• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
東武動物公園でしたい7つのこと!動物とのふれあい&遊園地を楽しもう

今回ご紹介するのは、埼玉県にあり、渋谷駅からも1時間弱でアクセスすることができる、「東武(とうぶ)動物公園」です。ここでは、ホワイトタイガーやラクダ、さまざまな種類のサルなどを楽しめる動物園をはじめ、遊園地やプールも併設されています。それでは、そんな東武動物公園でしたい7つのことをみていきましょう!(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします)

このまとめ記事の目次

東武動物公園とは?

東武動物公園とは、動物園・遊園地・プールが一緒になった施設となっています。動物園では、ふれあいやエサやり体験など、動物に近い位置で楽しめます。一方、遊園地では、キッズ向けのものから、絶叫系アトラクションまで幅広い層が楽しめるエリアとなっています。

①動物たちを間近で見る

まず最初にご紹介するのは、ライオンやヒグマなどの大型動物から、日本に生息するタヌキやキツネなどを見ることが出来るエリアです。9つのエリアが集合していて、イヌやネコたちとふれあうことのできる場所もあります。
「ホワイトタイガー舎」、「ヒグマの森」、「ライオン舎」、「ペンギン舎」などがあり、それぞれの動物たちが野生で生息する環境を再現しています。また、「モンキーワールド」では、8種類のサルたちに会えます。

②動物たちとふれあう

次にご紹介するのは、小動物から大きな動物までふれあうことができる体験です。「ふれあい動物の森」のエリアでは、ウサギやヒヨコ、ワオキツネザルなど多くの種類の動物にふれあうことが出来ます。
また、ラクダやビルマニシキヘビにもふれあうことができます。ラクダのこぶを触ってみたり、エサをあげられます。ビルマニシキヘビのふれあい体験では、白と黄色の淡い色の肌にさわれます。動物の体調によって中止になる可能性もあるのでご注意ください。

③動物について学ぶ

次にご紹介するのは、カバやレッサーパンダなどの解説を聞くことができる体験です。その他には、ペンギンやクマがあります。飼育員がガイドを行ってくれるので、ここでしか聞けない話もあるかもしれませんね。
それぞれの動物に飼育員がおやつをあげながら生態についてお話します。また、クイズなども挟みながらの解説なので、楽しみながら学ぶことが出来るでしょう。開始時間が決まっていたり、天候によっては中止にもなるので、訪れる際はWEBサイトや動物園スタッフに確認をおすすめします。

④動物たちにエサをあげる

次にご紹介するのは、ゾウやアルパカなどの動物にエサをあげることができる体験です。その他にも、シカやペンギン、ロバやガチョウなどにもおやつやご飯をあげられます。ワオキツネザルには直接、手のひらでふれあうことができるでしょう。
また、ホワイトタイガーやヒグマにもエサをあげることが出来ます。ヒグマにはりんごやさつまいもなどを、ホワイトタイガーにはお肉をあげられます。肉食の動物がお肉を食べる迫力を間近で見ることが出来ます。それぞれ有料のサービスとなっています。

⑤遊園地を楽しむ

次にご紹介するのは、絶叫系から、ゆったり乗られるアトラクションまで幅広く楽しむことが出来る遊園地です。水上につくられたジェットコースターやメリーゴーランド、ドライブを楽しめるゴーカートなどがあります。
キッズ向けのアトラクションとしては、小さめのジェットコースターやゆったり動く乗り物などがあるので、家族で楽しめます。また、雨天でも乗ることが出来るアトラクションもあるので安心ですね。

⑥レストランで食事をする

次にご紹介するのは、ファストフードをはじめ、食事を楽しめる売店やレストランです。その数は10とさまざまなエリアでおやつや食事をいただけます。クマの形をしたカステラがあったり、目で見ても楽しいものもあります。
その他、ピザやパンケーキのカフェレストラン、和食中心のレストラン、バーベキューや鉄板焼きのレストラン、フードコートとショップが併設されるレストランなど、好みによって選ぶことが出来ます。

⑦ショップでオリジナルグッズをゲット

最後にご紹介するのは、東武動物公園のオリジナルグッズをゲットできるショップです。園内では4つの売店があります。この動物園にいる動物にちなんだグッズも多く、ヒグマの森や動物の毛が入ったキーホルダーなどをゲット出来ます。
ホワイトタイガーにちなんだぬいぐるみや靴下などもあります。また、イニシャルや名前の入ったグッズもあるので、お土産やプレゼントに選ぶのもいいかもしれませんね。その他にも、お菓子や実用的なアイテムも多くあります。

いかがでしたか?

動物を見るだけでなく、実際にふれたりエサをあげたりでき、さらには、遊園地も楽しめる、東武動物公園はいかがでしたか?普段ふれることのできない動物に近づける貴重な場所ですね。ぜひ、東武動物公園に訪れる際は、今回ご紹介した7つのことを参考にしてみてはいかがでしょうか?

詳細情報

eparkMamakoeで見る
  • 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110 東武動物公園
  • 0480-93-1200

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する