• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
中世の雰囲気が漂う空間へ。「小樽オルゴール堂」でしたい5つのこと

北海道小樽市にある「小樽オルゴール堂」は、世界最大級とも言われる数を有するオルゴール専門店です。こちらのオルゴールの奏でる音色は「天上の音楽」とも称され、美しく澄んだ音色が心を癒してくれると評判です。今回は「小樽オルゴール堂」を訪れたのならば、やりたい5つのことをご紹介します。(なお情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどでも事前確認することをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

「小樽オルゴール堂」ってどんなところ?

北海道小樽市にある「小樽オルゴール堂」は、明治45年に米穀商(べいこくしょう)の建物として建てられた赤レンガ造りと石造りからなる歴史的建造物です。内部は天井の高い吹き抜けになっており、階段や手すり、天井にも中世を感じることができるオルゴール専門店です。世界最大級とも言われる3400種類以上25000点ものオルゴールがあり、ノルスタジックな空間で心ゆくまでオルゴールの世界が楽しめます。今回は、小樽オルゴール堂を訪れたのならやりたい5つのことをご紹介します。

①「小樽オルゴール堂」のオルゴールを観賞する

中世の雰囲気が漂う「小樽オルゴール堂」。こちらでは、他では感じることのない幻想的かつ心に染みわたるオルゴールの音色を楽しむことができます。女性が好みそうな宝石箱のようなオルゴールから、子どもたちが喜ぶぬいぐるみのオルゴールまで、様々な素材や形状が揃います。時間が許す限り、じっくりと観賞して、その音色に癒されてみましょう。

②パイプオルガンとアンティークオルゴールの音色を聴く

小樽オルゴール堂には、100年以上前に作られたと言うパイプオルガンやアンティークオルゴールも展示されています。それらの音色は「天上の音楽」と称されており、その音色を求めて海外からも観光客が多く訪れます。パイプオルガンは1時間ごとに自動演奏され、その音色は100年以上経った今でも、当時と変わらない綺麗な音色を響かせています。他にも歴史的価値があるようなアンティークオルゴールの音色も聴くことができます。

③世界に一つだけのオリジナルオルゴールを作る

小樽オルゴール堂では、自分だけのオリジナルのオルゴールが作れる「手づくり体験」が行われています。好きな本体に好みの素材やパーツや曲などを選択し、簡単に作ることができます。旅行の素敵な思い出として、世界に一つだけのマイオルゴールの手づくり体験をしてみてはいかがでしょうか。この他にもサンドブラストやフュージング、ステンドグラスなど、普段では味わうことができない素敵な体験ができます。

④自分好みのオルゴールを買う

小樽オルゴール堂では、種類が異なる多くのオルゴールが展示販売されているので、お好みのオルゴールをお土産として購入してみてください。オルゴールの心地よい音を聴けば、1日の疲れを癒してくれること間違いありません。また、数あるお土産の中でも、ガラスで作られた天使のオルゴールが一番人気。きっとあなたの気に入るオルゴールが見つかるはずですよ。

⑤ルタオ本店の出来たてチーズケーキを食べる

小樽オルゴール堂の建物の向かいに、チーズケーキ「ドゥーブル フロマージュ」で知られているルタオ本店があります。オルゴールを心ゆくまで堪能したら、美味しいスイーツで休憩をしましょう。こちらでは、ここでしか食べられない出来立ての生ドゥーブルフロマージュがいただけます。いつものドゥーブル フロマージュよりもふわふわな食感を楽しむことができ、口の中であっという間に溶けてしまいます。是非、ルタオ本店で味わってみてください。

いかがでしたか?

いかがでしたか。ノルスタジックな雰囲気が漂う小樽の一角にある「小樽オルゴール堂」は、世界でもまれな大規模なオルゴール専門店です。こちらを訪れた際には、たくさんの思い出と共に素敵な音色も感じてみてくださいね。

詳細情報

  • 北海道小樽市住吉町4-1
  • 0134221108

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

ライター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する