• はてぶ
  • あとで
あの絶景を見てグルメして日帰りする?これが松島温泉的楽しみ方!

日本三景と謳われる松島…ですが、絶景だけが有名ではないのも松島です。松島温泉もあり、グルメも堪能でき、カモメもリアルに見る事ができる(かもしれない?)…絶景が見たい人もそうでない人も、思わず日帰りで寄りたくなるおすすめな楽しみ方、ご紹介します!

当サイト内のおでかけ情報に関して

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、施設によって営業時間の変更や休業の可能性があります。おでかけの際には公式HPでご確認ください。また、外出自粛要請の出ているエリアにおいて、不要不急のおでかけはお控えください。
RETRIPでは引き続き読んで楽しめるおでかけ情報を発信していきます。

このまとめ記事の目次

松島温泉について知りたい

松島の景勝を形成しているひとつ…「鐘島」と呼ばれる島です。松島を代表する景色のひとつです。

松島の景勝を形成しているひとつ…「鐘島」と呼ばれる島です。
松島を代表する景色のひとつです。

JR東北本線「松島駅」より徒歩約25分、日本三景「松島」の素晴らしい絶景を一望できる場所に湧き出す温泉地。源泉は1,500メートルもの地下に貯留した数億年前より地熱で温められた天水を利用。

出典:www.isize.com
複数の同名称の温泉地がありますが、「松島温泉」といえばやはり「宮城」の「松島」をイメージする人が多いのではないでしょうか?別名「太古天泉」とも呼ばれる温泉、宮城の松島らしいと思います。また、肌にやさしく入浴者を選ばない泉質なので「美肌の湯」とも言われています。
【温泉名】松島温泉(まつしまおんせん)
【所在地】〒981-0200 宮城県宮城郡松島町
【泉質】アルカリ性単純温泉
【期待できる効能】痔疾、リューマチ、皮膚病、婦人病、高血圧、外傷
【問い合わせ】022-354-2618 ※社団法人松島観光協会

松島温泉の楽しみ方

松島観光の後に、日帰り湯で汗を流すのはいかがでしょうか?

ホテル「松島一の坊」の最大なる特徴は、「八百八景」「五大観」と呼ばれる洗心館5階にある2つの絶景露天風呂です。別に内風呂(大浴場)もあり、いずれも日帰り湯でも利用できます。とにかく、この絶景ぶりは必見です。是非とも、おすすめです。
【ホテル名】松島一の坊(まつしまいちのぼう)
【TEL・予約】022-353-3333 ・昼食付プランは予約必須
【住所】〒981-0215 宮城県宮城郡松島町高城字浜1-4
【定休日】無休
※詳細は公式サイトをご参照ください。
男女別の露天風呂、男女別の内湯があるホテルです。この露天風呂から見える景色も、また絶景です。日帰り入浴のみのサービスは提供されていないですが、昼食付プランがあるとの事。事前予約が必須です。
【ホテル名】松島センチュリーホテル
【TEL・予約】022-354-4111・昼食付プランは予約必須
【住所】〒981-0213 宮城県宮 城郡松島町松島字仙随8
【定休日】年中無休
※昼食付きプラン詳細等は、公式サイトをご参照ください。

松島は日帰り入浴できる旅館がほとんどないため、日帰りだけど温泉に入りたい!という人にはおすすめです。ちょっとした食べ物・飲み物も提供されていて、風呂上りに休憩も可能です。

出典:www.tripadvisor.jp
松島温泉は、日帰り温泉施設は確かに少ないです。そのなかでも「いやしの館」は気軽に日帰り入浴できる貴重な施設です。食事や、エステまでできるスペースも。ただ、湯船は男女別の内湯しかなく、露天風呂はありません。
【入浴施設名】芭蕉の湯 いやしの館 (ばしょうのゆ いやしのやかた)
【TEL】022-353-8155
【住所】〒981-0213 宮城郡松島町松島字石田沢32-1
【定休日】第3水曜日(祝日の場合は翌日)
※詳細は公式サイトをご参照ください。

松島温泉のおすすめグルメは?

【牡蠣】かき松島 こうは

JR松島海岸駅 徒歩すぐにある、地元・観光客問わず口コミ人気の牡蠣専門店です。牡蠣メニューの種類がハンパなく、何と牡蠣バーガーや牡蠣ひつまぶしまである充実ぶりです。松島の牡蠣を堪能したい人は、外せないお店ですこのお店含めて系列店が3店舗あり、それそれ雰囲気が違います。
【店名】かき松島 こうは 松島海岸駅前店(かきまつしま こうは まつしまかいがんえきまえてん)
【TEL・予約】022-353-2311・予約不可
【住所】〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字浪打浜10-11
【営業時間】11:30~17:00頃 【土・日 11:30~18:00頃】
【定休日】火曜、水曜、不定休(事前確認をお勧め)
※詳細は公式サイトをご参照ください。

【パンケーキ】松美庵

「牡蠣」を始めとした「海鮮モノ」強しの松島の中で、かなり異彩を放っている口コミ人気のカフェです。店内はおしゃれな雰囲気でありながら、提供されるメニューは「だてもん」を使った「和スイーツ」をメインとしており、そのギャップがこのお店の特徴となっています。気になるスイーツではありますね。
【店名】松美庵(しょうびあん)
【TEL・予約】022-354-4016・予約可
【住所】〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字町内68 門前店 2F
【営業時間】10:00~17:00
【定休日】不定休
※詳細は食べログサイトをご参照ください。

宮城県宮城郡松島町松島町内68 松かま門前店 2・3階

3.05 02

松島温泉ならではのイベントは?

【記念日行事】日本三景の日

江戸時代の文献に松島・天橋立・厳島(宮島)を「三処奇観」と記し、後の「日本三景」の名付け親となった林春斎の誕生日7月21日を日本三景の日と定めました。

出典:www.matsushima-kanko.com
毎年7月中旬頃は「日本三景の日」を記念した様々なイベントが開催されます。
2015年は、無料でお客様の写真撮影のお手伝いをしたり、ミニタオルを配布、また協賛企業・店舗は各種サービスを提供するなどの内容でした。
<2015年開催データです>
【イベント名】【日本三景の日】記念行事 松島感謝ウィーク
【開催日】2015/7/11(土)~2015/7/21(火)
【開催場所:開催時間】イベントによって違う
【問い合わせ先】022-354-2618 松島観光協会
※詳細は下記サイトをご参照ください。

【牡蠣祭り】松島かき祭り

宮城の冬の味覚の代表「カキ」を堪能できるお祭りが、平成27年2月1日の第1日曜日に開催されます。かき鍋などを無料で味わえる他、「有料炉端コーナー」もあり、 お腹も心も松島を満喫出来ます。

出典:www.matsushima-kanko.com
実は松島は、広島の宮島や北海道の厚岸にも引けを取らない、牡蠣の産地でもあります。その人気の牡蠣「まつり」が毎年1月下旬ごろに開催されます(2016年は2月1日開催予定)。宮城の冬の味覚でもある牡蠣、一番いい旬の時期に堪能できるチャンスです。
<2016年開催予定データです>
【イベント名】第37回松島かき祭り
【開催日】2016/2/01 9:00~14:00
【開催場所】JR仙石線松島海岸駅前グリーン広場
【料金】一部有料 /販売コーナーは有料
【問い合わせ先】022-354-2618 松島観光協会
※詳細は下記サイトをご参照ください。

松島温泉の気になる周辺スポットは?

【遊覧船】松島島巡り遊覧船

「日本三景松島」湾内を50分の船旅でゆったりと愉しむ島巡り仁王丸コース。仁王島、鐘島、千貫島、雄島、双子島、と松島の島々を見ることができます。

出典:www.matsushima.or.jp
多くある観光スポットの中、地名の由来でもあり、まずは松島島巡りは外せないでしょう。遊覧コースは3コースありますが、おすすめはやはり「仁王丸コース」です。もう一つおすすめの理由は「ウミネコ」の餌付けがありますが、残念ながら現在は諸事情により禁止になっています。
【遊覧船名称】松島島巡り遊覧船(まつしましまめぐりゆうらんせん)
【住所】〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字町内85
【仁王丸コース:料金】大人1500円 子供750円  団体…15名以上1割引
【仁王丸コース:出航時間】詳細は公式サイトをご参照ください。
【問い合わせ先】022-354-2233 松島島巡り観光船企業組合
※詳細は公式サイトをご参照ください。

いかがでしたでしょうか?

元気な松島温泉の魅力や、日帰りしたくなるおすすめな楽しみ方をご紹介させていただきました。天気のいい日など、ウミネコに会いに来ませんか?

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する