• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
京都初・5棟の分散型ホテル「ENSO ANGO」が気になる

2018年10月15日(月)、京都の中心地に点在する全く新しいコンセプトホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」がオープンしました。ENSO ANGOは、京都の中心市街地、四条通と五条通にはさまれた麩屋町通、富小路通、大和大路通に建つ5棟のホテルの総称。京都で初の分散型ホテルとなっています。

このまとめ記事の目次

京都初分散型ホテル「ENSO ANGO」オープン

オープン日:2018年10月15日(月)

2018年10月15日(月)、京都の中心地に点在する全く新しいコンセプトホテル「ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)」がオープンしました。
こちらのホテルは、Small Luxury Hotels of the Worldに京都のホテルとして初めて加入しました。スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドとは、世界80カ国以上、520を超える小規模独立系かつ高級で個性的なホテルで構成されたホテルブランドです。
ENSO ANGOは、京都の中心市街地、四条通と五条通にはさまれた麩屋町通、富小路通、大和大路通に建つ5棟のホテルの総称。町に溶け込むシンプルな外観で統一され、それぞれが異なる施設と客室タイプを持っているんです。
多様な出会いと縁を結び続けることで、その可能性を追求していきたい。ブランド名のENSO(円相)に込められたそんな想いを体現しようと、さまざまな文化交流プログラムも。ナイトヨガ at Tatami Salonなどのなどが開催され、地域と交わり、その土地・地域に暮らすような目線から見える旅の体験や出会いに触れることができるそうですよ。

完成形のない、生きたホテル

5棟は、町とつながりながら、相互利用を可能とし、全体でひとつのホテルを成します。完成形のない生きたホテルという、新たなスタイルの宿泊施設、気になった方は是非一度訪れてみては。

詳細情報

・ENSO ANGO FUYA I〈麩屋町通I〉
〒600-8042 京都市下京区麩屋町通綾小路下る俵屋町298
・ENSO ANGO FUYA II〈麩屋町通II〉
〒600-8055 京都市下京区麩屋町通高辻上る鍋屋町241-1
・ENSO ANGO TOMI I〈富小路通I〉
〒600-8061 京都市下京区富小路通高辻上る筋屋町152
・ENSO ANGO TOMI II〈富小路通II〉
〒600-8062 京都府京都市下京区富小路通高辻下る恵美須屋町187
・ENSO ANGO YAMATO I〈大和大路通I〉
〒605-0802 京都府京都市東山区大和大路通四条下る大和町18

オープン日:2018年10月15日(月)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する