!!

こんにゃくの手作りをしたくて、訪問しました! 手作りコーナーは事前の予約をすることをオススメします!オフィシャルHPより、空き状況を見ながら簡単に予約できます。 手作りこんにゃくはグループに分かれて✨各キッキンへ配置されます。学生時代の家庭科の授業風景を思い出す感じです。作り方は先生がレクチャーしてくださり、なおかつ各テーブルに回ってサポートしてくれます。こんにゃくを手作りするのは初めてでしたが、とても楽しかったです。お子様連れの方は勿論、ご年配の方も、若いカップルさんも共同作業なので、あーだ、こーだ、盛り上がって楽しめると思います。こんにゃくの形も手作りですので、作る方によって個性がでて、これもまた食べる時に笑いのネタになること間違いありません!笑 作って直ぐのできたてこんにゃくの味は、超絶!美味でした!スーパーで買って食べるこんにゃくとは全く違います!またあまったこんにゃくは袋に入れてお土産として持ち帰ることができます! できたてで保存料とかもないので、作った日から冷蔵庫保存で2〜3日以内に食べることを案内してくれます。 また、普段はきっと団体のお客様が来るのだと思いますが、駐車場のバス停車位置はガラガラ!団体の方がいなかったのでゆっくり、ゆったり店内を見ることをできました。店内ではこんにゃく製品が格安で購入できて、え!?こんな商品あるの?と驚きの商品に出会えるのも楽しかったです。 また、コロナ影響で普段はブュッフェ式でのあらゆるこんにゃく料理を楽しめるようですが、今回は、こんにゃくラーメンと、味噌田楽、こんにゃくゼリーを頂きました。私達は手作りこんにゃく体験をしたので、これらは無料でいただきました!美味しかったです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する